RSS
Admin
Archives

神保町の片隅で

活字中毒気味人間の読書記録です。

Counter

    

Article
Comment
Category
Link
Walk
Graph
いもこさんの読書メーター
Trackback
Archive
Click !

イーココロ!クリック募金

Search amazon

Access

Ranking
ランキング参加中。

FC2ブログランキング

Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:

Diet
ダイエット日記
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2014.11
30
表紙をまじまじ眺めてしまった。
これはだれ?的な・・・。
口絵を見て、やっと納得したわ。
これも流行りの擬人化・・・・・? いや、そもそも擬人化だったわけだけども。


キングとちびすけのシーンにほっこりほっこり。
潔くキングを認めてしまえー!>ちびすけ
ランバルトとちびすけの会話もよかったナ。
そういえば、ダイアナはいまひとつ苦手な私ではあるけれど。
今回、ビーティとダイアンの会話が楽しかった。ビーディが面白すぎる!

ルウの歌はやっぱ圧巻だな。
本気で聴いてみたい。


私はとにかく怪獣夫婦が大好きなのだけれども、このたびのライジャのご両親たち。
彼らも、負けず劣らずナイスカポー。
大好き度がかなりアップした次第。
ランバルトも大好きだから、トゥルーク絡みの話はもっともっと読みたいなぁ。


なんというか、すべてのシリーズが公式同人みたいなことになってはいるけれど、キャラが大好きだから、読むのは楽しい。
ということで!
どんどん書いてください。
2014.11
30
再読。

はやくバカップルになっちまいなさーい。
ということで。
周りにはいいメイワクだろうけどな~。苦笑。
2014.11
30
再読。
絶賛ウノハナ祭りだな、こりゃ。


榎田・岩本両先生の帯が最高だったりする。
高介さんのお話読みたいですよ、私も。>エダ先生
が、私は高介攻め派なり。
手近なところで栄太でもよし!

しかし、ジンバくん、かわえーなー♪


あー。
オムライス食べたい!!
2014.11
30
Category : 小説(ミステリ系)
Theme : 感想
Genre : 小説・文学
楽しい楽しいワンソロジー♪

収載は以下の5作品。
なんといっても楽しいのが作者の名前!
 「イヌゲンソーゴ」伊坂幸郎著
 「海に吠える」崎梢著
 「バター好きのヘミングウェイ」木下半
 「パピーウォーカー」横関
 「犬は見ている」貫井ドッグ郎著

楽しすぎ!
でも、こんな楽しい企画ものなら、いつでも大歓迎。こっちは読むだけだしね。
企画編集の友清哲氏に感謝!
『Happy Box』もこの方の企画なんだよね? 次も楽しみだ♪


友清氏の解説にあるように、大崎作品の読後感がすばらしい。
やっぱアンソロジー(おっと、これはワンソロジーだった)はおもしろい。



追記。
うっかり書くの忘れてた。
最終ページあたりにある注記、この物語はフィクションです的なアレ。
この本はそこも凝ってて楽しいよ!!!
2014.11
30
再読。
『声はして涙は見えぬ濡れ烏』の元ネタ(←?)。


上記スピンオフがもんのすごーーーくよかったので、こっちの表かもうなぎ上り。
あらためて読むと、ギャグ部分の向こう側に潜むシリアスさがぐっとくるじゃないか!

なんて思ってたら、初読のときにも
「コメディのようでいて底にあるシリアスさがなんかこう胸に迫る。
 義理のおにーちゃんがまたいいヤツで・・・・。」
って書いてあるわ・・・・。
2014.11
30
再読。

クラッチ様に爆笑する私をゆるして!
といっても、きっと二人にボコられるに違いない。


脇田がかわいすぎてキュン死する!!

キュン死なんてワードはあまり使いたくないんだが、脇田にはだめだ~。
この二人、大好き♪
あ、でも、オフィスでイタすのはやめような。社会人として。
2014.11
30
短編集。
としてよいですよな?


思いっきり堪能!!!


