RSS
Admin
Archives

神保町の片隅で

活字中毒気味人間の読書記録です。

Counter

    

Article
Comment
Category
Link
Walk
Graph
いもこさんの読書メーター
Trackback
Archive
Click !

イーココロ!クリック募金

Search amazon

Access

Ranking
ランキング参加中。

FC2ブログランキング

Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:

Diet
ダイエット日記
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2011.06
02
Category : 小説(その他)
Theme : 感想
Genre : 小説・文学
主要人物のひとりが神保町の古本屋の二階に住んでいるというので読んだのだけど。



うーんうーんうーん・・・・・。
やっぱ、相性が悪いようだ。

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「ばらばら死体の夜」桜庭一樹

本の街・神保町を舞台にした極上サスペンス 四十過ぎの翻訳家・吉野解は、かつて自分が下宿していた古本屋の二階で謎の美女、白井沙漠と出会う。粗末な部屋で何度も体を重ねるが、

Comment

非公開コメント

今回は、桜庭作品好きな私としましても、ちょいと辛かったです。
「ゴシック」の短編集が楽しかっただけにw

最近しばらく「私の男」的な作品はなかったので、ちょっと油断してましたわ。

「伏」は面白かったんですよー。

>はぴさま
ほんま、きつうございましたね。
これでまたしばらく遠ざかってしまいそうです・・・・。

『伏』はあの強烈な表紙に腰がひけて(笑)。

うふうふ。
「伏」はその内押しつけますわよ~(うしし)。

>はぴさま
にゃーーーー!!!(笑)