RSS
Admin
Archives

神保町の片隅で

活字中毒気味人間の読書記録です。

Counter

    

Article
Comment
Category
Link
Walk
Graph
いもこさんの読書メーター
Trackback
Archive
Click !

イーココロ!クリック募金

Search amazon

Access

Ranking
ランキング参加中。

FC2ブログランキング

Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:

Diet
ダイエット日記
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2017.09
07
Category : 小説(その他)
Theme : 感想
Genre : 小説・文学
二作目。
今回も北沢きょう氏の表紙が麗しい。


両片思いこじらせ物語になっちゃってるよ、おいおい。
などという感想はおいといて。

二作目にして面白さが増した。
ので、amazonよりあらすじを転載しておこう。

“夜見師”―祀られている祟り神を始末する者。その存在を知る者は限られている。五明輝は、自身の呪いが解けた後も、封じた祟り神が祀られている多々良の屋敷で、家政夫として働いている。数日休みをもらい、妹の結婚式から帰ってくると、いつも自分がいる場所に、知らない男子高校生がいた。そこへ、准教授の雪乃が見つけた箱を屋敷に持ち込んできて…自分の居場所が奪われた輝に試練が訪れる。友情と嫉妬が交差する、第2弾。




一作目からこちら、しり上がりに興味深くなっていく。
次はカゲルの物語か、あるいは克比古のそれか。
そして表紙はだれの姿か。
いろいろ気になる。



それにしても。
雪乃はなんというか・・・・そばにはいてほしくない人材だな。
克比古もいろいろ考え直すべきところは考え直したほうが・・と思われ。

今回は光比古叔父がなんともいえず・・・・。
ホノの物語にも涙。
輝の妹がしあわせそうなのが、ほんとーーーになにより!!!

Comment

非公開コメント