RSS
Admin
Archives

神保町の片隅で

活字中毒気味人間の読書記録です。

Counter

    

Article
Comment
Category
Link
Walk
Graph
いもこさんの読書メーター
Trackback
Archive
Click !

イーココロ!クリック募金

Search amazon

Access

Ranking
ランキング参加中。

FC2ブログランキング

Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:

Diet
ダイエット日記
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2017.09
28
内容が序章。
続編は決まってるのかな?
それにしては、あとがきでなにも触れてなかったような・・・?


面白かったので、ぜひ続きを読ませていただきたいのだが。

同じ続くにしても、一冊のなかでのいったん完結的な流れにならないのは、著者の癖かな?
一冊の終わりには、ちょっとカタルシスが欲しいところ。
とにかく。

冬臣さんの謎がいろいろ残ってて、じれじれなのだわ、私。
2017.09
27
Category : 小説(ミステリ系)
Theme : SF
Genre : 小説・文学
SF好きなひと全員に読んでもらいたいっ!!


短編集。
書き下ろし以外は、あちこちの雑誌やアンソロジーを探して読み倒した作品ばかり。
でも、こうやって一気にまとめて読めるのは至福!!
ファンにはたまらんわ~。


解説にも書かれていて、ちょっとほっとしたのだが。
かねてより藤井作品に感じていたことがあって。
つまり、ラスト、必ずしあわせな未来を感じさせてくれる、というところが、私の大好きな部分なのね。
そこを解説文で紹介されていたので、私の思ってたことも間違いじゃなかったなってうれしかったのであった。


ハヤカワオンラインより転載させてもらおう。

『オービタル・クラウド』で注目の著者 初のSF作品集

2024年、上海の日経ゲーム会社に勤める元軍人の趙公正は、春節休暇で故郷の新疆へと帰る途上、思いもかけない“戦場”と遭遇する――近未来中国の対テロ戦争を活写する表題作と、保守と革新に分断されたアメリカを描く「第二内戦」という同一世界観の2篇、デビュー長篇『Gene Mapper』のスピンオフ「コラボレーション」、量子テクノロジーが人類社会を革新する「常夏の夜」など全5篇収録の、変化と未来についての作品集。




とてもおすすめ。
なのだけど。
まずは、著者のデビュー作、『Gene Mapper -full build-』を読んでからにしてほしいな。
2017.09
24
新シリーズ始動!
はいいけど。
北野坂探偵舎をはやく完結させてくれ~~~~!!!
閑話休題。



あらすじをamazonより。

「ヒーローになるつもりですか?」「違う。僕はお姫様になりたい」闘うより、護られたい―臆病であることを誇る高校生・香屋歩と幼なじみの秋穂栞が迷い込んだのは、8月がループする街“架見崎”だった。ここを訪れた人々は任意の特殊能力を与えられ、乏しい物資を巡る戦争を繰り広げていた。だが、ふたりが希望した能力は戦闘の役に立たないもので…。生存戦略に反則はない。ルールブックの穴をつく、臆病者の戦いが始まる。




あとがきにあるように、たしかにコンビニは巡ってないなぁ。苦笑。



そこはかとなく『サクラダリセット』の香りを感じさせるような・・・。
設定はかなり河野氏が入っているんじゃないかと思われ。
でも、河端氏の作品は読んだことがないので、そこはなんとも。
共著って、どういうふうに作業しているのか気になるなぁ。
とと。
ずれた。


河野氏が噛んでいるのがとっても“らしい”設定の細かさ。興味深さ。
そこがたまらない。ファンとしては。
が!


ほんとうにこれ、序章だった!
まだ何も始まっていないというか、ひとつ、隠されていた(叙述)謎が最後に明かされただけに等しい。
そこはちょっと・・・・・なので、とっとと次を!
なんだけど。
やっぱり北野坂を・・・っ!!!

んー。
感想がズレまくるな。
きっと、まだ感想が醸成されるところまで至っていないんだな、これ。
やっぱ、とっとと次を!
これに尽きるわけですな。



蛇足。
シリーズ完結の暁には、きっと『ウォーター&ビスケット』アニメ設定集など出版されるにちがいない。
2017.09
24
一気読み!


