RSS
Admin
Archives

神保町の片隅で

活字中毒気味人間の読書記録です。

Counter

    

Article
Comment
Category
Link
Walk
Graph
いもこさんの読書メーター
Trackback
Archive
Click !

イーココロ!クリック募金

Search amazon

Access

Ranking
ランキング参加中。

FC2ブログランキング

Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:

Diet
ダイエット日記
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2013.04
30
シリーズ二作目。

思い入れのできるキャラがいないー。
というより、主人公が好きになれないー。
きっと完結してから読むのがいいんだな、この作品は。
2013.04
30
仲嶋クン、いいコだ!! キミたちは薔薇でいい!!

って、読んだ人ならきっと叫ぶ。



ありがとうございましたっ!>Mさま
萌え滾る先生に爆笑!
2013.04
30
Category : 小説(ミステリ系)
Theme : 感想
Genre : 小説・文学
亨が実にユニーク。
そんでもって、あのキャラクタを家族がすんなり受け止めているとこが面白い。
なにより楽しいのは、緑デニの、車ならではの感情表現。

よくこんなの思いつくなぁ。
と言いつつ、なんとなく●●作品風味?と思ったのは私だけ?
とまれ。


とても楽しく読んだ。
なにしろ、クルマたちの会話が秀逸。
それぞれの性格の異なり方とか、自家用車ならでは警察車両ならではなどの態度であるとか。
そして、細かく編まれた事件と事件の関わりその他。
すこしずつ解きほぐされていくさまが心地よい。
堪能!

亨の物語、また書いてほしいなぁ。
そこにデミが居ればさらにうれしい。



挿絵をまとめたものも出版されているとのこと。
そっちもぜひ読んで(観て?)みないと!



付記。
『オー!ファーザー』の家族が出てきたり、前作のある事件がちょっと語られたり。
あいかわらずそういうのも楽しい♪
由紀夫もでっかくなっちゃって・・・・しみぢみ。
2013.04
29
図書館のキノコ第五巻。
今回の白眉は、荒ぶるキノコ!!(そして気の毒な宮本)

キノコの謎がすこしずつ解明されようとしている。
が、以下続くっていうのはしんどいな。じりじりするーー。



しかし。
図書館のヘビーユーザーとしてはいろいろ考えさせられる。
私が求める図書館は、あるべき図書館の一面でしかないのは自覚しているので。
でも、一方面の利用だけしかしていないわけではないという自負もあり。←書き間違えてたので正した
ちょっと思考停止。



ありがとうございましたっ!>Mさま
濡れキノコもなかなかに見応えが・・・・。
2013.04
29
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
サブタイトルが意味不明・・・・・。


最近のなかではまあよかったんじゃないかと。←すっげぇ上から目線
持ち味の二時間サスペンス風味がうまくまとまったというカンジ?

リョウがいい子だと思えるので、無条件に応援したくなるような。
なので、ラストにほっこりした。
2013.04
29
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
もう二巻も店頭に出ているのだけども、まずは一巻からゆっくり味わう。

ちっとばかし黒い神主さんがもうちょっと登場しててほしかったというのはあるけれど。
ゆっくりペースで読みながら、癒しの空気にたっぷり浸ってしまった。
あいだに挟まる四コマ漫画にくすりとしつつ(線がいささか潰れた感じになってたのがもったいない。どうしても版型ちっちゃいからなぁ)、ネコヤナギさんの鳥籠を鑑賞させてもらった気分。


アタマの片隅で総ほも化にひっかかりを覚えつつも、自分の日常にはない日常を堪能。
しっかし、ナズナくんてば、なんて鈍感!



あー!
やっぱ、くろねこ屋でまったりしたーい!!←くたびれてるらしい
2013.04
29
小説作品のほうを読むにあたって、漫画を再読~。



本日なんとなくお疲れの由。
ほんわか~な本作は、非常に心地よい時間をもたらしてくれたのであった。
こんなカフェでのんびりしたいなぁ。
でも禁煙だったら行けないや・・・・。あれ? 大介ってあそこで吸ってたっけ?
2013.04
29
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
初読み作家さん。
もんのすごいボリュームにびっくりだ。(BLジャンルとしては)恐ろしい厚さだが、読み応えはある。
ただ、好みは分かれるのではないかな。
ついでにいうなら、タイトルと表4あらすじは、ニュアンスが違うと思う。いますこし適切なタイトルがあったんじゃないかしら。



