RSS
Admin
Archives

神保町の片隅で

活字中毒気味人間の読書記録です。

Counter

    

Article
Comment
Category
Link
Walk
Graph
いもこさんの読書メーター
Trackback
Archive
Click !

イーココロ!クリック募金

Search amazon

Access

Ranking
ランキング参加中。

FC2ブログランキング

Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:

Diet
ダイエット日記
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2015.11
30
Category : 随筆
Theme : 感想
Genre : 本・雑誌
失敗自慢エッセイ集としかいいようがない。


失敗のレベルがあまりに理解できなくて、まるで笑えなかった。
ねえ。
開き直るんじゃなくて反省しようよ。




本屋さんにお勤めの方が書いたというから読んでみたのだけども。
思ってたのとまるで方向がちがってて驚いた。
身近な友人だったら、一緒に呆れたり怒ったりできたかもしれないけども・・・・・むー。



付記。
こういうのを読むと、ひとを一方向からだけで評価するのは間違いだなって思う。
でも、このエッセイ集は、やっぱダメだ。
2015.11
30
本格ミステリー・ワールド・スペシャルとは、島田荘司・二階堂黎人監修の書き下ろし長編ミステリーの競作なのだそうだ。
ならば。
著者がラインナップに入るのもむべなるかな。



オカルトミステリー。
なのだそうだ。
あんまりそんなふうには思わなかったけどね。
犯人の狂気こそがオカルトチックに怖ろしい。

人間てものが怖くなる小説だった。



すっかり向井くんのシリーズだとばかり思っていたのだけど、タイトルイメージが違うやんね。
これももしかしたらシリーズものになるのかな。
元刑事のキャラクタがとてもよかったので、そうなるとうれしい。
性同一性障害の刑事もなかなかに強烈だったし。
どうやら向井くんはしばらくおやすみらしい・・・・・それは残念。
2015.11
30
もちろん、旧版の『紀信』はもっている。
でも、あざといことに読んだことのない作品が収載されてるんだよな~。
ので、買うしかないわけだ。ファンとしては。

で、その作品たち。
漫画作品としては、「水虎境」「生命の木」と「三蔵法師の大唐見聞録 外伝」については、満足満足。
いや、外伝はせめてあと2ページ欲しかった!!
前二作の設定および内容、ことに「生命の木」が切なかったねぇ・・・・。


表題作。
紀信や周苛が、その後どうなったかというと、ほんとに凄まじいことになっている。<いちおう史実として
なので。
なんともいえず、苦しい気持ちになる。
が。
作中の紀信の表情をみていると、その覚悟と想いが伝わってきて、ぐっとくる。


やっぱ諏訪作品、面白いね!!



それはいいんだが。
『ひすいの国』の続きはどうなったんだよーーー!!!!
2015.11
29
小説世界における現実の犯罪は、わりに犯人はわかりやすくできている。
が。

思春期の少年の(もちろん少女もだが)、ひりひりするようなあの感じがたまらない。
正直なとこ、つらいくらい。
よわみそ(ってうちの田舎ではいう)の渉に、いらいらしつつも、いつのまにか声援をおくっている自分がいた。




出版社サイトのあらすじを転載する。
「物語(フィクション)と交錯(リンク)する現実(リアル)。この惨劇を止められるのは、自分だけ――!
 クラスメイトの転落事故以降、ひきこもりを続ける少年・渉。軽い気持ちで書き始めたネット小説が人気を呼ぶも、殺人鬼が暗躍する小説内での事件は次々と現実のものに――。さらに、何者かにより小説の続きが更新される。「偽者」の手から、暴走する世界を取り戻せ! 衝撃のラストへと疾走する、10年代のエンタメミステリー。」
2015.11
29
再読。
二作目を読んだはいいが、一作目の内容をいろいろ忘れていたので。


んーー。
やっぱり一作目はあんまり好みじゃないなぁ。
夫人以外の女性キャラが苦手だからかもしんない。
2015.11
29
三巻が出たので(4年ぶり!!)、一巻から再読。
さすがの作品だと思った。



三巻は、過去の物語がきちんといったん閉じられたところで終わり。
じわ~~~ん。
ことに描き下ろしがよくて・・・・・涙。
切ないなぁ。片割れが突然いなくなるんだもんな・・・・。
でも、描き下ろしで流れる涙は、きちんとありがとうしあわせだったが言えた涙。よかった。