もともと作品は骨太なイメージだったのだけども。
『孤狼~』からこっち、ほんとにすごくなったなぁ。

実業界の寵児で天才棋士――。 男は果たして殺人犯なのか! ?

さいたま市天木山山中で発見された白骨死体。唯一残された手がかりは初代菊水月作の名駒のみ。それから4ヶ月、叩き上げ刑事・石破と、かつて将棋を志した若手刑事・佐野は真冬の天童市に降り立つ。向かう先は、世紀の一戦が行われようとしている竜昇戦会場。果たしてその先で二人が目撃したものとは! ?
日本推理作家協会賞作家が描く、渾身の将棋ミステリー!



引用はamazonより。
でも。
これってミステリーと決めつけちゃっていいのかな?
と疑問を呈したくなるほど、なんだろう・・・・ジャンルなんかでくくれない大きさがある。

ただ。
『孤狼~』に比べると、キャラに感情移入できないのがしんどかったかな。
天才棋士と炎の棋士と刑事の対比が、もちろんわかるんだけども、あまり際立って伝わってこないというか。
ことに天才棋士は添え物になっちゃってるような印象なのが残念。
でも、それも私が将棋を知らないせいなのが大きいせいなのかも。
どうしても、駒の動きのところは読み飛ばしてしまったりして、その周囲の棋士についての記述まですっ飛ばした可能性が高い。
申し訳ない。




蛇足。
指紋は拭ききれなかったのか?
なんかそこだけちょっと違和感。
2017.09
24
新刊が出たので、すこしさかのぼって読み返しつつ、新作を堪能。


ケンジも50代なんだねぇ・・・。
いいなぁ。
パートナーがいるって。
と、毎回しみじみ思わせられる作品だが・・・・・わが身を思うにせつなさが・・・。
しゃーないけどね。
きっとそこは自業自得。



シロさんて現実的だけど、そこにはちゃんと親の世話とかパートナーとの老後まで考えているという逃げない潔さがあって、ほんとすごいなと思う。
弁護士という職を選んだ理由も理由だしね。
ほんと堅実。
すごい。


山田さんもステキ。
果たしてバレてることをシロさんに告げる日はくるのか!?
2017.09
24
ドラマ第二期おめでとー!
楽しみである。おもに四宮先生が。


羊水塞栓症こわい。
かといって、なにができようもにないのだろうから、ひたすら無事な出産を願うことしかできないのだろうな。
先生方、よろしくお願いします、としか。

私にはもう関係のない世界だけれども、いろいろと勉強になる。



しかしもう19巻かぁ。
はやいね。
2017.09
24
なんとなく飽きてきたかなぁ・・と思いつつも購入。


なんだけど。
やっぱ面白いところは面白いんだよね~。
カンタカのエアバッグに爆笑してしまった・・・・・・。
あと、狛犬とユダと・・・(あはれ・・・なんだけど、なんかそういうキャラで定着したねぇ)。

そうそう。
なんか本格的に北欧神話がまざってきたねぃ。
ロキきらいじゃないからいいけど。
でも、あんまりいろいろな世界に混在してほしくはないかも。



ところで。
実写化難航中なのはいいんだけど。


だれが演るの!?
2017.09
23
ひさびさに再読。
あまりの分厚さに再読をためらうこと幾度か。
でも、今回はなんかこう無性に読み返したくなって。



今作品の女性たちは、みんなたくましいというか、なんというか。
男同士でうっかり寄り添ってしまうのもわかるというかなんというか。苦笑。

大人のもどかしい恋愛が読みたいひとにはおすすめ!
あー、楽しかった♪



「真夏の城」も読み返したくなったなぁ。
はて、『笑わない人魚』はどこへやったっけか・・・?
2017.09
22
第二シーズン二作目。


「うちの執事が願ったならば、応えなければ当主の名が廃る」
かっこいいねぇ。<花穎

すいぶんと花穎が大人びてきたような。
「驚くべかない!」はめちゃ可愛らしかったけど。


惰性のように読んでいたわりには、どんどんキャラクタに感情移入しているらしい。<自分
理想の主従に近づいた、と彼ら自身が思えるまでは読ませてほしいかな、と。
ただ。
赤目に引き続きまたしても一筋縄じゃいかなそうなサブキャラが。
イリヤが次回どんなふうに絡んでくるのか。
興味津々。