メインのどの人物に寄りそうにしても、かなりヘヴィ。
そして、たいがいどの人物も読み手のキャパを超えそう。少なくとも私は。
周辺人物は、斎木自身あるいは読み手を救ってくれるので、読み通すのにしんどいわけではないが、斎木のコンプレクスに押し潰されそうな気分はどうしてもつづく。
押し潰されそうだし重苦しいのだけども、著者が吐き出したかった、なんとしてでも書きたかったという想いはひしひし伝わってくる。(そうなんじゃないかな?という想像だけど)

神成の執着、という点からいえば、本当に読むのがしんどい。
斎木が神保町に来る(詳細は伏せる。が、神保町なので強調という名の自己主張をしてみた)までは、それがつづく。が、そこからは周辺人物の個性とか斎木の環境もあってだいぶ読むのが軽くなる。そこからはラストまで突っ走れるので、波乱はつづくものの、読後感がいい。こんだけしんどいのに、読後の印象は悪くないってのはめずらしい。でも再読しろといわれたら、前半はすっとばすな。苦笑。

おすすめかと聞かれたら答えるのはむずかしい。
でも、絵具がこぼれるような読後感はよかったと断言できる。あ、でも、これ後日談の「Restart」の印象かしらん? だったらごめん。←だれにかわからないけど謝っておく



重苦しいなか、添田がすっごいいいヤツで、一服の清涼剤だった。ほぅ。斎木の同級生も、だ。忘れちゃいかんいかん。
2013.04
29
Category : 小説(その他)
Theme : 感想
Genre : 小説・文学
うーん・・・。
面白くなかったわけじゃないんだけど。

あれこれ疑問が残ってしまう。
主人公の悔恨の原因が派生した原因とか。
なんでラストはああいう展開になるのかとか。フィクションですよ、といわれたらそれまでなんだけど。



ちょこっとずつ違和感があって、その分説得力に欠けているのかなぁと思いつつ読了。
でも、とりあえず次の作品も出たら読んではみる。
2013.04
29
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
前作と並べて表紙を眺めると、よい風情。


もちろん(をい!)三津目当て。
だからといって、三津に彼氏ができる展開はちょっとなぁ・・・と思うので、できればここでシリーズ終えてほしい。

タイトルは、きっと三津のことだよね。
ほろりと切ない三津の想いが、じわんとくる。
・・・・って・・・・ほんとに三津のことしか見てないな。苦笑。
2013.04
29
Category : 小説(その他)
Theme : 感想
Genre : 小説・文学
表紙イラストのバスタブの足がおもしろい~。
それはともかく。

当然、有栖川セレクトだから手に取った次第。

収められているのは以下の作品たち。
 「浮世風呂」式亭三馬著
 「柳湯の事件」谷崎潤一郎著
 「泥濘」梶井基次郎著
 「電気風呂の怪死事件」海野十三著
 「玄関風呂」尾崎一雄著
 「美少女」太宰治著
 「エロチック街道」筒井康隆著
 「ああ世は夢かサウナの汗か」辻真先著
 「秘湯中の秘湯」清水義範著
 「水に眠る」北村薫著
 「花も嵐も春のうち」長野まゆみ著
 「旅をあきらめた友と、その母への手紙」原田マハ著


楽しいアンソロジーだった。
テーマをお風呂にって、よく思いついたなって思ったわ。
出版順に収められているので、時代の流れなども感じられて、より楽しかった。
最後に作品紹介をかねた有栖川先生のコメントがあるのだけど、これがまた楽しい。
先に一読して、作品集を読んで、再読。読後はほんとにゆったりな気分だった。


既読だったのは「泥濘」のみ。ラストなんか忘れてたけど。わはは。
「玄関風呂」がとぼけてていい味。
海野氏ってば徳島の出身だったのね。知らなかった~。

個人的には長野氏の作品のつづきが気になる。
ので、読んでみようっと。
2013.04
28
相貌失認についてちょっと調べたときに紹介されていた作品。

福山ミステリー文学新人賞第1回受賞作。
いかにも御大の好きそうな・・・・。←これは勝手な印象デス


出だしで犯人がみえてしまうところが残念だったのだが、それでも最後まで面白く読んだ。しっかり頭の中を整理しないと途中でこんがらがってしまうのは、私の記憶力低下のせいとして。こほん。
なぜ憎んだか、なぜ殺したか、このへんがよくわからなかったのが残念。
だからといって謎解きが楽しめなかったわけではないけれど。
ちと構造が複雑だったねい。



次の作品ももう出ているようなので、読んでみよう。
今度は日本が舞台のようす。どんな作品かな。
2013.04
28
再読。
シリーズは三巻で完結。
だがしかし。

角の物語が読みたいのだーーーーー!!!