いけないいけないと自制していたにもかかわらず萌えてしまった。ごめんなさい・・・。

「ショーウィンドウを砕く」の第三者視点がなんとも楽しい。
先生たちはそういうふうに見えるのね。
これは犯人をやりこめる火村先生の姿もなかなかにすてきでござる。
アリスとコマチさんの会話から浮かび上がる火村像も楽しいし、なんともファンサービスにあふれた作品集だった。
(企図されたものかはともかく)
宿題ができなかったアリスたちが、なんだか小学生みたいで可愛らしい。
コマチさんに対する苦手意識もすこしは減ったかしら。

もちろん、火村先生の推理も堪能。
とても丁寧に描かれるロジックは、さすが有栖川作品かと思う。
「古物の魔」は犯人の想いが切なく、犯行をとめられなかったものかと思わず感情移入。
感情をひっぱられるんだよな~、有栖川作品って。


長篇読みたいっす!!!
2014.11
27
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
シリーズ三作目。
今回はわんこカップル。←評価基準がおかしい
前作までに比べると、なんとなくライトな印象があったのは、設定とその痛さに慣れたせいかもしれない。


カンナの努力が痛々しい。
そんなに縛られなくていいのか、と思いつつ読む。
だから、解放されたときは、妙にうれしかったな。

メインのふたりはともかく。←をい
二作目同様、脇のパラレルカップルが気になって気になって。
ある意味とても苦手なシリーズなのだけども、最初っからまるっと読み返したくなった。



ありがとうございましたっ!>Mさま
というわけで、おねだりした♪
2014.11
26
シリーズ三作目。

いつまでもどこまでもうじうじする志乃にイラつきつつ読了。
あれ、どうにかならんか?
真田の猪突猛進っぷりもなんだか飽きて(げほがほ)。
・・・・バイク壊し過ぎじゃないか?
飽きたといえば、毎度毎度の内通者騒ぎも(以下自粛)。


でも、鳥居は好きだな~。
冷静沈着なところがちょーかっけー!(という言葉を使いたくなるのは、真田の影響のような・・・・)
そういや、今回は河合も男を上げた。
っつか、メインはみんなどこかしら苦手なんだな、私。



ありがとうございましたっ!>Hさま
残り一冊はしばらくおいてから読もうと思う。
2014.11
26
シリーズ二作目。

オープニングの事件。
立てこもり事件が起きるたびに思うことだけど。
犯人なんか射殺しちゃえ!と思う気持ちは、確実に私の中にある。
確実に犯人だけを仕留められるのなら、だけど。


さて、作品はというと。
二作目にして、タイトルロールが単なる突撃キャラにしか思えなくなってきた。
あの真っ直ぐさはたしかに得難いものではあるけれど、それがもうイコール無茶!
なんとか、その無茶のおかげで・・・という体裁は整っているけれども・・・どうなんだろう?
そして、また内通者?と思ったのは正直なところ。
さくさく読めるのは間違いないんだけどね。

ううむ。
とりあえず麻薬つながりで話が進んでいるんだよな?
とにかく四巻まで読んだところで、事件の大団円が描かれることを期待する。



ありがとうございましたっ!>Hさま
スナイパー、仲間になっちゃえばいいのに!!
2014.11
25
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
ルチル文庫にLなんてできたんだな。
リンクスのLかな、これ。そのようだね。うーん。うれしくない。
すこしの書き下ろしに抗えない自分がいけないんだけど、ほんっと新装版って困る。
ペーパーなんかついてたら、もっと困る。

とぶつぶついいつつ、これはお借りしたもの。

ありがとうございましたっ!>Mさま
薄くない薄い本も、めいっぱい堪能した!!
切ない物語だけに、後日談の幸福感がはんぱないっすね。



円陣闇丸氏の表紙がうるわしー。
ひたひたと寄せてくる感情が水となっているよう。
おかげで、久住のイメージがめちゃアップしている。
やさしすぎていらっとしてしまいかねない尚哉の印象もいい。
ともすればありがちなストーリーをイラストがぐっと引き立ててくれる典型ね。
もちろん、その切なさにもほろりだけども。
2014.11
24
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
スプレイ【spray】[名]
1 液体に圧力をかけ、霧状に噴出させて吹きつけること。
2 噴霧器。霧吹き。
デジタル大辞泉の解説による。

ここはひとつ、猫のスプレイ行動にひっかけてみる。
どこでもいつでも男にもてる一馬の周囲に、こいつは俺んだ!と主張しまくる神宮。
ということで!←あえて発情の意のほうにはふらない



