RSS
Admin
Archives

神保町の片隅で

活字中毒気味人間の読書記録です。

Counter

    

Article
Comment
Category
Link
Walk
Graph
いもこさんの読書メーター
Trackback
Archive
Click !

イーココロ!クリック募金

Search amazon

Access

Ranking
ランキング参加中。

FC2ブログランキング

Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:

Diet
ダイエット日記
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2016.10
31
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
シリーズ何作目なんだろう・・・?
10周年記念小冊子につられて購入。

ううん・・・・最初に買ったのは旅に出しちゃったのに、そのへんのをあらためて買い始めた私って・・・・。
正直、ばかだな!!!
でもなぁ・・・・これえちシーンが苦手なんだよ・・・・。
朝チュンばっかだったら旅に出してなかったかもなぁ・・・。
今回も薬なんかが活躍してたしなぁ・・・・。
(もういいからリバップルにして!!)
とまれ。


そんなこんなでも、物語は面白いのデスがな。
今回は記念本ということもあるのかな?
オールスターキャストで楽しかった。

そう。
楽しめてしまうから、やっぱり買いなおそうってことになるんだよね・・・・・。とほほ。
2016.10
31
ひさびさに、がっつりシリアスな作品。
読みではあった。
が、
なぜか読み進めづらかった。なんでかな?


小学生に利口になれ、とはいわないけれど、ちょっと彼女に感情移入できなかったのがしんどかったのと。
あとひとつ。
某犯人があまりにも知能足りなさすぎな印象で・・・・。

残念。
2016.10
30
新装版。



表紙がステキすぎる!!


中身もいろいろ変わっているらしいのだけども、点検するほどの元気はない。
なので、変更点はまるでわからず。
それはそれですごいんじゃない?とも思う。


それにしても。
やっぱいいなぁ。日高作品。


がっつり堪能させてもらった新装版であった。
2016.10
30
ついに完結!


完結しない物語なのかしら、と思ったこともあったけど。
少しずついろんな変化があって、なるほど納得のラストだった。
これからは“家族”なのね。


相変わらずのどたばたが実にコミカルで楽しい。
苦手だったクマパンもやっと落ち着き先ができたし。
それもまたすごい決断だったけども。


小冊子も楽しい内容で、これはそのうちまとめて読み返さないと♪
2016.10
30
表紙の小玉がかっこいいわ!!


シリーズのエピソード0。
気の毒すぎて大好きな文林はまだまだ、の時代だけども。
でも、小玉を楽しむには一番かも。

実にかわいい♪



ありがとうございましたっ!>Tさま
次はこの続きになるのかな。
それとも本編の続きになるのかな。
いずれにしても楽しみだね~~。
2016.10
30
きゃー。
ダイちゃんに子どもが~~!!!

結婚してもう7年かぁ。
しみじみ。


シリーズ四作目。
ダイちゃんは、著者と同じ年齢。私とも同じ年齢。
だから、いろいろと思うことが重なる。
今回彼らは、53歳。
いろいろな生き方がある以上、彼らの現状もいろいろ。
そのどれもが、自分に重なる部分があって、そうだなぁ・・・・・・切ない、かな。


淳平大好きな私としては、今回大盤振る舞いだったのがうれしい。
もちろん、そういう状況にならざるを得ない展開なわけで、それはそれでまたちょっと・・・・・。
でも、過去が片付いたっていえばいいのかな。
この年齢だからこその選択だったかな。
しかし、写真がいまいち消化不良。
どうもわかっていないわ、私には。




もう事件に巻き込まれるようなことをするな的意見が途中某人物からあったのだけども。
それを思うに、もしかしたら、シリーズも終わるのかな。
さみしいけど、それもありか。
2016.10
30
Category : 随筆
Theme : 感想
Genre : 本・雑誌
『A-Studio』観てたら、読んでみたくなった。


ほとんどテレビで把握できた内容だったような・・・。
きっとファンには必見。

いっちゃんの名前が出てきたのが、私にはうれしかったな。
2016.10
30
『可視(み)える』続編。


謎解きをじっくり味わう。

オカルト要素が前作よりも少なく、それはちょっと残念なような。
個人的にはオカルト系は好んで読まないのだけど、ストレートな謎解きは向井シリーズで味わいたいな、と。
読者はわがまま。
2016.10
29
8集のタイトルは、「血に煙る聖夜」。
9集のタイトルは、「大きな羊は美しい」。


ついに出た!
こいつが羊殺しかぁ。
なんてこったい!!ってカンジだよ。
とにかく早く続きが読みたい。


ところで。
竹之内さんの人生が永すぎる。1600年って・・・・。
彼の物語が読みたくなってきた。



ありがとうございましたっ!>Tさま
これ、二巻続けて読めて助かりました。
大きな山場だね。
次がものすごく楽しみ。
2016.10
29
初読み作家さん。
本屋でどうにも気になって仕方がないので、買った。


これがデビュー作とのこと。

表題作。
タイトルのインパクトからすると、なんと可愛い初恋物語!であった。
併載の「No where, Now here」のほうも幼馴染の話だけども、こちらのほうが切なさで勝利!←どんな表現?


