RSS
Admin
Archives

神保町の片隅で

活字中毒気味人間の読書記録です。

Counter

    

Article
Comment
Category
Link
Walk
Graph
いもこさんの読書メーター
Trackback
Archive
Click !

イーココロ!クリック募金

Search amazon

Access

Ranking
ランキング参加中。

FC2ブログランキング

Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:

Diet
ダイエット日記
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2012.08
21
初読み作家さん。
読者にミスリーディングさせないように整然と進んでいく、そんな印象。ほかの作品はどんななのかな。


犯罪者には容赦のない末期が与えられる。
でも、どうしても同情が先に立って、そこまでしなくてもと思ってしまう。けど、殺された側には、なんの罪もないんだから、そこはちゃんと罰を与えないとだめだよなー。うーん。

うまく読み取れなかったことがひとつ。
彼女の最期の言葉の意味がうまく伝わってこなかった。
・・・・人を愛するということがわかっていないからなのかも。



あとひとつ。
あのクソ女(サークルのほうね)にあのまま優越感もたせたまんまは我慢ならない。我慢ならないんだよー!!

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「死命」薬丸岳

榊信一は大学時代に同郷の恋人を絞め殺しかけ、自分の中に眠る、すべての女に向けられた殺人願望に気づく。ある日、自分が病に冒され余命僅かと知り、欲望に忠実に生きることを決意する。それは連続殺人の始まりだった。榊の元恋人だけが榊の過去の秘密を知るなか、事件を追う刑事、蒼井凌にも病が襲いかかり、死へのカウントダウンが鳴り響く。そして事件は予想もしない方向へ―衝撃の展開、感涙の結末。 欲望に忠実に従...

Comment

非公開コメント

この作品は、絶賛☆図書館待ちちうです~!
「死命」自体がどんな感じか分からないので、何とも言えませんが、はっきり云って、どの作品も重いです!

>はぴさま
そっかぁ。重いのかぁ。
大門さんのとどっちが重いかしらん。

やっぱり、まずはデビュー作を読まないと、ですね!!