そういえば。
衣更月が表紙から放出されたな。
ちょっと、ざまみろ、な感じで楽しい。衣更月には堪えないだろうけどさ。
2017.09
20
有栖川有栖氏いわく「人類史の先まで射程が及ぶ奇想・思弁」のパニックもの。<講談社Twitter
パンデミックミステリーとも紹介されている。


2026年、多数の死者を出した京都暴動(キョート・ライオット)。
ウィルス、病原菌、化学物質が原因ではない。そしてテロ攻撃の可能性もない。
人類が初めてまみえる災厄は、なぜ起こったのか。
発端はたった一頭の類人猿(エイプ)、東アフリカからきた「アンク(鏡)」という名のチンパンジーだった。

AI研究から転身した世界的天才ダニエル・キュイが創設した霊長類研究施設「京都ムーンウォッチャーズ・プロジェクト」、通称KMWP。
センター長を務める鈴木望にとって、霊長類研究とは、なぜ唯一人間だけが言語や意識を獲得できたのか、ひいては、どうやって我々が生まれたのかを知るためのものだった。
災厄を引き起こした「アンク」にその鍵をみた望は、最悪の状況下、たった一人渦中に身を投じる――。

江戸川乱歩賞『QJKJQ』で衝撃の”デビュー”を果たした著者による、戦慄の受賞第一作!
我々はどこから来て、どこへ行くのか――。人類史の驚異の旅(オデッセイ)へと誘う、世界レベルの超絶エンターテインメント!!





なんというか・・・・壮大!
正直、知識がないので判断できないのだが。
こうした仮説は著者オリジナルのものなのかな?
だとすれば、そこがもうスゴイ。

おすすめ!


読んでいろいろ驚いてほしい。
2017.09
19
初読み作家さん。

誠治の包容力がいいなぁ。
おちゃめだし。
なにより、どこまでもおっさんなのがステキ♪



ありがとうございましたっ!>Tさま
BLじゃなくても面白いと思うんだけど・・・・・ま、そこはそれ、だわな。
2017.09
19
新撰組と江戸のごはん二巻目。
素朴な食べ物が、じつにうまそう。
あー、うどん食いたい!!


新撰組にはいろいろな人物がいて、創作物ごとにイメージが醸成されていて。
なかでも強いのは、大河ドラマ『新選組!』なわけだが。
この作品のメンバーも、なんだかこの先印象に残る予感。
ことに、鴨とか鴨とか鴨とか。←をい!

とりあえず。
先の展開(歴史的事実は変えようもないのだろうけど)が楽しみ。



かけラーメン@黄門さまバージョン、食べたいなぁ。
通販しちゃおうかなぁ。



ありがとうございましたっ!>Tさま
あの、名乗らなかった品のよい人はだれだ!?
2017.09
18
そもそもが、この表紙が気になって手に取ったもの。
シリーズ作品だというし、これで完結というので、全部ゲットして一気読みに走った私。

結論からいえば。
期待していたのとすこし方向性がちがっていて、ちょっと残念だったかな。

こんなに、あまあまだとは・・・・・・。


印象に強いのは、コウキ。
このどっかわからないとこのあるキャラクタがいいですなぁ。
彼のスピンオフが描かれるのであれば、ぜひ読みたい。
2017.09
18
シリーズを一気読みしたので、感想はまとめて。
2017.09
18
シリーズを一気読みしたので、感想はまとめて。
2017.09
18
シリーズを一気読みしたので、感想はまとめて。

っつか。
思ったより好みじゃなく・・・・ちょっと残念。
2017.09
16
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
あまあまシリーズ最新作。

ええと・・・・・ヤンデレ、苦手っす・・・・・。
いや、そっちよりも両親のほうがちょっとアレだったか。
いや、両親というよりとーちゃんの健吾かな。
むー・・・・。

そんなこんなで、恋物語のほうに感情移入しそびれた・・・・たはは。

遼成@前作がかっこよかったな!