ええと。
どちらも面白かった。
勝手にタイトルからイタイのかも・・・と思い込んでいた分、いささかずっこけたほどに。
うん。
可愛かったよ~。



二組がそろった描き下ろしも楽しかった♪
2016.10
29
小説四作目。
長編。


タイムリープもの。
はらはらどきどきの展開で、早く先に行きたくてざかざか読んでしまった。
しくったなぁ。
もうちょっと咀嚼しながら読めばよかった。

ゲスト(?)はウェルズとヴェルヌ。なんて豪華な!


やっぱりもういっかい読もう。
ついでに、一作目から読み返そう。
どう考えてももったいない読み方した。
2016.10
28
『神酒クリニック~』の登場人物、天久にかかわっているというので、読み始めたシリーズ。
これが第一作。

主人公に『GOSICK -ゴシック-』のヴィクトリカを感じた。
ついでに、今クールのドラマも思い出した。



うーん・・・・・。
面白くないわけじゃないけど、ちょっと苦手な雰囲気かな。
某研修医がとにかくだめだ。
そういう意味では、『神酒クリニック~』といっしょかも。

女性像が、私にはハードルが高い。
ただ、医療についてのあれこれは興味深いので、シリーズは網羅する予定。
2016.10
27
Category : 小説(その他)
Theme : SF
Genre : 小説・文学
バロットのにーちゃん?
彼がそうなんじゃないか?というようなコメントをどこかで読んでびっくり。
すでに、過去作のあれこれを忘れているので、まるで思いつかなかった。
それが正しいかどうかはさておき。


ウフコックの物語は、今回、ひたすら傍観者であることであり続ける。
きついことだ。
最期への準備はととのった。
そんな印象の第二巻。
三巻が出るまでに、既刊を再読する必要性を感じるわ。

しかし。
ハンターの万能感、はんぱない。




蛇足。
エンハンサーのことを思うと、ワンピースの悪魔の実を思い出してしまう。
どっちのファンにも怒られそうだけど。
2016.10
25
デレた細目がかわいーぞーう。

でも、細目の過去はなんとも悲しい切ない苦しい。
おにいちゃんも、きっとほんとに苦しかった。


細目がやっと囚われていた過去から抜け出せそうなところ。
ついに朽木の過去編突入。
これがまた・・・・・・つらいしんどいきつい。



ありがとうございましたっ!>Tさま
続きがめちゃくちゃ気になりまする。
2016.10
24
『黒警』続編。


思っていたのとまるでちがう方向に、ものすごいスピードで進んでいった。
結末はなんとなく予測もできたのだけど、そこまでにはもう二冊ほどかかるかなぁなどと勝手に考えていたのね。
つまり。
蜜月は長くあってほしいと。

三人でどこまでもいってほしかったなぁ。
嗚呼。ラウタン。
2016.10
23
短編集。

どれも面白い。
九十九神とのそれぞれの交流(見守りだけもあり)があったかい。

「しかくのはこ」が大好き!!
読んでてめちゃくちゃうれしくなってしまった♪


九十九シリーズではない「それでもいいの」もよかったなぁ。
長老、すてき。



ありがとうございましたっ!>Tさま
ちみっこが安定の可愛らしさ!!!
2016.10
23
ちょっとずつリンクしているスタイルが大好き。

どの物語もそれぞれ心にしみてくるものはあり。
目線がやさしいのな、作者さんの。


ラストの黒い魔女云々についてが思い出せない。口惜しい。



ありがとうございましたっ!>Tさま
からすが頭に乗っかった元狼男いとおし!
2016.10
23
Category : 小説(その他)
Theme : 感想
Genre : 小説・文学
『2.43』から派生した、今度は福蜂工業高校の連作短編集。


甘酸っぱい青春だの、恋愛だの。こっぱずかしくて読めないのだが。
これは楽しかった!
ことに表題作の柳町がねぇ・・・・・可愛いわ!
そして、やっぱり三村が印象的。
海に飛び込むばかなのも、すてき。

あ、でも。
いちばんすてきなのは、はっち、だろうか。
彼女の活躍も、なんらかの形で読んでみたいなぁ。



その節はありがとうございましたっ!>Mさま
はやくまたユニチカたちにも会いたいね♪
2016.10
23
Category : 小説(その他)
Theme : 感想
Genre : 本・雑誌
3.11作品。
としていいよな。


著者の専門分野に近いのだろうか。
登場人物の想いが、かなり強く伝わってくる。


できることを数えたら、次はやれることを数える。

そんな気力はいまの私にはないけど。
でも、覚えておこう。



amazonより転載。
「東日本大震災をきっかけに地震研究所の広報職を辞した準平は、学界の“プリンス”武智要介に、ある計画に誘われる。“チーム武智”の個性豊かなメンバーたちは、次々と立ちはだかる困難を乗り越え、プロジェクトを成功させることができるのか―元研究者の著者による、「科学」への思いに溢れたエンタメ長篇。」
2016.10
23
短編集。


成親さん・・・・っ!!!!



