RSS
Admin
Archives

神保町の片隅で

活字中毒気味人間の読書記録です。

Counter

    

Article
Comment
Category
Link
Walk
Graph
いもこさんの読書メーター
Trackback
Archive
Click !

イーココロ!クリック募金

Search amazon

Access

Ranking
ランキング参加中。

FC2ブログランキング

Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:

Diet
ダイエット日記
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2012.10
31
Category : 小説(ミステリ系)
Theme : 感想
Genre : 小説・文学
目で読む百物語。

特に怪談に思い入れがあるわけでなく。
著者に思い入れがあるわけでもなく。
でも、著者の新刊だというので手に取るくらいは興味があって。


淡々と描かれるのが、よい。
煽るでなく、たんに綴られているというスタイルだからこそ、ぞくぞく感があるのかも。
という私は・・・・すんません。そんなに怖くは感じなかった・・・・。



どうやら『残穢』にこちらのなにかが結実されているらしい。
そのうちに読んでみよう。
2012.10
31
もっとおっさんを書いてくれ!!←著者あとがきに向けて叫ぶ


そんなことはさておき。

メサイアのクライマックスへの駆け上り方ったら!!

息がつけないほどだったよ。はふー。
正直、読み始めは前作のほうがよいなぁと思っていたのだけども、話が後半にいくにつれ(つまり、響介マターの核心に迫るにつれ)どんどん引き込まれ、前のめりになって読んでいる自分がいた。

やっぱりライトノベルとしての出版はもったいないんじゃないか、これ。
というか、このシリーズ二作。


「ラ・カンパネラ」聴きたいなぁ。
調べたら千住真理子さんのが図書館にあったので、借りてみる。
どうせなら「マイスタージンガー」も探してみるか。おお、小澤征爾のベスト盤がある。これにしよう。



蛇足。
前作から気になってはいたんだけども。七緒の駐車違反について。
申請すれば、どこでも駐車可能(制限はあると思う。常識的に判断して。←ごめん。ちゃんと調べないで書いてる)じゃないか? 知り合いがカードを車両に置いていたと記憶するんだけども。
2012.10
31
直近の過去作よりはまだよかったケド・・・。


おとぎ話と割り切って読むというスタンスが必要なわけだけど、でも、そもそもBL自体がおとぎ話で、そのなかにいかにもってなシチュエーションを求めてしまう読み手なもんで、ちょっと苦しい。ことに「ホワイトスワン」が。キャラとしては好みなんだけどねぇ。

表題作は、ニコがいじらしかったのと亮平の裏(?)設定がうまくはまってたので、まあまあ楽しく読めた。
「風の庭」のオチは不要だったよな。笑えたけど。



もうさすがに買うの控えようかな。さみしい。
2012.10
31
友人が著者の大ファンなので、なんとなく私も読んでいる。
もちろん、面白いと思うから読むんだけどね。


著者の作品集にしてはえりょが多いの・・・・つらいの・・・・。
編集サイドの意向なのだろうけども、もっと若の話が読みたかったな~。
2012.10
29
ごっつ好き!!


カジノオーナー×組長息子かと思ったら!

そんなびっくりもあるけども、何よりどの作品も背筋がぞくぞくするんだな~。
さすがだよ! 石原作品! かっこいいよ!!!


あのね。
ちみちみ感想書きたくない。
短編集のようなものだから(表題作だけちょこっと連作&描き下ろしあり)、いろいろなお味を楽しめまっせ。

ぜひ、読んでください♪
2012.10
28
シリーズ15作目。
これで一区切り、なのだそうだ。

怪盗さんの登場がいささか唐突だったけど。苦笑。サービス、なんだろうね。


15冊読み通して感じたのは、登場人物たちの成長。
目につくのは、低年齢二人だけども、みんなそれぞれが少しずつ変わっているのがよい。考えてみりゃ、とんでもない経験積んでるんだもんね。むべなるかな。
そして、主役は実はトーヤだったのでは?というような気も・・・・。


ところで、先輩はあのまんま? ほったらかし?
大人の恋愛事情はほったらかしでもいいけど(勝手にしてくれ的な)、先輩とアルヴィンは人生が変わってしまったわけだから、そこのところはもう少し読みたいよーう。



ありがとうございましたっ!>Oさま
小冊子まで読めてうれしい! 漫画がことに楽しかった~~♪
2012.10
28
シリーズ14作目。
やっとロンドラへ戻ってきた。

探偵エドワードを素直に楽しんだ。
オカルトではあるにせよ、ベーシックな感じというか、最初に立ち戻った感があって、そこが好きな私としては、とても楽しかったよ。



ありがとうございましたっ!>Oさま
やっぱり可哀想なメに遭うロジャーにほろり。
2012.10
28
ひさびさのガリレオシリーズ。
今回は短編集。

ひさびさだと思ったら、次ももう出てるんだもんな。どうした!?