リロードシリーズ八作目。
例によってamazonより。
「「浮気にはそれなりの代償がつきものだ」。
 敏腕刑事の河東一馬と、科捜研の新鋭・神宮聡志。2年前から付き合い始めたふたりの間には、いつも繰り広げられている攻防戦がある。それは、どちらも『抱かれる側』にはなりたくないということ。でも好きなヤツとは抱き合いたい…。そんな葛藤を繰り返しているふたりだが、ある事件がきっかけで、一馬が豪華客船に乗り込むことになってしまう。横浜から沖縄まで、一馬と一緒に乗船しているのは、神宮の元恋人の桂木だと知り、自分の元彼にも嫉妬してしまう神宮は、ある行動に出るが―。南国で弾け飛ぶ、怒涛の弾丸ラブ!!」
弾丸ラブって・・・・・絶句。

今回はいつもにまして、やきもち焼きの神宮が可笑しい。
神戸まで飛んでくるか!?
しかも当然という顔でしれ~っと。
そのものすごい惚れっぷりが、このシリーズの醍醐味ですな、まったく!!

今回は口絵に萌え!
さすが國沢智氏。
いまだに、絵だけではどっちが攻めか受けかわからないようにというオーダーを守ってらっしゃる。
というか、いまとなっては、絵からもしや今回こそ一馬が!?と煽る意図を感じてみたり。
でも、今回の口絵は、ほんと最高の雰囲気。あー、よだれっ。


さ、ここまでで再読も終わりにする。
残り二作はこないだ読んだばっかだしね。
2014.11
23
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
『恋愛前夜』2。

どうにも苦手なヤコ先生だったんだが、小冊子を読んだら少々イメージが変わって。
ところがどっこい。
こちらを読んだら、さらにイメージが一新。
というより、驚いた。
ヤコ先生、まさかの攻め!!!!!

デキる編集、貢藤。
いいねぇ。あの乙女っぷり。
暴走するヤコ先生に、できれば、がんばって抗ってほしい。苦笑。

あー、楽しかった♪



ありがとうございましたっ!>Mさま
『おやすみなさい~』が読みたいいいーーーー!!!!
2014.11
23
「第34回横溝正史ミステリ大賞の最終選考会で物議をかもした衝撃作『人間の顔は食べづらい』。
 選考委員の有栖川有栖氏・道尾秀介氏の絶賛を受け、禁断の書籍化。」
のだそうだ。
となれば読むしかないわけで。


ミスリードには潔くひっかかってみた。
あそこを読み落としたのが失敗だったわ。ちくしょう。

生理的な不快感は払拭しきれないものの、上記絶賛には、なるほどな、と納得。
どえらいもの書かれましたな、白井さんとやら。
そんな気分。


大賞受賞者の次作はたぶん読まないけれど、こちらは読むと思う。
ただまあ、内容が内容なので、いちがいに勧められないな~。

てなわけで、あらすじを転載しておく。角川書店HPより。ニュースリリースはこちら
「世界的に流行した新型ウイルスは食物連鎖で多様な生物に感染し、爆発的な数の死者をもたらした。ヒトにのみ有効な抗ウイルス薬を開発した人類は、安全な食料の確保のため、人間のクローンを食用に飼育するようになる。食用クローン人間の飼育施設で働く和志は、自宅で自らのクローンを違法に育てていた。ある日、首なしで出荷されたはずのクローン人間の商品ケースから、生首が発見される事件が発生する。和志は事件の容疑者とされるが、それは壮大な悪夢のはじまりに過ぎなかった――。 」
2014.11
23
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
ジュリアンパブリッシングってどこ?
カクテルキス文庫ってなに?
だわよ。

また新しいレーベルが。
これは復刊専用なの? そんなことはないか。
表紙・イラストの蓮川絵は、旧版ママ。
こと蓮川絵に限っては、描き下ろしが見たいな~と思うのはこっちの勝手だけどね。ちょっと残念。


物語は旧版で既読なので、なんか懐かしい思いで読んだ。
天然に振り回される大人に笑わせてもらった。←そんな話だったか?
個人的には中島が気になる~。
大人の男性が相手だったらいいのに~。じゃなければ、清楚な女の子がいいな~。