うあー。
日本語になってないわ!
でもそのままアップしちゃえ。

次からは恋愛模様もりだくさんになりそうな気配。
それもまた楽し。
森VSモブ男にわくわくしてしまうわ。
早坂くんたちは、まっすぐ恋愛に向かっていきそうだしね(抵抗はあるにせよ)。




さ、全サ小冊子の応募の準備しなくちゃ♪
『ピクニック』の番外読めるみたいなんだよ!!
逃したら絶対だめなんだよ!!!
2015.11
29
便宜上BL系にカテゴライズはしてあるが。
このひとの作品は、小野塚系だな。


ひさしぶりに読んだ。
おそらくオリジナルは5年以上は読んでいないんじゃないかな?
とても好きなんだけど。

体調のわるいときに読むもんじゃない。
いまひとつ頭に残らず。
今度あらためる。



カバー下を読むと・・・・・もしかして、おやめになる?
残念だけど。
いままでいろんなすごい作品をありがとうございました。
2015.11
29
『身元不明』と同じ世界観。
ま、世界観は古野作品の場合、基本「帝」ワールドであることにはちがいないが。



隠語に振り回されてなかなか作品世界に入り込めず。
いろいろとある仕込みは面白いのだが、感情移入できる人物がおらず、撃沈した。
ちぇ。
そして。
榊原芳子って・・・???
なんかどっかにあったのかなぁ・・・?
2015.11
29
特装版買ってもよかったかな、とあとで後悔。
手ぬぐいだったら、使い道あるもんね。
ま、時すでに遅し、なわけだが。


シロさんの健全さに、ひれ伏してしまう。
ケンジに対する姿勢であるとか、両親に対するそれであるとか。
なんかもう、負けた!って気分になったのは、きっと私がシロさんとほぼ同世代で、でも、なにも考えていないせいだろうね。
ふう。

いつも思うことだけど。
シロさんたちがきちんと年を重ねているところが、この作品の凄さのひとつだと思う。
シロさんたちだけじゃなく、周囲の人たちの環境だって変わっていく。
今回は大センセのひとりらくちん晩御飯に笑ってしまったけど。
でも、そうなるよね~。とハゲシク同意。
そういや。
ジルベールの棒読み口調にもウケた。




うちの食費ってどのくらいになってんだろう?
よし。
来年こそ家計簿をつけ続けるぞ!!!!
2015.11
28
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
今度こそ、もう読むのやめよう!
もうわけがわからん。



最後に正道に会えて、それだけはよかったということにしておく。
2015.11
28
Wシリーズ一作目。
ウォーカロンのWなんだろうな。

百年密室の世界観は好きだし、講談社タイガってのも、なにをやりはじめたんだ?って興味はあったので読んでみた。


ミチルってあのミチルなのかな。
にしては、ウォーカロンの状況が時代にそぐわない。
ってことは、またなにかここに含みがあるんかいな。
やっぱりあのお方は登場するし、シリーズファンには興味深い作品ではあろう。
ちなみに、時代は百年密室のそのまた百年後あたり、だな。


描かれる未来社会の状況に即して、主人公ハギリが実に飄々としている。
彼の発言、思考に、巧まずして(いや巧んでるんだよな、著者は)、すっとぼけたユーモアを覚えて楽しい。
ラストは愉快(ある意味)だし、ウグイは可愛い。
でも、この先なにが描かれるんだか、てんでわかんない。←ワタシアタマワルイカラ


どうやらシリーズは10作ほどになるらしい。
はー、やれやれ。
おつきあい、しますかね。
2015.11
27
Category : 小説(その他)
Theme : 感想
Genre : 小説・文学
『チームII』のために再読。

やっぱり、浦の登場シーンには笑えた。
いいヤツだなぁ、ほんと。


明け方目覚めて、どうにも眠れなくて、半分ほど読んでいたこれを読破。
マラソン当日の部分まで読み進めちゃったが運の尽き。
あそこまでいくと、もう頁を繰る手が止められないのはわかっていたはずなのに。

レースシーンは、ほんとうに手に汗握る。
まるで、本物のレースを観戦しているよう。
私はどっちに勝ってほしかったんだろうか。

ただただ一ファンとなった音無の姿が、妙に微笑ましい。
そんでもって、吉池監督に安西監督を見た!といったら、怒られる・・・?



