RSS
Admin
Archives

神保町の片隅で

活字中毒気味人間の読書記録です。

Counter

    

Article
Comment
Category
Link
Walk
Graph
いもこさんの読書メーター
Trackback
Archive
Click !

イーココロ!クリック募金

Search amazon

Access

Ranking
ランキング参加中。

FC2ブログランキング

Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:

Diet
ダイエット日記
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2017.08
30
Category : 評論
Theme : 感想
Genre : 本・雑誌
二条さんに講義を受けている気分で読了。
2017.08
30
土佐弁が癖になる。
なんともなつかしい「どくれる」「とろこい」ににやにや。
これ、どのへんのエリアに通じるワードなんだろう?



アンソロジー以外では初読み作家さん。
実は『ニルヤ~を読みかけたものの断念したという、私にとってはめちゃくちゃ珍しいことをしている。
が。
面白くなかったわけじゃないんだよ。
くたびれきってるときで、設定に頭がついていけなかっただけ。
あらためて読もうとは思っている。
が。アゲイン。

そのときの記憶があるので、こんなに読みやすい物語も書かれるのだなと驚いた。←なんだか失礼だな


シリーズ一作目。
すでに二作目が上梓されている。

amazonよりあらすじ転載。

地下アイドル・奏歌(ルビ:かなう)のCDが誘発する、ファンの連続自殺事件。このCDの呪いを科学的に解明せよ。
ミッションを託されたのは陰陽師にして心霊科学捜査官の御陵清太郎(みささぎせいたろう)と、警視庁捜査零課の刑事、音名井高潔(おとないたかきよ)のバディ。
鍵となるのは人間の意識の主体である「霊子(りょうし)」と、人間が死後に発する精神毒素である「怨素(おんそ)」。
奏歌のライブに立ち会った御陵と音名井は、奏歌もまた「自殺したアイドル」に祟られているという噂を知る。
地下アイドルの光と影に直面した2人が導き出す「呪いの構造」とは?

筋良し、キャラ良し、テンポ良し。意外性抜群のラストで落涙。
圧倒的な面白さで、読み出したら止まらない、王道エンタメの傑作!
異能の新鋭作家・柴田勝家に注目せよ!




私は好きだな、この作品。
タカちゃんさんがステキすぎる♪

蛇足。
表紙絵はちょっと苦手・・・・。
2017.08
28
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
BLにしなくても~~~と思う。


物語はまだまだこれから、なのだが、反響によってはここまでなのかも?
もしかしたら読者を選ぶかなぁ、これ。
私は面白く読んだんだが。←なら出版社にファンレターを送れ!



西門の過去話のほうが読みたいなぁ。
そののち、こちらに戻ってきてくれればGOOD。
2017.08
27
連作短編集。
前に読んだ『幻坂』にも登場していた探偵さん。


うーん。
なんだか想像していたのとはすこしちがうイメージのような・・・?
といっても、どういうふうに想像してたの?って聞かれると答えに詰まる・・・。


ちょっとばたばtしてるときに読んだので、もっとゆとりのあるときに、じっくり腰を据えて読み返したい。
じゃないと、きちんと味わえてない感がとれないや。


『幻坂』も読み返すかな。
2017.08
27
Category : 小説(その他)
Theme : 感想
Genre : 小説・文学
読後感はとてもよかった。
っつか、カタルシスおちたというか。

主人公の言動が痛くてな。
それを感じさせるあれこれがラストになって解消されたので、カタルシス・・・というわけだ。
もっとも。
そこを描いた作品なのだから、当たり前なんだけど。



さむそうな深冬やすっぱそうな柑奈はこの先逞しく生きていきそうだけど。
さて、優弥はどんな人生を歩むことになるのだろうか。
そちらが気になる。
2017.08
27
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
冬斗亜紀訳。
小山田あみ挿画(あいかわらずかっこいいったら!)。MM小説。
シリーズ三作目。
プロフェットのターン。
といってもいいかな。


