RSS
Admin
Archives

神保町の片隅で

活字中毒気味人間の読書記録です。

Counter

    

Article
Comment
Category
Link
Walk
Graph
いもこさんの読書メーター
Trackback
Archive
Click !

イーココロ!クリック募金

Search amazon

Access

Ranking
ランキング参加中。

FC2ブログランキング

Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:

Diet
ダイエット日記
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2014.05
31
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
なにかひとつ足りない感じ。
あ、絡みとかそういうことではなくてよ?


試みとしても面白いし(構成ね)、主人公二人の心の動きも自然だし。
でも、なにか、どこか。
読んだ!っていう満腹感がないんだよ〜。
タイミングが合わなかったかな。


デビューから全部読んでるけど、三作ともなんとなく読了後の満足感がいまひとつ。
一作目がいちばん良かったかな。苦しかったけど。
ついでに。
一作目の記録に書いたのだが、「この著者の作品をメインに刊行していくのであれば、BLというスタンスからはいっそ離れていたほうがよいのでは?」と改めて思った次第。>ルナさん
2014.05
31
全三巻。


ぐはあ。←吐血


初読み作家さん。
なんて重い主題をもってくるんだか。
(途中でテーマが変わったようにも思うのだけども、それは私の勘違いかな?)

考えることを放棄させないぞ、という強い意志がひしひしと伝わってくるような・・・。きつい。
が。

だからこそ、自分の頭で考えることをやめてはならないのだろう。



ありがとうございましたっ!>Tさま
まるで思ってなかった方向に進んでいって着地したので、驚いた。
2014.05
31
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
タヌキがばかすぎて、ちょっと・・・・・。
2014.05
31
シリーズ三作目。

カバー返しの紹介どおり、あちこちで恋の花、いや、蕾が芽生えている。
そんな場合なのかい?>キミたち



仲望がやっと語ってくれて、感情移入しやすくなった。
そして、翰栄。
彼はアレなのだろうけど、はやく表舞台に登場してほしいなぁ。

っつか。
今回は、一目惚れパレードで、いささか興醒め。
この先、その必要性を感じさせてはくれるのだろうけども、ちょっと気分が中だるみした。
春蘭の懊悩も、ちょっとズレたとこあったしなぁ。でもこれはこれで恋愛フラグなんだろうし、待ってるひともいるんだろうねぇ。私には不要だけど。←人の形としてはガキすぎる



ありがとうございましたっ!>Oさま
遊びの差し込み方がちょっとヘタなのかも、って思った。子虜の扱いとか。
2014.05
31
お江戸人情もの。←ひとまず現段階

物語がすすむにつれ、朽木の過去が明らかになってくるんだろう。
とにかく興味深い。
次巻からはさらに内容に凄みを増してくるんじゃないか?
(ちなみにBLではない。念のため)


今回はまず、単純にじんわり泣ける。

ひとの心のあたたかさに泣けるのって、いいよなぁ。
長屋の人たちのひばっちゃんに対する思いが、ことに。
安兵衛なんか、かえってこっちがびっくりだ。
でも、切なさで泣けるのは、ひばっちゃんの父への思いがいちばん。ああ、なんて切ない。
おやじめ。どこまでも反省しろやい!


あとがきに「平成生まれと女子高生はそっと諦めていきます」と著者のつぶやきがあったが。
諦めないでいきましょうや。きっと問題ない。
さあ、みんな、れっつとらいだ!



ありがとうございましたっ!>Tさま
まちがいなくあっしは細目イチオシでさぁ!!
2014.05
30
再読。
新装版で書き下ろしがあるっつーんだもん。読むっきゃないっしょ。
しかし、出版社に振り回されてるよなぁ・・・・。

で、読んだわけだけど、立ち読みですむレベルだった。<書き下ろし
めんどくさいから、四作分先に読んでしまった(これ、続き物)けど、読むほどのものでもな(以下自粛)。


さて、久しぶりに読んだのだが、設定とメインキャラ以外はほとんど忘れてるし。事件の内容なんか、まるっきり忘れてるし。←まりんちゃん事件だけなぜか覚えてる
9年ぶりかぁ。
忘れもする。