湯川センセイ、まるくなったなぁ。
どれもさくさく読めて面白いんだけど、なんか毒がないゾ!
毒というとちょっと違うか。でも、湯川センセイの感情のない感じが短編集での面白味だったように記憶してるんだけど。たんなる記憶違いかしらん。←思い入れがないのがまるわかり

「演技(えんじ)る」は面白かったな。
でも、ほかは、ガリレオシリーズらしさ(とこちらが勝手に思っている)がうすれているような。

湯川センセイの変節については、テレビの影響・・・あるのかな、やっぱ。
2012.10
28
シリーズ三作目。
ユーリがひどく人間くさくて、その心になんかこうぐわんとやられた感じ。←日本語になってねぇ!

前作でのライザの半生にもかなりクるものがあったのだが、本作のユーリのそれもまたしかり。
読み応えはバツグン。
すごいシリーズになったもんだ。
おしえてくれてありがとうございました。>Tさま



閖上がえらいことになって・・・・と思ったら、それもまた非常に心を揺さぶる舞台となっていて、なんというか、いちいちニクイ。
緻密に組み上げられていて、へたするとやりすぎかと思うくらいなんだけれども、非常にバランスよくスペクタクルに収まっている。うーん。なんかこれも日本語になってないなぁ。
とにかく。
このシリーズ、近未来ものは絶対いや!という人以外は読むべきよ!
2012.10
27
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
再読。
まさかこんな早期に再読することになるとは。

それもこれもフリッツのせいさ~。
というわけで、フリッツ登場シーンはひじょうに堪能。
「その程度」発言に笑わせてもらったさ。



あらためて読んでも、やっぱり、最初の口を割らせるのに体にきくっていう流れが納得できない。
ありがちパターンとはいえ、やっぱりもうすこし説得力のある展開を望みたいというのは我儘?
2012.10
27
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
『オールトの雲』スピンオフ。
もっかいあっちも読みたくなった。その後の彼らをこの作品で読んだわけで、その彼らの話をいま読むと、どんな感想をいだくかな。


一穂作品は、綴られることばがよいのだなぁと再認識。


恒の、もちろん友情からの、だけど、こどもっぽい嫉妬にちょっと笑ってしまった。
2012.10
27
新訳というのだそうな。信者(?)のあいだでは。


初出のほうであんまりよい評判を聞かなかったので(私の周辺では)読むのを控えていたのだが、こちらは比較的読みやすくなっているとのことで、ついに手を出してしまった。

改稿のためもあるだろうし、最近の作品を読んでいてまほろワールドに馴染んだせいでもあるからだろうけど。
言われるほど読みにくくはなかった。
本文を読んでいるのかルビを読んでいるのかあんまり自覚していないけどね。苦笑。

ファンタジー展開になるとは思わず、びっくりした。
けどまぁ・・・・それなりに楽しんだかな。作品世界は。
2012.10
26
ノベルスになったので再読。

ミステリーランドというレーベルで出た以上、ほかの形では出してほしくなかったのが本音。
でも、出たならば読む。
しょうがないよね。ファンだもの。
けれど。


この作品は、子供たちに対して、ミステリって面白いんだよ、っていうメッセージが詰まったミステリーランドというレーベルの、それこそ装幀ごと編集者の夢を形にしたものだと思っているから、この形では100%楽しめなかった。
もちろん、私の勝手な思い入れだけど。
2012.10
25
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
設定としては、某茅島氏に似たものがあるが。