ありがとうございましたっ!>Mさま
あれ?
おかっぱ社長って出てきたっけ??
2017.09
15
なんか楽しい!


短編集。
表題作のシリーズがなんかすごくいい。
たいていの場合、こうした物語は切なさがオモテに出てくるもんだけど、松尾作品てそうじゃないんだな。
明るく笑えるところがある。
それがすごく響く。
なんだか好きだなぁ。

「Cafe Winterreise」もいいなぁ。
これはぜひその後が読んでみたい。
べつに二人がくっつく必要はないので、彼らがまた出会ったときのエピソードが読みたい。



至福。
2017.09
14
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
シリーズ何作目なんだろう・・・?
13作目?


もはや永遠のマンネリというか。
ま、そこが魅力なシリーズに、今回新キャラ登場。

しかし。
なぜ一馬ばかりがもてる!?




なんとなくでも読み続けているのは、キャラが大好きだというのもあるんだけど。
國沢智氏のイラストがかっこいいままなのが、ものすごく大きい。
なにとはいわないけど、シリーズは続いているのにレーターの描くキャラが崩壊してしまって、読み続けるのがしんどいシリーズあるもんな・・・。
なので。
感謝です!>國沢さん
2017.09
14
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
こ、こ、これは・・・・つらい・・・・・。


宇津木の心情も環紀の心情も、わかりたくないけどわかる。
なので、読んでてかなりしんどい。


いつもの安西作品を求めるひとは、心して読まないと!な作品。
でも、環紀の切なさはぐっとくるものがある。
2017.09
14
表紙がとてもきれい。
内容を確認しないまま買ったので、ファンタジーテイストかと思ってしまった。


面白かった。
メイン二人というよりも、とにかく、父さんが楽しい境遇に。

背景はシリアスだから、こんなふうに書いてはいけないのかとも思うのだけど。
でも。
ちみキャラとかが可愛くて、ちょっとシリアスをどっかに忘れてしまう感じ。



この作品、単純に二人の物語だけで終わらないところがいい。
父親の後悔まで踏み込んでるところが、好み。
といいつつ。
上記したように、うっかり笑えるキャラなんだけどね。
2017.09
14
Category : 小説(その他)
Theme : 感想
Genre : 小説・文学
殺し屋シリーズ。
とするには、少々印象がちがうので、同じ世界にいるという認識だけでいいかな。
一作だけ、アンソロジーで読んでいたキャラクター「兜」の物語。

相変わらずのレイアウト(今回はハンコがあしらわれている)ににやにやしながらスタート。



いやいやいやいや。
まさかラストであんな展開になるとは!
驚きつつ、哀しみつつ、非常に楽しい読後感とあいなり。

これぞ伊坂作品ですよな!!!


楽しかった♪


ほかの殺し屋さんたちの名前も散見され、懐かしいったらもー。
殺し屋シリーズも再読したいな。
読むか。
2017.09
14
『PSYCHO-PASS』関連以外では初読み。


なんというか・・・・すごい物語だ。
あらすじはamazonより。
ちょっとネタばらしになるので、抵抗はあるんだが、掲載する。

妻が惨殺された。妊娠六ヶ月、幸せの真っ只中だった。加害少年らに下った判決は、無罪にも等しい保護処分。国も法律も真田の味方ではなかった。憤怒と虚無を抱え、世間から姿を消した真田は…。全てを失い、全てが始まった。男は問う―何が悪で、何が正義なのか、を。灼熱の弾丸を冷徹に放つ、新進気鋭渾身の巨編。




もちろん、こうした側面もある。
確かに、これが本筋ではある。
が。
はじまりは北との戦闘だし、ラストは・・・・。

無条件に真田に肩入れしている自分がいるのだが、だが、そうしてよいものか。
そうしちゃいけないんだろうけれども、でも・・・・。



2007年の作品。
現実が追いついてくる。



真田が壊れる日はいつだろう・・・。
2017.09
12
Category : 随筆
Theme : 感想
Genre : 小説・文学
50周年の文士劇も観た。
60周年の立教大学イベントにも行った。