ありがとうございましたっ!>Mさま
『ハッピータイム』の七生くんのゲスト出演がうれしかったわ♪
2014.11
22
ここでひねらなかったら受賞できないよな~と思いつつ。
第34回横溝正史ミステリ大賞受賞作。


ちゃんとひねりにひねってあったので、そこはまあ納得したのだけども。

構成は凝っているのだけども・・・・・・好きかどうかといわれると好きじゃないんだよな、これも。
面白くないわけじゃないけど、人に薦めたい本ではなかった。
2014.11
21
はやいなぁ。
もう11巻。
こないだ10巻が出たところなのに、いったいどんなペースで連載されてるんだか。


例によって、どのお話もしみぢみ。
ニタがいる段階でファンタジー作品なわけだけども。
今回「花火猫」が胸にぐっと・・・・・ほろり。
うれしい切なさだよねぇ。

そして!
がきんちょ十兵衛がかわいいったら♪
いつのまにあんなに色っぽい大人におなりだい?え?



十兵衛がそばにいたら、絶対惚れちゃうなx。
そして、絶対相手にしてもらえない、というか、上手に躱されそうだ。
2014.11
21
Category : 小説(その他)
Theme : 感想
Genre : 小説・文学
中学生向け!
それ以上でもそれ以下でもないかと。


そういえば、私も小学校の時読書クラブの部長してたなぁ。
活動発表の時にすっかりあがってしまってうまく喋れず、恥ずかしい思いをした黒歴史を思い出したぜ・・・。
2014.11
20
ある種家族の話であるのかな。


なんだろう。
読後感がわるいわけではないのだけども。
なんかちょっともやっとする印象。
たぶん。

夏川がまだ立ち直れていないってところに心残りを覚えるのだな、きっと。
自覚があるからそれは救いだけど。
2014.11
19
シリーズ一作目。

すっかりグルメ小説かと思いきや。
幽霊登場で、んん??
そして、よもやの付喪神。
どこを目指しているのか、途中ちょっと迷子になった気分だった。

いささか盛り込み過ぎな気がしないでもないんだが、まあ、楽しく読めた。
すぐに二作目が出るようなんだが、でもなぁ・・・・。


もっとほかに出すべきものがあるんじゃありませんかね?とつぶやいてみる私なのであった。



ありがとうございましたっ!>Mさま
おなかすいたーーー!!!
2014.11
19
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
北上れん氏イラスト担当。
こどもっちーずの可愛いことったら!!!
和む。
ただし、現実にこどもがそばにいたら、イラつくのはまちがいない。←本心


久保田の「かっ」が可笑しくて。
読んでいるほうとしては、久保田のほうが可愛い。
こどもたち、成長したら、どんなファミリーになるのかな。
ちょっと書いてくれないかしら。薄い本で。



ありがとうございましたっ!>Mさま
表紙のパパ二人の手が、こどもたちの扱いを象徴していて、うなったぜい。
2014.11
18
骨董、幼なじみ、贋作、谷崎泉=ドロシーの指輪だったりする。
が、思ったほど印象はかぶらなかったよ。
もっとも、晴@月影は緒方@ドロシーのふてぶてしさの欠片も持ってないがな。

が、しかし。
やはり道具立てがここまで同じであると、ちょっとしんどいな。
ドロシーを読んでいないひとには、興味深く読めるだろうけど。


蒼一郎の気ままなマイペースっぷりにいらっとしなければ、たぶん面白い。
国崇のマイペースさは大丈夫なんだけど、蒼一郎のそれは、私にはちょっときつかったな。
これがハタチくらいの設定ならギリギリ我慢もするけど・・・・・いささか幼さが過ぎる。

もし続くなら。
井蛙堂と晴をメインに、周囲はちょっと絡む程度で読みたいなぁ。
でも、きっと、今度は新潟舞台なんだろうね・・・。
2014.11
18
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
典雅作品にしては、すっとぼけがないな~と思いつつ。
やっとラストのほうで、それっぽい感じはしたけれど。
なんというか、中途半端な設定って気がした。
で、結論。

これは、円陣闇丸氏の絵を楽しむための作品!!