なぜ、養子をあんなふうに育てたのか、そこにひっかかってしまった。
設定として養子である必要性もいまひとつ感じられなかったし。
世間知らずの雛がいきなり会社運営はできないだろうし、明確なかたき役以外はみんないいひとすぎて。
槇村の存在もなんだか中途半端で。
いちいちひっかかってしまって、作品を楽しむところにたどりつけず。
雛・玲也の魅力も伝わってこず。
久遠の正体というのも唐突で。というか、最初のままの、ほんとにそれだけの男だったらまた違った気も・・・。

うー、いかん、
なんか否定的なことばかり書いてるな。ごめんなさい。


インプリンティングされた雛を、茅島氏と比べてしまうからいけないんだよな、きっと。
あっちは世間を知らないわけではない性格的雲上人なのだもの。
そして、久遠の設定も、庭師とは違うからこそあの物語なのだし。

といいつつも、もしあの作品が茅島氏の語りでつづられていたとしたら、どんな印象になるんだろうとか思ったり。



ありがとうございましたっ!>Mさま
浮世離れ的人物ならば、『執事の特権』の乙矢のほうがより受け入れやすいかな。
2012.10
25
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
ガラがよくわからないまんま終了。
脇カプが興味をひきすぎて、焦点がぼけてしまった典型例かも。

硬い文体はそれなりに興味深かったのだけども。
2012.10
25
八雲と助六篇はまだまだつづく。
与太がいないのはさみしいけれど、まずはこの師匠の話を存分に味わわねばね。

二人の表情をみているだけで、コマを読まなくてもセリフがわかるというか。
絵がすごく語っていると思う。


・・・・菊比古は罪作りだねぃ。本人も苦しいのだろうけども。



次は来年夏かぁ。
待ち遠しいのう。
次巻は手ぬぐいつきの特装版を買ってしまいそうだ・・・・。
2012.10
25
Category : 小説(その他)
Theme : 感想
Genre : 小説・文学
文庫になったので再読。
もしかしたら映画を観に行くかもしれないので復習もかねて。



この作品、大好き。
すごい設定だと思う。

で、だれか私と話して~。
「御園」と「嵐」について、解釈がうまくできないのよ~。
はじめて読んだときには、使者(ツナグ)にばかり気を取られていたのだけども、今回こちらが腑に落ちなくて。語り合ってみたいのデス。
2012.10
24
トーニャの造形が秀逸!
ちゃんと男性にもみえるんだもの。

まだまだ先は長い。
続きを楽しみに待つ。


原作者のおまけSSがまた楽しかった。ディック、きみは妙なところでおこちゃまかい?
2012.10
24
全二巻。
新装版ですよー。
買っちゃいましたよーだ。
・・・・・・あーあ。


あらためて確認してびっくりだ。もう10年以上も前のコミックスになるんだな。
絵が変わっていて驚くのもむべなるかな。←かなり違和感あったらしい<自分

でも、物語のよさは不滅!
仕事と恋愛ともにいっしょに、って、最高だよな♪

描き下ろしもやっぱり楽しくって、まあ後悔はしない。でも、旧版のカバーのほうが好きなので、カバーだけひっぺがして、ダブルカバーにしとくかと画策はしてる。
2012.10
24
なんだかんだで結局買ってしまう梅松作品。


表題作は、当て馬野郎がひどいので、ちょっとこっちの沸点が低くなってしまうのだけど。
武田のまっすぐなカンジが好き。


なにより。
「Ching-a-ling Ching-a-ling」の連作が楽しい。
圭介の元カレに対するしかめっ面がとってもよいのだ。笑える。
圭介可愛い!と思いながら読んでいたのだけど、滋もまけずに可愛い。
また描きたい二人だとあとがきにあったけど、こっちもまた会いたいよ。ぜひ描いてほしいな。
2012.10
22
Category : 小説(その他)
Theme : 感想
Genre : 小説・文学
連作集。
一編目を発表誌にて読んでいたので、どういうふうに展開されるのかしらと興味津津で読む。


物語が力を与えてくれる。
そんな感じ。

すてきな作品だった。
2012.10
22
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
肩凝りが異様にすさまじい昨今、鮫島トレーナーにいろいろ指導を仰ぎたい。うう・・・。