本作の感想が、というより、次作への期待に、いまわくわくしている。
シリーズは残り、3,5作と4作で終わりのようだけど、3.5は翻訳されるのかなぁ?
ちょっと一休みしてからラストに突入したいとこだけど。
とまれ。


物語はどんどん佳境へ。
と同時に、トムとプロフェットの絆もかたく。
背中を預けられる存在として信じ合い愛し合う二人はもはや最強!
なんだけど・・・。
この先、とてつもないことが待ち受けていそうで・・・・と、やっぱり先への関心が強くて本作の感想になりやしねぇ。

ま、いいや。
とにかく、どんどん面白くなってきたよっ!
2017.08
26
エロコメディかと思ったら。

存外にシリアスな背景を含んでいて、そのへん、うまいなぁと。
なにせ、厳ついモーゼがじつはけっこうかわいらしかったりするのが面白かった~。

カナンにはしあわせでいてほしいのである。



ありがとうございましたっ!>Tさま
紹介文より、ほっこりだったね♪
2017.08
26
著者の短編集は全部読んでいる(はず)なのだが。
シリーズものを集めた短編集が出ているのは知らなかった。
なんでや・・?



で、本作。
タイトルどおりのシリーズ短編集なのだが。
シリーズ大好きっことしては、たいへん楽しめる作品集だった。

国枝女史が走り去る姿とか。
どうにも落ち着かない犀川先生とか。
あらためてこの編集で読み直すと、面白くってしょうがない。



これに収められていないほかの関連作も読みたくなったなぁ。
読むか。
それよか。
Vシリーズが読み返したくなってしょうがないんだよな。うーーー。困った。
2017.08
24
完結!!


鹿王院宮が最後までナイス脇だった!
あと、烏丸東宮侍従長が大好きだー!

ラストまで読んで一巻の冒頭につながる手記がこういうカタチで書かれたのかと、じんわり感動。

いやー。
すばらしい作品であった。



ありがとうございましたっ!>Tさま
付録もたっぷり堪能いたしました!



蛇足。
律はだれと結婚したのかなぁ?
2017.08
24
シリーズ二作目。


一作目より読みやすかった。
なにしろ、千次郎さん、おかしすぎ!


千蔭はいいとして。
巴之丞の影が薄かった印象あり。
もっと歌舞伎とがっつり絡んでほしいような気もするけど、でも、これくらいでいいのかもね。
千蔭が探偵役なのだし。

物語は・・・・・げにおそろしきものそれはおんななり。かな。
でも、たくましくうつくしいのもおんななり。でもある。
2017.08
24
途中、

ええええーーーー???

と絶叫しそうなほど驚いた。
と、これについては、言及せずにおく。
が。

にしても、やられた感は大きく、ひどくすごい作品をいただいた気分。



垣根涼介氏ご推薦で初期の作品を一作読んで、ちょっと・・・・と引いたのだが、『流』で意見を変えた。
この作品は『流』同様、台湾を舞台にしたもの。
台湾が舞台であれ、どうであれ、著者の作品にエネルギーが詰まっているのは間違いのないところ。
こちらにまとわりつくようなエネルギーと空気に圧倒される。

真夏に読んで正解かな。
2017.08
21
Category : 小説(その他)
Theme : 感想
Genre : 小説・文学
面白いストーリーなのだが、印象に薄い。



考えてみたのだが・・・・。
立ち直っていく人々のなかで、本人もその立場ではあるのだが、高野の魅力がいまいち伝わってこないのが難なのかも。
バレエシーンというか、踊っている高野を観てのなんらかのアクションがないというか。
もっとバレエシーン観たかったというか。


オープニングで登場したダンサーに感動して云々・・・じゃないところで、あれ?と肩透かし気分になったからなぁ。
そこから肩透かし気分が抜けなかったのが敗因である。
2017.08
21
よくよく考えてみるだに。