うるわしいのが次から次へと。
眼福でしたわ~~。


ところで。
あの殿様がそのままってことはないはず。
ちゃんといまでもお佐夜さまといちゃいちゃしているの希望するなり。



ありがとうございましたっ!>Mさま
存分にイラストを堪能♪
2014.11
18
Category : 記録
Theme : 感想
Genre : 小説・文学
この書評を読んで興味をもって。


もちろん、チャフラフスカを知らなかったわけではない。
が、こんなハードな経験をしていたことはまるで知らなかった。

ただ。
ドキュメンタリー作品としてはちょっとどうかなぁ。
2014.11
17
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
ひーちゃんの綿菓子感はんぱない!!


芸人シリーズ。
前日譚『君が笑えば世界も笑う』は、ひーちゃんがしんどい思いをすることもあって、ここまで綿菓子な印象はなかったのだけど。
今回、ひーちゃんの綿菓子にほわほわと包まれて読了。
オコの落ち込み回復がはやいのも、案外トラブルがないのも、これすべて、ひーちゃん綿菓子のおかげであるかな、と。

これまでの芸人シリーズに比べると、甘さが格別。
東京マネージャーも“個性”とかゆって、ゆる~く認可してるし。
でも、オレンジグミはそれでいいコンビなんだろう。
おまけショートがかわゆかったな。
あれでは、みんなファンになってしまう~。
そして、薄い本をつくるひとが続出するんだぜ!



大好きなシリーズだけに、いろいろ懐かしい名前が登場して、あれこれ読み返したくなって困った。
時田さん、脇やとほんまかっこええ!(裏を返せば・・・・・苦笑)




ところで。
前作ともども旅に、と思ったのに、前作が行方不明ぢゃ!!
しばし待たれい。←だれに?
2014.11
17
ユナちゃん、かわゆす!!

ユナちゃんと雪の再会シーンがあまりにおぼこくて、うきうきしながら何回も読み返してしまった。
悩む雪を見るのはつらいので、ユナちゃんに真剣感謝!
(ちょっと表紙はやりすぎ感あるけど・・・)
それはそれとして。

気になるのは大河。
田沼に負けるな! がんばれ、大河!!



ありがとうございましたっ!>Tさま
若菜ちゃんがいない・・・・しくしく。
2014.11
17
榎田くんが立派に・・・・・ほろり。
表紙(小山田あみ氏)で、いったいなにごとかと思ったら・・・・。


シリーズ何作目なんだろう?
だんだんえろシーンが減って、物語が中心となってきた。
なので、面白い。
いまやすっかり人情ほろりな任侠もののような。
木崎~~~!!
諏訪~~~!!・・・めそめそ

シリーズも先がみえてきたようす。
どうか木崎と諏訪をしあわせに!!!


にしても、組長なぁ・・・・。
海外にまで種をまくな!!



大下さん、おつかれさまでした。ほんとうに・・・。
小山田氏のあとがき一枚漫画に思わず笑ってしまったよ。たしかにね~。
2014.11
16
第60回江戸川乱歩賞受賞作。


すごいな、とは思うのだけど、好きではない。
主人公に感情移入できなくて苦しいこと。
主人公の“兄”について、若干思うところがあること。
このへんかな。

いろいろと勉強になったし、自分でも考えなきゃいけないことも見つけられたんだけど。
それと好みはちがうもんな~というのが正直な感想なのであった。
2014.11
16
Category : 小説(その他)
Theme : 感想
Genre : 小説・文学
原作:サンライズ
脚本・ストリーディレクション:西田征史
ノベライズ:高橋悠也



うっかり映画を観損なったので、ストーリーを確認など。
小説としてはちょっと読むに堪えないな、こりゃ。
2014.11
16
Category : 小説(ミステリ系)
Theme : 感想
Genre : 小説・文学
毎度のことだけど、ふわっと世界を広げるのが巧いよね~~。

連作短編集。
ごく普通の人たちが巻き起こす、小さな奇跡の物語、とのこと。

私としては「ライトヘビー」がいちばん好きなのだけど。←こんな恋してみたかった(過去形)
でも、どれも出会いのすばらしさというか、タイミングの機微というか、そういうものを感じて、とてもとても心地よい物語だった。
ほんと、流石。

昼下がりのカフェでゆるりと読みたかったな。
残業のまみれた後の週末のほっとひといきタイムに読むのも、それはそれでよかったけど。
あたたかい日差しを感じながら読みたい、そんな作品どした。



蛇足。
斉藤さんは、私にどんな曲を選んでくれるかしらん。