FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

神保町の片隅で

活字中毒気味人間の読書記録です。

Counter

    

Article
Comment
Category
Link
Walk
Trackback
Archive
Click !

イーココロ!クリック募金

Search amazon

Access

Ranking
ランキング参加中。

FC2ブログランキング

Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2007.06
08
なんと感想を書いていいものやら・・・。
けど、私は好きだな、この作品。

bk1より転載。
『復讐。功名心。過去の清算。それぞれの思いを抱え、男たちは走る。3人の思いが交錯したとき、運命は大きく動き始める…。クールでファニーな殺し屋たちが奏でる狂想曲。書き下ろし長編。』

クールでファニーというよりは、とても人間臭い殺し屋たちだと思うけども。いや、一人は殺し屋ですらないよな。


あいかわらず伊坂作品はレイアウトが楽しい。今回も、三人の男たちの視点が交互に登場するのに対して、それぞれの頭には、彼らの名前の印影が小見出し代わりにぺたんと押されているというスタイル。こういうオシャレって、ほんと好きだわ。


ところで、タイトルはどういう意味なんだろうと、辞書を引いてみた。
思いっきり唸らされた。
そのものの意味は作中にキーワードのように出てくるものなので、単純に納得なのだが、慣用句的な扱いが非常に意味深。ここまでちゃんと認識してつけてるのかな? 認識してるんだろうな。

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

グラスホッパー 伊坂幸太郎

元教師の鈴木は、妻を殺した男が車に轢かれる瞬間を目撃する。 どうやら「押し屋」と呼ばれる殺し屋の仕業らしい。鈴木は正体を探るため、彼...

Comment

非公開コメント

NO TITLE

そういえば、リンクだけでなくタイトルの意味が深いのも、特徴ですよね。

廃墟建築士、アヒルと鴨のコインロッカー、チルドレンと、こちらの記事に
トラックバックさせていただきました。

NO TITLE

>藍色さま
ですよね。<深い
ひさしぶりに読み返したくなりました。なんとなれば,意味を忘れてしまったのでした・・・・。

ちょっと寝込んでいたので,TBまでたどりつけていません。近々おじゃまします(ぺこり)。