RSS
Admin
Archives

神保町の片隅で

活字中毒気味人間の読書記録です。

Counter

    

Article
Comment
Category
Link
Walk
Graph
いもこさんの読書メーター
Trackback
Archive
Click !

イーココロ!クリック募金

Search amazon

Access

Ranking
ランキング参加中。

FC2ブログランキング

Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:

Diet
ダイエット日記
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2013.05
11
Category : 小説(ミステリ系)
Theme : 感想
Genre : 小説・文学
シリーズ二作目。


鳴家(しゃばけシリーズ)に感じるうっとうしさが、つくもがみたちにもあり。
もちろん、あやかしだから、人間の感情に阿る必要性はまったくないわけで、逆に言えば、だからこその造形だとは思う。
なんだけど。
やっぱ、うざいんだわよ。
それと。


作品に新鮮味が感じられない。
一作目のつくもがみと人間の距離感がなくなってしまったせいか。

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「つくもがみ、遊ぼうよ」畠中恵

江戸は深川。僅かな賃料と引き替えに、何でも貸し出す損料屋の「出雲屋」には、つくもがみという妖怪と化した古道具たちがたくさん!威張りんぼうで、そのくせ友情にあつく、噂話にお茶や焼き芋、いたずらが大好き―主夫婦・お紅と清次のひとり息子十夜と幼なじみの子供らは、つくもがみたちと様々な大騒動を繰り広げ、健やかに成長していく―。 出雲屋ご夫妻が主役だった前作から、今回は子供たちの話になっています。 ...

Comment

非公開コメント