文庫バージョンでは、ハードカバーになかった一行がラストに付け加えられている。
『チームII』を受けてのことだと思う。
あの結末が語られているんだと思うと、『チーム2』を読むのがとても楽しみ。
(というわけで、感想サイトなどには行かないことにしている!!)



付記。
といいつつ、さっき本屋でプロローグを立ち読んでしまった。わーははは。
2015.11
26
ブッダにヘッドマッサージを施して、恩恵に与りたい!!


でも、シバゴ先生はこわすぎ・・・。
こわいといえば、ブッダのマスコットも・・・。あれはキモカワを通り越している・・・。


なぜロードはイエスだけでなくブッダも守るのか。
帝釈天かっこいいじゃないか!!←美形好き
とか。
あれこれ反応しながら読んだのだけど。
今回の白眉は、ロキだね!
次点はやっぱりブッダの奇跡。笑う。



蛇足。
ロキは女性にも変化することがあるらしいけど、この世界のロキはどうなのかな。
2015.11
26
ほぼ初読み作家さん。
本屋で見かけて、どうにも読みたくなった。


とにかく、分厚い。
さすがに読了までに時間がかかったよ。
大作!!


実に重厚。
そして、キャラクタの魅力的なこと。
語り手は思い込みが深く、いろいろと苛立たせてくれたけれども。苦笑。←それもあって、時間がかかったともいえる

あらすじを読めばおわかりになるかと思われるが。
鷹原がすてきなんですわな。
このキャラがいるだけで、読む価値あり、くらい言えてしまう。

もちろん、物語も読ませてくれる。
しょっぱなからヴァージニア・ウルフの名前が出てきてわくどき。
物語の本筋に入ると、今度は、森林太郎(鴎外)や北里柴三郎が登場して、またしてもわくどき。
エレファント・マンや当時のドイツおよびイギリスの王室など、著名処がつぎつぎと。
これは巧いな、と思った。
なんせ、そのままその時代に連れて行かれるわけだから。
1888年を、たっぷり堪能した。

本作でジャックと思召される人物には途中で気がついたので、柏木の思い込みと青臭さに辟易したけれど。
彼の自己問答も、もうすこし若い時分に読んだならば、ハマっていたかもしれない。
ことに、同性愛に対するあの動揺っぷりは、ちょっとだけ萌える。

いちばん楽しかったのはラストだな。
あのエピローグの締めくくりでくすりとさせられて、本当に読後感がよかった。


おすすめっす!
2015.11
26
完結。
大団円!
いささか拍子抜けだったけど。


表紙に違和感あると思ったら、メガネがメガネじゃなかった!
それはともかく。

案外あっさり終わってしまったなというのが強い。
つまり、前巻がクライマックスだったわけだな。
舞台シーンが少なかったのもちょっと残念。
彼らの舞台姿観たさに最後までおつきあいしてきただけに。
もっとも、恭之助と父の絆を思えば、あのシーンはあれがすべてだとは思う。


四年後の彼らが、実にいきいきと芝居と向き合っていて、それはそれで非常にうれしい。
一弥の突き抜けた感がいいわ。


しかし、一弥があんな大ケガする必要はあったんだろうか・・・・・ぼそ。





さて、年末年始のお休みに、全巻通して読むかな。
そのあとは、彼らは妹んちへ旅立ちだぁ。
2015.11
24
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
『片恋ロマンティック』スピンオフ。
といっても、片割れがアタマにちょっと顔を出すだけ。
もっと出てくれるとうれしかったのにぃ。

展開はお定まり。
なので、いつもの間之作品ほどには浸れなかったけど。
あいかわらずの攻めのブレなさっぷりにはうっとり。
アレクサンドルの押し倒しに萌え♪


流衣のテキスタイル見てみたいなぁ、と思った。
あと、あの夢のおうちも♪
ドリームのBLならでは!のガジェットだもんな!!