どっかで描かれていたりするんだろうか?
同人誌は一冊持ってるんだけど、角のお話じゃないし。


主人公たちよりも角が残るというのは、彼らの後ろに彼(角)の哀しさが通底しているからじゃないかなと思う。私の思い入れかもしれないけど。
もちろん、物語としては、弓がよくぞここまで成長して・・・的感動もある。周囲がちゃんと見えるようになるって、ほんと成長だよな。しかして敏は・・・・げほがほ。
ともかく!
これは三冊いっぺんに読んでこそぐっとくるので、そのへん、お気をつけて~。←だれに?
2013.04
28
カナ子熱に罹って、再読。
三巻完結ものなので、↑でまとめて。
2013.04
27
カナ子熱に罹って、再読。
これも三巻完結ものなので、感想はまとめて。
2013.04
27
感想はまとめて、と書いたのだけども。

言葉にできない!!



すげぇ作品なのよ、これ。
あえてBLにしなかったのだけども、王とリーの関係がたまらなく切ない。
そして、この長さで、登場人物すべての真情がしっかり描かれているなんて、なんだかもう奇跡のよう。
ほんとうに名作。
読むべし!!


一巻のラストがいにゃ~~ん!!!だったので、続きを読むかどうか迷っていたのだけど、読んでよかった。
あのままの評価でおいといたら、あかんで!>自分って過去に戻って叫んだわ。



ラベルの使役が可愛らしくて、心が温まる。
王はほんとうにほんとうにほんとうに切ないのだけども・・・・・っ!
2013.04
27
感想は↑にて。
2013.04
27
再読。

完結まで待とうと決めて、完結編が出たのになんとなく手が出ず、先日やっと購入。
三巻通して一気読み。
ので、感想はまとめて。
2013.04
27
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
完結と銘打たなくてもいいんじゃないか、とも思ってしまうが。
そこはそれ。
あとがきにもあるように、くさびがなくなって書きやすくもなったんだろうね。面白さが戻ってきた!
長年のファンとしてはもっともっとエピソードを読みたいし、本作くらいのエネルギーがあるのなら、外伝大歓迎!!


悠季が逞しくなったわ。しみぢみ。
あのぐずぐず悠季がどうにもイヤで、シリーズ愛も途中から薄れがちだったんだけど、こういう悠季なら、もっと来い!だわ。
悠季に鼻づらを振り回される圭の姿が気持ちいいったら。←最近圭がぐずぐずしてるのでこっちに御腹立ち

どうしてもラビリンスを探してしまう圭には笑ってしまうけど、ラストの涙にはちょっと感動してしまった。


まだまだ外伝を所望するものなり!

今度はCD制作騒動とか、イガちゃん視点とか。
えーい。なんでもいーや!



しかし、第三部以降あたりからいろいろ忘れてることがあるような。
GW後半使って再読しようかな。
ほかにも読むものはいっぱいだから、やめといたほうがいいのかな。
2013.04
27
千春がコワイ・・・。


シリーズだから全部読むけど、この二人というか、千春だけは苦手だなぁ。
次はカオルたちがいいなぁ。
2013.04
27
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
『ずるい男の落とし方』の石井とひと悶着あった美人さんの話が読みたくて。
作品群を遡っている私。
というか、椎崎川を遡上するサカナ。


途中まで、なんで作者は石井にしあわせを与えてやったんだ!?と憤慨していたのだけども、最終的には納得。遡上するとこういうリアクションになる。
話の流れは、基本の椎崎パターンとでもいうか、変わり映えはしない。
けど、本作は切なさ加減がほどよくて、じりっとかいらっとかはしないで済む。←ときどきじれすぎていらっとする。

笠原も馨も好きだなぁ。
バーのレディたちもすてき♪




さて、もうさすがに遡上するところはないよね?
2013.04
27
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
なんとなくしっくりこない。そんな気分で読了。
傲慢ヒューが嫌いなわけでなし(その言動にいらっとはしても)、うぶい凛も嫌いなわけでなし。
舞台立てがぴんとこないのか。

ヒュー妹は好き♪←出たよ、脇好き
2013.04
27
タイトルのお兄さんが、ビッチなんだけど、本気のときには純情って、なんかみょうにかわいい。
表題作はかわいらしい恋バナだったな~。


同時収載の短編は、意気込みは評価するけど、絵柄が合わないのと、いささか消化不良で、もったいないと思った。



ありがとうございましたっ!>shさま
連載初回を読んでいたんだわ、これ。読ませてもらって儲けた!
2013.04
27
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
実は読むのをぐずぐずと迷っていた。
なぜなら。
来月に出る二冊目(完結編)とあわせて続けて読んだほうが絶対にいい、と思ったから。
でも、読んじゃった~。負け。