そのときのトレンドを取り入れた作品だから、いささか古くさい印象になっているのは否めない。
が、やっぱ楽しいね、これ。
ジョン太がいいわ〜。
最初に読んだときには、憂夜さん命!だったんだけど、今回はどうも・・・。これ、イラストのせいだわ。
いらんイメージを与えられたせいで、好意がどっかいってしまった。
これがあるから、イラストは善し悪しなんだよね。
2014.05
30
「弁護士探偵物語」シリーズだと思い込んでいたので、読み始めて驚いた。
そのせいかもしれないが、なかなか作品世界に入れず、読むのにえらく時間がかかってしまったよ。


法廷の裏側見せます的話。
こういうことが本当にあるなら、裁判なんかひとっつも信じられないな。
とまれ。

興味深い内容であることにはちがいない。
もうひとつリーダビリティが欲しかったとこだけど(単に私のモードが合わなかったのかもしれない)、大門作品を髣髴させるどんでーんには興奮した。予測の範疇とはいえどね。



ところで。
このミスデビューって、シリーズ三作は必要なんじゃなかったっけ?←仄聞
けっこう好きなので、「弁護士探偵物語」シリーズをぜひ書き続けてほしいっす。
2014.05
29
2集のタイトルは、「霧の中の輪舞(ロンド)」。

そうか・・・。
魁にはあんな過去が・・・・。キツイったらありゃしない。
そんでもって、あのシーンは、読んでるだけでイタイわ!!

オキナガは吸血鬼属性なのかな。
これからオキナガの謎とともに、棗殺害についてのあれこれが展開されるのだろうけど。
なんの予想もせずに、ひたすら与えられる展開を待つとする。
(実はうっすら考えていた魁の過去の出来事は、まるっきり方向がちがったのだった)


それにしても。
中間管理職のおぢさん久保園がほんっとすてき!!
実写版は、志賀廣太郎氏で決まりだなっ!



ありがとうございましたっ!>Tさま
“御気長”に座布団3枚、いや、5枚!!!
2014.05
29
シリアスキノコ光臨!

って思ったけど、基本キノコはシリアスなんだよね。
なんであらためて思ったのかと考えたんだけど。

やはりキノコが自分語りをしたからだろう。←ちなみに語ったわけではない


タケシは将来すっごくいいヤツになりそうな気がする。
なんちゅーか、冷静、だよな。冷めてるのともちょっとちがう。子どもなのに。
というか、表情が大人っぽすぎて、クリスマス会のカットで、なんで子どもじゃないのがいるんだ?って思った私。



ありがとうございましたっ!>Tさま
りんごとキノコ父のエピソードに、なんだか茫然としてしまったよ。
ありえない、と思い込んでいたらしい。
2014.05
28
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
シリーズ四作目。
再読。
(これで全部そろいましたぜ!>Mさま あとは薄い本をひっぱり出すだけ~)


本編ラストの藤村の表情が、たまらないのだっ!
さすが蓮川絵!!

それにしても、現役な教官は、さらにかっこいいなぁ。


さて、再読して思い出した。
なんでシリーズは終わったと思っていたのか。
それはこの本に収められているSSのせいだったんだよ。
というか、それ以前に、三作目で終了~って思ってたから、これも買わずにいたんだよね。借りて読んではいたけど。
で、SS。
同期会でこれからの彼らというのが暗示されてるわけで、あとはご想像におまかせしますね~って著者の意思を感じたんだけど・・・?


ま、いいや。
面白い作品なら、何冊でも読みたいので、そこんとこよろしくっ!
2014.05
28
シリーズ二作目。


もふもふ萌えしてたのに、ぺたぺた萌え(?)まで盛り込んでくるとは!
白雪が意外に可愛いでやんの。

微妙に恋愛モードになってきたような?
楊秀があんまり嫁、嫁連呼するから、こっちまでその気になっちゃったのかしらん。
いや、春蘭の気持ちがかわいらしくなってきたせいだな。仲望もちょっとかっこよかったし。
しかし、神に戻ったら恋愛どころじゃないよなぁ・・・?
とまれ。


なかなかに楽しいシリーズ。
続きが楽しみだ。



ありがとうございましたっ!>Oさま
子慮のあほのこっぷり、いとをかし。
2014.05
28
しょっぱな、登場シーンから綾辺が女性にしか見えず(女装しているわけではない)。
そのせいか、なかなか話が見えてこなかった。