月島凪の物語ははじめてなんじゃないか?
なんかもうすっかり読んでいた気になっていたが、そうじゃないよな。

詠坂ファンには、通過点として楽しい作品だけど。
京都というのは、あの方を指しているのかな、とかメタな楽しみもあるが。
そうじゃない読者にとっては、どうだろうか。



帯の惹句、麻耶雄嵩氏による「名探偵が舞台を求めるのではなく、舞台が名探偵を求めているのだ。」
けだし、名言。



この作品単体を考えるなら、簡単におすすめはできないのだが。
ミステリファンの方々へ。
ひとまずはぜひ、氏の『遠海事件: 佐藤誠はなぜ首を切断したのか?』を読んでみてほしい。
2017.08
20
めずらしく物語に「つづく!」といわれた。
ような印象。

続きがものすごく気になる~~。



次が出たら、ひさびさに一気読みしたいな。
どっぷり世界に浸ってしまいたい。
2017.08
20
Category : 小説(その他)
Theme : 感想
Genre : 小説・文学
モンスターシリーズ開幕、なのだそうだ。


阿良々木くん大学一年時点の物語。
彼が語るので、私にはとても読みやすい。

ま、そんなカンジ。
2017.08
20
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
石原理氏表紙目当て。

著者の同人誌作品は面白く読んだことがあるのだが。
うーん・・・・。
これは・・・・・。


書きっぷりがマイペースすぎやしないかい?

題材が興味深いだけに残念なのである。
2017.08
19
芸人シリーズ!
イシノアヤ氏の挿画が、すっごいすてき。


久我作品に対しては、私のハードルがめっちゃ高くて・・なぁ。
面白いには面白いのだけど・・・・・・今回、ちょっと乗り切れず。
というのも。

由がめたくそ気の毒で・・・・。
そっちに感情移入するときつくて。
(ほんとにいいこだよ・・・<由)
かといって、深野は、ほんとによくわからないし・・・・・ある種大物すぎるというか・・・・。


結果。
芝山に萌えたり・・・なにやってんだか・・・。
再読まつりしたいなぁ。
って・・・芸人シリーズ読むと必ず書いてるような気がするわ、私。



あとねぇ。
誤植はちょっと・・・・。
2017.08
19
Category : 小説(その他)
Theme : 感想
Genre : 小説・文学
シリーズ二作目。
これのサイン本をつくっている現場を目撃したもんで、一作目から読んでみることにしたのだった。




鼻っからいろいろいらいらしながら読むハメに。
小説はつくりものだから、リアルを感じたいときもあれば、リアルを見せつけられたくないときもある。
感じるリアリティが私を苛つかせるようだ。

一作目といい本作といい、どうもこのシリーズを読むときの私は、うまく作品とバイオリズムが合わせられないらしい。
申し訳ないことだ。
ノリがよければ、きっとすごく入れるんだろうと思うんだけど。
いや。

もしかしたら、ヒロインが苦手なのかも・・・・。
2017.08
18
短編集。


著者お得意のバディものと書いてしまうとちょっとちがうかな。
まだまだ出会ったばかりだしな。
こなれてない。
というか。待宵が桂に振り回されているだけというような・・・・・苦笑。

待宵のツンデレ属性も楽しいが。
桂のすこしく謎めいたようにもみえる佇まいが好きかも。



続けば読む。
が。
それよりも『帝都探偵絵図』を~~~~~!!!!!!!
2017.08
18
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
六作目・・・かな?


