RSS
Admin
Archives

神保町の片隅で

活字中毒気味人間の読書記録です。

Counter

    

Article
Comment
Category
Link
Walk
Graph
いもこさんの読書メーター
Trackback
Archive
Click !

イーココロ!クリック募金

Search amazon

Access

Ranking
ランキング参加中。

FC2ブログランキング

Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:

Diet
ダイエット日記
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2011.07
21
西條作品については、内容など調べずに、とにかく出たら読むことにしている。
なので、時代モノ、しかも、阿波藩が大きくかかわっているのにびっくり。←ワタシの故郷なのだな。といっても江戸時代ではない


詳しくは書かないが、最後まで目隠しをされたまま運ばれるような感じ。
もちろん、すべてわからないわけではなく、まあおおよそこうしたことなのだろうなという予測はつく部分もあるのだが。

前半の伊織にはうんざりさせられたが、それも故あってのこと。と、最終的には理解できる。
できれば。
深い藍の完成がみたかったな。


タイトルがいい。
読み終えて、ああそうか、そうなんだなと思った。
間違えているかもしれないけど、藍は愛に通ずるんだなって。

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「四色の藍」西條奈加・読み方・四色(よしき)の藍(あい)

夫を何者かに殺された藍染屋の女将は、同じような事情を抱える女たちと出会い……。女四人の活躍と心情を、気鋭が描く痛快時代小説。 仇討ちに挑む四人の女。それぞれの愛憎の行方

Comment

非公開コメント