脇で登場するキャラたちは、それぞれ個性豊かで楽しいんだけど、メインがどうもなぁ。
そして、本筋に芯が見えず。
ってことで、ほかの作品に比べてこれはお気に入りには入りえず。残念。



どっちかっつーと、能天気大貫くんとオタク中尾くんでかっとんだの描いてほしいなぁ。
2014.05
28
中華風ファンタジー。
シリーズ一作目。
実は番外編は、先に『飛翔』で読んでいたり・・・・。


まだまだ物語は序盤。
だって、仲望について、ほとんどなんにもわかってないもんね。
玄楽にーちゃんは、あのヒトだと思うんだけど・・・・・。
そして、あのひとはアレだよね?←これで誰かわかるのか??
いろいろ謎が謎のままなので、全五巻一気読み決定!


おじょーちゃんの口調古臭いパターン。←そんなカテゴライズあるのか? しかもなんか「じーちゃn口臭い」みたいな・・・
これがなぜかまるでダメかまるで問題なく受け入れられるかに分かれる。
今回は、少しも気にならない。が、その理由はよくわからない。物語とその他のキャラによるんだろうか? むー。
とりあえず、春蘭の素直さと謙虚さが、心地よいのにはちがいない。



ありがとうございましたっ!>Oさま
白桃が好き~。もふもふしたい~。
2014.05
27
冬斗亜紀訳。
麻々原絵里依挿画。MM小説。

続編が出たので、再読。


ほんっとストレートで楽しい。
人狼社会の設定なんかも非常に興味深い。←これについては続編のおまけで解説あり
やばいなぁ。MM小説、面白すぎる。

あ、だめなのもあったけどね。念のため。←誰に?
2014.05
26
初読み作家さん。

ええとね・・・・これは苦手だわ。
メインが苦手だと、楽しめない~~~。



ありがとうございましたっ!>Oさま
兄ちゃんドクターのキャラのほうが気になって気になって・・・。
2014.05
26
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
まだ続く。←当たり前だ。全四巻予定だもの


ほんとうに面白いなぁ。
続きが楽しみでならない。
はやく読ませてほしい。
そして。
薄い本も次回海辺で購入決定だな。
まだあるかしら。




構成(内容ではなく)が高遠琉加氏の『楽園建造計画』に似ていて、あっちも読みたくなってしまった。
すぐ出せるところにあったかしらん・・・?
2014.05
25
Category : 小説(ミステリ系)
Theme : 感想
Genre : 小説・文学
M博士の美の追求が、読んでいて怖い。
その執着というか狂気(?)、いや、妄執?を考えるだに、ラストが物足りない方向だったような。
2014.05
25
完結!

外伝などを先に読んだというどうしようもないヤツなので、ラストのへんは既読感いっぱいで。
そして、今回の一大事は、案外さらりと終わったような印象もあり。

でもま、よかったよかったの大団円。


妖怪アパート、私も住みたい。
温泉とるりるりのお料理だよ? すごすぎるよ!!
住んだら住んだで、ひと月もしないあいだに、まるぽちゃ肌つるるんのもちみたいなことになってるだろうけど。
2014.05
25
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
面白かった!!

さきいかバタ玉、食べたいよ~!
浪漫乃音を一杯やりながら、食べたいよ~!
っつか、ここの商店街に住みたい!!


天然なところもナイス。
うじうじ一人で悩みこまないのもナイス。
クソ真面目な言動が妙に可笑しいのもナイス。
全部、敦哉にもってかれたような気がする。
攻めの立場なし!←断言してやる



次にリーマン@元同僚×リーマン@煎餅屋の話が待ってそうな気がする♪
タイトルはぜひ同じ方向性でよろしく!
2014.05
25
やっと終了。
まだあと一冊出るけど。


時系列順にかっちり解説されてるサイトなんかないもんかなぁ。
私の記憶ではもうなにがなんだか・・・・。


なんか、非常にうまくまとまっての大団円になったような気がする。
そしてやはり阿良々木くんはいーちゃん的だなぁと思ったり。



もしかして、『花物語』読み返したら、すっげ楽しめたりするかな。
2014.05
25
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
再読。
これ、ずっと読み返したかったんだけど(細部忘れてて)そのままになってた。
今回、記念本で勢いがついた~。


発情シリーズ三作目。
これ、表紙が大好き♪

コッツウォルズストーンのおうちで一緒にクリスマスしたいーーー。←そこ!?