たいした興味もないのに、図書館にあるというだけで読んでいるシリーズ。
今回も、やっぱりいまひとつ・・・。

ハマってるひとにはものすごく楽しみな作品なんだろうけどなぁ・・・。
2017.08
16
第8回『このミステリーがすごい!』大賞大賞受賞作。

以前、ドラマ化されたもののラストだけ(よりもによって!)観ていたので、犯人は覚えていた。
ので。
伏線など気にしながら読む。
こういう読み方もありだな。いつもやろうとは絶対思わないけど。


さて。
御子柴礼司シリーズのおかげで読むハメになった(自分で決めたんだが)岬洋介シリーズ。
こちらが一作目。

あちこちで散見されるが。
やはりあの状況であの回復っぷりは、ちょっと無理がありすぎる。
ので、情緒的に入り込むことができず。
せめて一年とかにできなかったかね?

ほかにもいろいろ引っかかるところがあって、なかなか進まなかった。

昭和テイストを楽しもう!ってカンジでいくといいのかね。
あるいは。
岬洋介を楽しむ、というか。
けど、その岬洋介ですら、突難についてのあれこれが納得いかないんだよな・・・・。
このミス大賞って、どこが評価点なんだろうか・・・? 謎。



ま、とりあえず、シリーズは読む。
私、シリーズ読みだからな!←意味のない開き直りという
2017.08
16
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
タイトルの覚え間違いシリーズ二つ目。
そのうえ、この作品は新と築の名前も逆に覚えている節もあり・・・・。
わやくちゃやんか!>自分


再読。
もうひとつ問題があったのを思い出した。
『街の灯ひとつ』の葛井と本作の築のイメージがいまひとつ合致しないんだわ。
なんでだろ?
第三者によってひとの印象は変わるもんだし、それを超える違いはないはずなのに。
むー。

なので、『街の灯ひとつ』と重なるシーンは両方一緒に読んでみたり。
そんなこんなしているあいだに、違和感も少しは収まってきたのだけど。
とまれ。


本作は、新の造型がよいですなぁ。
傷はそう簡単には癒えないだろうけど、きっといつかは・・・と願いたい。
2017.08
16
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
軽く一穂祭り。
このシリーズって、タイトルを逆に覚えてしまっていて・・・・・すまぬ。


再読。

最初に読んだときは片喰のヤンデレ風味がちょっと苦手で・・・。
でも、あらためて読み返すと、どうも、初鹿野もまけてないかな、と・・・。
これはおそらく、薄い本でその後をちょこちょこ読んだ影響かもしれないが。


片喰がまたいつか創作できるようになればいいなぁ。
と思いつつ。
そうならないところが、一穂作品のよいところなのだろうな。
とも思う。
2017.08
14
伊東氏は大好きだが、雨ノ森氏は寡聞にして知らぬ。
どなたかの変名なんだろうか。


世界観がシュールに魅力的。←こんな日本語はない

絵はもう流石としか。
この頽廃を描き出せるのは、このひとしかいない!といっても過言ではないよな。
ほんともう、ぞくぞくする。


あらすじを紹介するのも無粋なんだが・・・。amazonより転載しとく。

これは、醜悪で美しいオリエントピカレスクローマン

魔都・新上海――東洋と西洋、善と悪、そして秩序と混沌さえもが交じり合う街。そんな街にはおよそ似つかわしくない無垢で無知な少年・クリスは、最愛の母を亡くしたばかりか、多額の借金を残して父が失踪したため、一人屋敷で途方に暮れていた。しかしそこへ借金取りのがなり立てる声を制する者が突如現れる。妖しくも美しい眼帯の美術商人・ノアール――彼は『オークション』開催のための屋敷の使用を条件に、借金の肩代わりを申し出たのだ。その厚意に感じ入るクリスだったが、まさかそのオークションから始まる彼の所業が、神をも冒涜する享楽主義者の“饗宴”の始まりだとは、その時は知る由もなかった…。残酷で美しい世界を、伊東七つ生が圧倒的美麗画で描く、オリエントピカレスクローマン第1巻。





ありがとうございましたっ!>Tさま
これ、好きだわぁ。
もっかい細部まで読ませてください。
2017.08
14
東條有紀シリーズ、でいいのか?
槙野&東條シリーズになるのか?
ま、いいや。