感想は完結してから。

あ、でもひとつだけ。
石原理氏挿絵が麻々原絵里依のものになるのに抵抗があったのだが、いざそうなると、それはそれでイメージにうまく嵌っているように感じた。
ま、お二人とも私のごひいきさんだというのもあるか。

あ、そだ、もひとつ。
榛原って『HOME』に登場したあの榛原さんだったんだねー。
てことは、あそこで言及している弁護士さんはあのひとか。
(そして、『HOME』はどこへ行った?? 再読したいんだが見当たらない~。旅に出てるっけか?)
2013.04
27
なんだか内容を忘れているようなので、前巻から再読、


恭之助の成長がトロすぎる。
なにより、歌舞伎好きとしては、あの取り組み方で舞台にあがってもらっては困る!!と思うのである。

やっぱ終わってから一気読みすることにしようかなぁ。
なんか買うのも萎えてしまう。
一弥は大好きなんだけどなー。シモがゆるくてもなんか憎めないんだけどな~。
2013.04
26
『妖アパ』の一色さんの従兄弟が登場するってんで、こちらも読むことに。

完結してるのかと思って一気読みしたのに、まだ続く、なのだそうだ。
五巻のラストでがっくりしたわ・・。



こちらの一色さんはファミリーで登場。ぱぱりんは武闘派なのにおねぇ言葉。
むすこっちの雅弥は美形設定で、ちょー好み。
なんだけどー。

なんとなく、風呂敷広げ過ぎてつまらなくなったんじゃないかって思う。
二巻以降、龍神の成長が目に見えなくなったというのも興を殺いだ原因かも。
あと、五巻はほとんど“しまりんご”(あえてこの表記にする)のエピソードって感じで、あまり気分がよろしくない。これは私自身の思い入れが強いせいだろうけど。
とにかく。
すんなり入ってこない。
なんか鼻につく。
説教臭い。
基本、著者の作品はそうなのだけど、なんでこれだけはいらっとするのかな。
2013.04
25
シリーズ二作目。


95%がいや~んな感じ。
出てくる人間みんなが、いらっとさせてくれるんだ。
けど、ラストだけはほっとできる。

内容からこの先まだ続くシリーズなのは間違いないけど(ちなみに三作目は来月発売)、これ耐えられるかなぁ。
この著者とは相性悪いのはよーくわかってるんだけど、興味をひく題材だから、なんとなく読んでいるわけで、いっそもう読まないって決めてしまえば楽なんだよね。
なんで手を出してしまうかなぁ。自分で自分がわからん。
2013.04
24
全二巻。
完結してしまった。ちぇ。


波津彬子的世界を堪能。


なんかこれ以上思い浮かばないぞーう。
上質なストーリーに、美麗な絵。
上品に仕上がった作品に、思わずうっとりするのは私だけじゃないよな。
2013.04
24
Category : 小説(その他)
Theme : 感想
Genre : 小説・文学
『全裸男と柴犬男』を読む前に、なにやらいろいろクロスオーバーしているという香月ワールドをもうちょい知っておこうと、まずはこちらを読むことに。
情報ありがとー!>Tさま


さすがに児童書。
朝の電車中とランチあとのコーヒータイムで読了。あっというま~~。
情報どおり、顔見知り(?)に出会った。

おや、古本屋さん!!
師匠の修繕屋さんは、『大江戸妖怪かわら版』に登場するらしいですな。もう一人の鬼火だそうな。こっちはまだ文庫になってないので読んでない。もういっそ理論社ので読むか。
てな脱線はさておき。


直之のまっすぐな逞しさに心打たれる作品。
香月作品は、ストレートなとこがいいなぁ。子供向けってのもあるだろうけど、そのわかりやすさは、くたびれた大人にちょうどいい。
2013.04
23
Category : 小説(ミステリ系)
Theme : 感想
Genre : 小説・文学
まよパンシリーズ三作目。←シリーズ略称にも慣れたらしい
次で終わるのかな?


なるほど納得!なタイトルだった。
というか、アタマのミスリーディングがなんともニクい感じ。
一冊を通して謎があって、それが小気味よく描かれていて、これまでのなかではいちばん面白かった。
それにしても、弘基も希実も変わってきたね。


Dr.美作がすっげぇ好き。
(多分前作も出てるんだろうけど、それはすっかり忘れてしまっているらしい。とっほほ)
そんでもって、ヘンタイが本当にヘンタイじゃなくなっちゃって、淋しい。
そういえば、この作品、ドラマになるらしい。
六角精児氏@ヘンタオ斑目だけは、たいへん興味がある!


それにしても残る黒いコックコートの謎。←しつこい



蛇足。
卵にオリーブ入れるフィリングにチャレンジしたい♪