ありがとうございましたっ!>Mさま
ガブにもすてきな奥様を、と願ってやみません!!
2015.11
23
なんでまたこんな企画が立ちあがったのか、解せぬ。<薔薇十字叢書



どう転んでも、二次創作。
同人誌としか感じなかったな。
トリビュートと銘打つものは、基本、もっとレベルは高いと思うのだが。
2015.11
23
シリーズ二作目。

重苦しい時代背景がよく伝わってくる。
悲しみや苦しみ、いまの時代にも似た閉塞感。
そんななかで、健やかな庄野が、陽だまりのよう。
ガス欠になるって設定は、ワタシ的にはちょっと・・・・・なんだけどね。

あとがきにあるように、これから庄野たちにはつらい時代がやってくる。
でも、私も作者とともに、健やかなれと願うよ。


小須賀と竜堂のこれからを思うと、さらに切なくなるけど。
なんとか彼らにも生き延びていってほしい。
彼らのあいだには高瀬川しかないんだしねっ!



あ。いけね。感想になってねえ。


とても面白かったっす。おすすめしまっせ、このシリーズ。





ところで。
このシリーズをBL棚に置くの、やめてくれんかの?>某書店さん

って書いたら、ちゃんと移動になっていた。苦笑。
2015.11
22
火村シリーズ13年ぶりの長編!!!

ちょうど有栖川ファンと逢うことにいなったので、がんばって読破。
すっげぇ密度の濃い作品だった。


いろいろ書こうと思ったんだけど。
その感想をここに記すのももったいないような。
ひとりでいつまでも余韻に浸っていたいような・・・・。

すこし時間をおいて、もう一度ゆっくり読んで、またそのときにでも書こう。


おすすめ!!! っつか、読んで!!





中之島を散策したくなった。
大阪に行きたいなぁ・・・・・。
2015.11
21
記憶力を試されている。

今回、これまでに登場した面々があちこちに。
記憶を絞り出しながら読了。

ユミハラさんが切なかった。
茜の正体にはちょっとびっくり。っつか、まるで気にしてなかったから。たはは。




さて、篁はSかMか。
読んでいて常に頭に浮かぶこの疑問だが。
答えは・・・・・・両方、なんだろうねぇ。屈折してるのは間違いないような・・・。
2015.11
20
連作短編集。
現代モノ。
著者は時代モノを得手とするイメージがあるが、現代モノも負けず劣らず面白い。
この作品もすごくよかった。


○×に笑ってしまった。
足には指があるんだから、墨でもつけて字書けばいいじゃん!
もっとも、向谷クンだと、墨を準備してもらうことはとてもできそうにないけど。
この向谷。
彼のすっとこなところがすっごく楽しい。
でも、心があったかいもんだから、マイナスに感じないんだよね。
権田も第一印象とちがって、やっぱりハートのあるひとだし。

足子さんはこのまま居つくのかなぁ。
もう心残りないんじゃないの?
とか、五月蠅いことを書いてみたり。ふふ。



楽しかっただけに、足子さん(季穂と呼んでやれ!)が還ることがないのが切ないね。
2015.11
18
Category : 漫画(一般)
Theme : SF
Genre : アニメ・コミック
これもついでに竹宮文庫からひっぱり出してきた。
再読。
1985年刊。


こちらも、スミからスミまで内容は記憶している。
それだけに、切なすぎて、なかなか再読できない。
シド!!
リィ!!

どうしてもシドに思い入れてしまうけど(主軸なので)、乗り越えたあとのハロもいい。
彼の物語も読みたかったな・・・・。

ともかく。

ものすごくいい作品なんだよ!!



著者のSF作品といえば、『地球(テラ)へ…』を思い起こす人が多いと思うけど。
もちろん、あれもすごい作品だけども。
ぜひこれも読んでほしい。
いまなら『中公文庫コミック版 竹宮恵子SF短篇集 3』に収められていて、入手しやすいよ!←どこの回し者だよ!
2015.11
18
ジーン・ポーター原作、村岡花子訳。

このあいだからしきりとこの作品が思い出されて、読みたくてたまらなかった。
部屋の片付けもほぼ終了して、竹宮文庫(本棚二段分ある)が取り出しやすくなったので、いそいそと。

再読。
そりゃあもう久しぶりさ。
でも、ほぼきっちり覚えているってことは、やはり思い入れ強く読んだんだろうね。
あるいは、若いころに読んだから記憶に強い。←ちょっと哀しい
ちなみに、1982年刊。
このころの著者の表記は「恵子」。いつから「惠子」になったのかなぁ。
閑話休題。