ほっこりしたり、切なくなってみたり。
でも、本編の100倍は楽しめる。←失礼

しばらくしたら再読しよう。
そうね。本編がしんどすぎるときにでも。
2016.10
22
初読み作家さん。
講談社のメルマガで気になって。


表紙はちょっとかなり好きじゃないんだけども。


とても興味深く拝読。
月澤が興味深い、といえば直截すぎるか。
著者は“アイデアとトリックを惜しげもなく盛り込む「やりすぎ本格ミステリー」で知られる”らしい。<J-CASTニュース
ふむふむ。
とにかく月澤の存在自体がやりすぎ感ありだよな。苦笑。

次が出たらまた読む。
というか・・・・・。

その場合、もう一度こちらを読み返さないと、なんかあれこれ忘れそう・・・・。
2016.10
22
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
どこかで見たような設定。
どこかで見たようなストーリー。
こうなると、作家の名前だけで売ろうとしてるのかなと思う。
けれど、あとがきを見ると、そこにどうこうしてほしいとの注文もあるようだ。

何をもって作品をなりたたせようとしてるのかな、編集あるいは出版社は。


作家にとっても出版社にとっても、読者にとっても。
不幸な方向としか思えないのだけども。




一読者として。
その作家にしか書けないなにか、を読みたいと、私は思っている。
それはBLだけではなく。
ちがうかな。
2016.10
22
続編が出たので、再読。
こちらが一作目。
文庫になったところなので、読み返すにはちょうどいい。
というか。
そういうタイミングで出してるんだよな、きっと・・・・。



やっぱりサバ缶以降が好き。
そして、中年センチメンタルにひきずられる。
2016.10
22
ズッ友ってなに!?


ううむ。
いろんなことを覚えさせてくれる漫画だなぁ。
そういえば、Ingressもこれで知ったんだった。
あんときは、わけわかんなくて、なんかちょっと腹立ったんだけど・・・・苦笑。



最初のころのようなお笑い爆弾はないんだけども、よくここまで続いてるなぁとあらためて感心。
どこまで続くかな。




あ、忘れてた。
十一面観音・・・・・・そりゃ11人いるけどさー。
そして、ジルベールは萩尾てんてーではないよ?
2016.10
21
まずは表紙のケンジに爆笑。
いや~、どんなご商売よ!?


相変わらずうまそうなゴハンに心(胃袋?)が引きずられつつも。
やはりこの作品のすごいところはそのドラマ性。
いっしょに年月を歩んでいるような気分になるのは、私もおんなじような年齢だから。
とはいえど。
今回はシロさん浮気??ネタとか、妙なところで笑わせてもらったヨー。


なんとなくそろそろ終わりが見えてきたかなとも思った今回。
ラストにみんなの笑顔が見られればそれでいい。
終わったとしても、何回もきっと読み直すし、そのたびにきっといろいろ新しく思うことがあるはず。



ちょっと一言。
ほんっとーーにおつかれさまです。>志乃さん
な気持ち。
ヒロちゃんは自業自得だ!
2016.10
21
Category : 評論
Theme : 感想
Genre : 本・雑誌
わりとライトなインタビュー集かなと思っていたらば!

これは今後研究資料にもなりそうな、そんなものだった。
おかげで読み通すのにけっこう時間がかかってしまった。




いろいろなかなか興味深かった。
このジャンル、これからどう変遷していくんだろうね。
2016.10
21
上下巻。
『模倣犯』続編。

『模倣犯』の後半が苦手だったので、読んでなかったのだけど。
先日のドラマを観てたら、読んでみたくなった。



なんかいろいろ重苦しい。
そしてやっぱり前畑滋子が苦手・・・・。
そんでもって、タイトルの意図が・・・・・よくわからん。

なんか、宮部氏の現代ものって、苦手だ。
ごく初期のころの作品は大好きなんだけど。
きっと、現実から逃げることなく現実と向き合っているから。
逃げるために読書をしている私には、つらくおもいんだ。



蛇足。
山荘の絵のなぞは?
あれはどこから、だれからのイメージなの?
2016.10
18
ついに完結してしまった・・・・さみしい。
いろんなエピソードが読めて楽しかったのに。


ときどき気分転換に読み返させてもらう。
ありがとーでした!
2016.10
18
シリーズ六作目。
完結。
再読。



表紙がこわい。
このへんからイラストのやりすぎ感出てきたのかしらん?
まあ、モデル(ルウ)もはんぱないけど。


ダンもがんばったねぇえええ。
両親には負けるけど(そりゃしょうがない)、なかなかにいい男なのにねぇ。
なかなか活躍できなくて気の毒だわ。
両親にいじられてるとこ、ジェームズにだけは見せたくないだろうなー。
←もはやほかの巻の感想になっているあたり・・・
2016.10
17
シリーズ五作目。
再読。



もうここからは、怪獣夫婦におまかせ!だ。

ダンとジャスミンの邂逅シーンが大好き。
母ってそうなのね・・・・・と思わずほろり。
まあ、ダンはいろいろ不憫だけど、もうそういう星の下に生まれたわけだし、しょうがないわねー。←ひとごと


あー、楽しかった!


このシリーズはこの巻を読むためにあるようなもの!!