今回、トークショーはすっかり忘れてしまっていたけど、このエッセイ集は読んだ。


イベント、楽しかったなぁ。
70周年には私は元気でいるのかな。
なんか楽しいこと、またやってくれるといいな。
老骨に鞭打って参加するから♪
2017.09
11
シリーズ三作目。

シリーズを重ねるにつれて面白みが増していく。
楽しい。


シリーズはしばらく途切れていて、本作より光文社で刊行され、追って、それまで幻冬舎で出されていたものが光文社に収められたらしい。
本作より味が増しているのは、筆が熟してきたからといえるのかもしれない。

しかし、あいかわらずお駒は自分目線で動き回ること。
いささか苦手なれど、もう彼女はしょうがない存在だと思うしか。
千蔭さんが気にしてないようだしね。っつか、母上として大事にしてるし。


だいたいが後味が悪い筋立てであるのに、あまり気にならないのは、やはり千蔭さんのキャラクタによるところが大きい。



シリーズは現状あと二冊かぁ。
楽しみに読もうっと。
2017.09
11
『朝とミーチャ』のオリジナル(というのもヘンだな。社会人篇とでも?)が掲載されているというので、こちらも読むことに。

たしかに!
この二人がどうやって知り合ってどうやってここに至ったのか、知りたくなるわ。<「朝とミーチャ」
思わず、全二巻本編コミックスまで読み返してしまった。記録はしないけど。


で、収穫だったのが、タイトル作品。
これ好きだわぁ♪
ファンタジーでとても繊細で、でもコミカルで楽しい。

残念ながらその他の作品はちょっと苦手ではあったものの、表題作の傾向のものがあったら、また読みたいなぁ。
2017.09
10
土佐弁監修に大森望氏とある。
前回は気付かなかったのだけど、そうだったのかな?
今回も方言に一人ウケていた。
これは(ほぼ)地元ならではの楽しみ。
なので、なじみがない人にとってはどうなんだろうか・・・?


シリーズ二作目。
オカルトホラーというよりも、やはりSFテイストな謎が、好み!
ただ、音名井さんにはもっと活躍してほしかったなぁ。
いちおバディなんだし。ねぇ。

まじめなところ。
これから腰を据えて、どこに悪があるのか、というところに踏み込んだ物語になっていくのかな。
そのための人材も一人投入されたようだし。

楽しみに続きを待つ。



うっかり本作から読み始めたひとには、もしかしたらわかりづらいかも・・・。
ナンバリングなしだから、うっかりすること、あるよねぇ?
2017.09
09
すでにシリーズ何作目かを把握する気力もない。
惰性で読んでいるのとは少しちがうのだが、待ってました!的なものでもなく。
緩慢に完結を待っているというような、そんなカンジ。
失礼な話だけどね。
ただ。

本作品について、ブックバンに「愛される宿命」と題したレビューがある。
一太郎が愛される宿命にあることは、こんな私でもよーくわかる。
だから、出たら必ず読むんだよな。



ところで、藤兵衛さん。
なんで全部いっぺんに飲んだ!?


上方の問屋は、また登場するんだろうな~。なんか思惑ありそうだ。
2017.09
09
毎度毎度いろいろと感じ入ることの多い作品。
今回は「表のれん」のイナナギ様にうるり。

一枚目のソラノメさんも、すてきな妖だったなぁ。
的場さんの話も、なんかすごく印象に強い。

一話一話飽きもせずに楽しめる。
そろそろ一気読み再読しようかな。




蒼子さんと夏目が出会えることがあればよかったのに・・・。
2017.09
08
一作目と構造が同じなのは、プログラマーのくせ?
とか言ってみたり。



シリーズ二作目。
格段に読みやすくなったという印象あり。

ミステリなのだけど、読後に残るのは、登場人物たちのそれぞれの成長っぷりだなぁ。
鹿敷堂しかり、安藤しかり。
犯人しかり。←ここがまたなんともいえず・・・・・



面白かった。
三作目も楽しみに待つ。