『赤毛のアン』をどきどきしながら読んだあのころに、うっかり心が戻ってしまう作品。
単純に感動してしまう。
そばかすに感情移入して、支配人さんに感情移入して。
悪人も登場するけれど、善人がみんな印象的で。
善人であるがゆえに、知らずそばかすを絶望に突き落とすことが、なんとも哀しくて切なくて。

大好きな作品。
今度こそ原作を読んでみようかな。続編のようなものもあるようだし。
2015.11
17
文庫になったので再読。
シリーズ二作目。


このシリーズ、大好き。
ジュンちゃん刑事、ほんといいひとだぁ。大型わんこ♪
そして、ミケさんとは、ほんとお似合い。

なんか地図をつくりたくなるね、このシリーズ。
そんでもって、地図片手に遊びにゆきたい。
そんときは、バークレーでカレー食べるんだい!
2015.11
17
Category : 小説(ミステリ系)
Theme : 感想
Genre : 小説・文学
著者の母校、函館ラ・サールが舞台なのだそうだ。参照
登場人物のモデルさんもそれぞれいらっしゃるようで、氏にとっては書いておきたい作品だったのかな。
などと思ってみたりした。




著者の文体は、そっけないと私は思っている。
主人公が少年(といってもいいだろう。高校一年なのだから)であっても、さして印象は変わらない。
一人称であっても、変わらない。
そして、この文体はほろにが青春小説には合わないと思った。
2015.11
16
Category : 小説(その他)
Theme : 感想
Genre : 小説・文学
確かにライトノベルではない。<解説参照
ノリがシリアス、というか。←ヘンな日本語だな!
ええと・・・・そうだ。硬派なんだ。
主人公のタッチがどんどん硬派になっていく。
そのせいか、そうでないせいなのか。
そこは不明だが、美奈川作品にしては、読むのに時間がかかった。


花火職人の話。
タイトルのギンカムロは花火の名前で「銀冠」と書く。

一本の大きなストーリーがあって。
そいつは非常に読み応えがあるのだが。
そこに絡む、花火にまつわるエピソードが、一つ感動をよぶものがあっただけに、かえって邪魔になっているかな、と思った。
シリーズ二作目、周囲の出来事編、みたいなののひとつとして、老夫婦のエピソードを取り上げるというカタチのほうがよかったんじゃないかなぁ。
すこし集中力を殺いだカンジがしたよ。



花火が観たくなった。
夏に読むべきだったな。←6月に出てたのに気づかなかった自分が悪い
2015.11
15
どう見てもルビがない!と思ったら・・・・・。
なるほどね。


連作短編集。
とはいえど、一本大きなストーリーの幹があって、最終話ではカタルシスが落ちる。

最初はセレナの早とちり思い込みにいらっとしたのだが。
そうしたところが、「葬偽」ごとにそぎ落とされていくのが心地よい。
「砂時計、さようなら、こんにちは」や「頭蓋骨のためのレクイエム」が非常に印象的で、かつ切なさが痛い。

とても面白かった。



〈殻〉をつくる黒村がまた魅力的。
なので。
ぜひシリーズとしてほしいな。
歩武とセレナのその後も気になるし。
すくなくとも、黒猫と助手よりも進展ははやいと思われ。ね。>黒猫
2015.11
15
『恋する組長』続編。
何年ぶりだ?

一作目同様、軽妙な連作短編集。
どこかすっとぼけた味のあるハードボイルドだ。
(どこか、というより、完全にすっとぼけているともいう)



主役はベルちゃんだな!!
2015.11
14
めちゃくちゃ売れているというので、興味津々で読んでみた。
ちなみに、あらすじなどはここでどうぞ。
ただし、まるっと紹介されているので、作品を読もうと思っている方は見ないでね。



正直、驚いた。
知らないまま読めば、三島の作品とは到底思わなかっただろう。
文体がイメージと異なるし、なにより、今年発表された作品といわれても違和感がない。
タイトルもキャッチーだし。
いやはや。
ほんとにすごい作家さんだわ。

面白かったよ。
終盤のなんともいえない悲哀が、印象的。それまでがなかなかに奇想天外だっただけに。




追記。
読み終わった直後、こんな記事が。
なるほど納得。
あ、でも、これ登録しないと全部読めないや・・・ごめん。
2015.11
14
調子こいて買ってしまった。
続きはすでに注文済み。
なーにやってんだかねぇ。


でも。
知らないエピソードを読むのって楽しい♪