いろいろ大団円なので、しあわせになれるんだよ、これ。
(イギリスの一族はしあわせにはなれないけど。そこは無視!)
堪能。

BLファンタジーの極め付きなわけだけど、ここまでいっちゃったら、もうそれはそれで大アリですわな。
2014.05
24
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
シリーズ二作目。
イラストレーターはサマミヤアカザ氏。


ルナのキャラクタが・・・・・うへぇ。
出歯亀する神獣ってどうなのよ!!!
一位様もイメージが・・・・・ひいぃ。
こんな可愛らしく人間味あふれるひとだったとは!
とはいえど。

楽しく読ませてもらったよ。
前作とはイメージがちがって、これでいいのか?的印象はあるにせよ。
←だって、すっげコメディチックで・・・



でも。
ルナには独り身でいてもらいたいなぁ・・・・・・ぼそ。
2014.05
24
『シンデレラの夢』スピンオフ。


うーん・・・・・こいつは・・・・あかんだろ?
あまりにドーブツだ。
2014.05
24
うわ。
次巻につづく、だ!
ってことで、次が出たらいっしょに再読して、感想はそんときに。



動かないと、ミッタンってほんとイイ男♪
マッキーも爽やかでステキ~♪

ところで、その押入れ預金、私にくれへん?>てっちゃんたち
2014.05
24
新刊が出た。届いた。
ちょうど旅に出ていた若いコ(?)たちが帰ってきたところだったので、一巻より通して再読。

一回読んだだけでは、キャラクタを覚えきれず(ことに猫たち)、今回は彼らを覚えながらじっくりゆっくり読む。
そうしたら、より楽しく読めたよ♪



江戸風俗の勉強になるし、お話はほろりとするものあり、機微をいろいろ学ばせてくれるものありで、ほんとうにこれはおすすめ漫画。
すっかり年に二回のお楽しみになってしまった。
2014.05
23
しょっぱな、子羊=ラムで頬を染めるハト父さんに爆笑したのだが。

全編、ぬるーく笑ったまんまでラストまで突っ走った。
いやぁ、すごいわ!!
逆にあのぬるさでテンション高め安定ってどうなのよ。←日本語としてこれどうなのよ。
一応、注釈。
ぬるいのは著者のギャクではなく、私の、なんちゅーか、笑うに笑えない同意感というか、そんなもの。
って、さらに意味わかんなくなったかも。
ま、いっか。ここ私の覚え書きだし。


もう10巻目になるというのに、まだまだネタはつきない感じ。
おそるべし!



いちばんポイント?
それは、シッダールタ呼び!!
2014.05
23
短編集。
おもしろかった。

本書のタイトルは、短編の中の一編のタイトルを書名とするのではなく、あらためてつけられたもの(だよね)。
これが内容をほんとうによく伝えているんじゃないかと思う。
表紙イラストを断片的にカバーの返しや本文最後に入れてあるデザインも好き。


一作目の「沙羅の実」にすっかりヤラれてしまった。
切ない・・・・。
「おとなりの」をラストまで読んで。自分が性悪説の持ち主なのがよーくわかった。苦笑。
2014.05
22
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
ラストでタイトルの意味がわかって、テンション上がった。


これはひねりのないストレートな作品だったけど。
どうやらスピンオフができそうな・・・?
辻村×クルスは、思いっきりひねくれた展開になったり? 苦笑
2014.05
22
小野篁がヘンなにーさんになっとる・・・・おもしれぇ!

と、これだけ読んだらコメディかと思われてしまうな。
ちがうのだよ。
心温まる物語なのであるよ。

ひとの情がこまやかに描かれているところが、じんわりと沁みてくる作品。
かかわってくる現代のひとたちの対応が、またよい心持にさせてくれる。



ありがとうございましたっ!>Oさま
すごくほっこりした。
二巻はお持ちかしら? お借りしたいわ~。
2014.05
22
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
サスペンスものは、まだ一定レベルかも。←のっけから失礼な
ただ。
これでLOVEに至るには説得力がないんじゃないかなぁ。
いくらBLジャンルでも、無理くりヤんなくてもなぁ・・・・ぶつぶつ。


葛西リカコ氏のイラストで、切ないパートがよりいっそう切実に迫ってくるカンジ。
なので、主役はにいちゃんで決まり!