冊数を重ねるにつれ、読みやすくなってきた。
謎も、事件の推移も、描かれる情景も、どれも興味深く、面白く読んだ。


次は早瀬の謎が描かれるのかな。
楽しみに待つ。




ところで、東條について。
ばれたら仕事を追われる的表現があったんだけど。
もちろん、おそらく事実そんなところであろうと思うけれど。
ひとって、性別や性指向で仕事するわけじゃないのにな。おかしなことだよな。
と、あらためてふと思ったり。
(本シリーズにおいて東條がそうである必要性があるや否やということは、さておき)
2017.08
13
全二巻。
完結したので、一巻から再読。



なんとなくさら~っと終わってしまった感あり。
揉めてほしいわけではないんだけども、なんか物足りない。
ヘタレ藤堂の残念っぷりは堪能したけどね!
苦笑。

しかし、この作品で晃に同情したひとが大勢いるんじゃないだろうか。
やきもきやきもき、お疲れ様でございました。>晃
2017.08
12
で、いまさらだが、こちらも読んでみた。<『奈良町ひとり陰陽師』


実在の人物、楠葉西忍を描いたファンタジー。
さらっとwiki先生に習ってみたが。
なかなかに興味深い人物。
空想の翼の広げ甲斐があっただろうな、と思われ。


さくっと楽しく読んだけど。
途中、葉月に、ちゃんといいつけは聞きなさい!と吠えそうに。
いや、そうしないと物語が進まないのはわかってるんだけどね・・・・。



煽りにある「あやかしたち」というのはちょっとちがうな。
それは逆に後日談のほうに差し上げたい惹句かと。
2017.08
12
おばかで楽しすぎる!!!


タイトルから楽しすぎてわくわくしてたんだけど。
それ以上に笑かしてもらった♪


国分寺のキャラがすてきすぎる!
あの心の声が・・・もーもーもー!←牛になった私

そして、先輩たちCPも、ほんっとすてき!
(こっちの二人の話も読みたいなぁ・・・・・・薄い本でちょっとのエピでもいいから~)




いやもう最高! 笑いたいひとに、おすすめっす!!
2017.08
11
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
再読。

慈雨が強いんだか弱いんだかわかんねぇ。
でも、魅力はあるんだよな。


最初に読んだときにはどうも許せなかった咲彦が、なんか今回妙にというかやたらと気になって。
ここんちの夫婦の在り方というものを覗いてみたくもある。
いまだよくわからん男だけど。
2017.08
10
Category : 小説(ミステリ系)
Theme : SF
Genre : 小説・文学
サマミヤアカザ氏の表紙および扉絵が、ぐっとおしゃれ度をアップさせている。
製造人間、かっこよすぎ、かも・・・?


アンソロジー以外では初読みの作家さん。
以前から気にはなっていたのだけど、なんとなく読まないまま、いまに至る。
が、今回は表題作をアンソロジーで読んでから気になって気になって。


連作短編集。
それをつなぐ書き下ろしあり。

実に哲学的な会話が繰り広げられて、それはアンソロジーを読んだときの印象そのまま。
理解できたとはいわないが、たいへん面白く読んだ。
この先のコノハ・ヒノオに興味あり。
ぜひ続けてほしい。


ところで。
エピグラフが「霧間誠一」氏の著作(と思われる)になっているのに、引用文献が明示されてなくて、「ん?」と思ったら。
うわああ。
これ、「ブギーポップシリーズ」の関連作じゃないか!?(前日譚?)
絶対手出しちゃだめだよなぁ・・・・・やっとSAOのめどが立ったとこなのに・・・・むむむ・・・・・。

シリーズファンは読んでてとても楽しいんじゃないかと推測され。
だからといって、読む気になるなよ・・・>自分
たいへんだぞー。
たいへんだぞー。←言い聞かせ中