同い年。
同級生。
どっちもきちんと男。
こうなれば、楽しくないわけがない。
小山田あみ氏の挿絵も最高だし。

恋に落ちてのはじまりでもなけりゃ、単純にカラダから始まるでもなし。
はじめにあるのは友情。
しかも、はじまりは取引の代償。でも友情は消えず。

おもしろい設定だった。
こういう話だと、実は少なくとも二人のうちどっちかは恋心があったんだよって流れになるんだけど、それがないっていうところが興味深い。
最終的に甘いのがちょっと違和感あるほど。おもしろいわ。
2012.10
22
シリーズ13作目。
まだチーノ。
このエピソードはなくてもよかったんじゃないのかなぁと思いつつ。

そもそもの原因のにーちゃんがすかーん!
なので、助けるエドワードたちにも感情がついていかーん。


そんななか、私の中ではプライスのお株がどこまでも上昇中なりよ。



ありがとうございましたっ!>Oさま
カノいらねぇ、と思ってしまう私をゆるして!!
2012.10
21
シリーズ12作目。
まだまだチーノからは帰れないらしい。

今回はエドワードの探偵活動がみられて楽しかった。
殿様(どうにも殿様と呼んでしまうよ。国主なんだけども)は相変わらず存在感大!
ちょびっとカノが苦手なのは、ナイショの方向で。



ありがとうございましたっ!>Oさま
アルヴィンがぱぱのように・・・・・楽しい♪
2012.10
21
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
同人誌を読んだらこっちも読みたくなって。
シリーズ全部読みたくなったのだけど、際限がないのでこちらだけにした。


といっても。
再読の目的はメインの二人ではなく、北嶋の言動だったりする。
なんかクセになるんだよね、こいつ。
そばにいたらヤだけど、ちょっと離れてみるには、本当に可笑しい人物かと思われ。

といいつつ。
結果やっぱり、ちらっとしか出てこない佑季ちゃんと滝乃のシーンがいちばんうれしかったり。
2012.10
21
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
メインの二人よりも、ほかに気になる人がいっぱいで。
オーナーとかオーナーとかオーナーとか・・・・←ひとりやんけ!?


漫画からのスタートで、こういうのがコラボの楽しいところなんだな~と実感。
でも、全編漫画で読みたくなったってのはナイショにしておこう。←をい!

佐伯弟のお辞儀のシーンがなんとも印象的だった。
って、恋愛マターは~~~?


あとがきが興味深かった。
ほんとにそんな感覚をお持ちなんですか?>編集部のどなたか
どんなふうに感じるものなのか、ちょっとお話うかがいたいわ~。



ありがとうございましたっ!>Shさま
いまこそ、先行二作を読み返しておくべきかなと思うわ。だいぶ印象変わるんじゃないかな。
2012.10
21
Category : 小説(その他)
Theme : 感想
Genre : 小説・文学
わー。
最後に『ナモナキラクエン』のサンたちが出てきた~。たのし~。


妹まどかのパートは宮下氏担当。
兄ユイチのパートは小路氏担当。
なのに、違和感覚えず。すごいなぁ。
宮下氏の作品を読んだことがないのでなんとも判断つかないのだが、小路作品として読んだとしても違和感がない。お二人の書くものって、似た雰囲気なのかしら?

ツイッターきっかけでスタートしたというこの共作。
こんな楽しい結果があるなら、ツイッターもわるくない。なんてね。


あったかくて強くて優しい家庭の話。
ほっこりする。



これはフィクションだってわかっていつつ、どうしても叫びたい。
ので、叫んどく。

デビュー前から私はユイチのファンである。
きっとヤツはビッグになる!!
2012.10
21
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
いっそ遥が完全に壊れてしまってもよかったんじゃあ?
それだと商業ではOKでないのかしらん。

こう書くとなんだけど・・・・ぬるいという印象拭えず。
いや、そういうアイタタは苦手なんだけどね。
2012.10
21
新聞の書評に、たしか“怪作であり快作である”と書かれていた。
たしかにそのとおりかと思う。
こんなの書けるの、キングしかいないと思うよ。
ただ。

このところの島田作品には、わりにこういう展開があって、正直に書くと、新鮮味に欠ける。
(すんません、勝手な読者で)
そんで、パンプキンのところでの説得力が弱いと思うのは私だけ?
そんでもって。


重力論文が興味深く、トンデモ本などで紹介されているエピソードなどを楽しく読んでしまったというのは・・・・果たして読者として正しいんだろうか。うむー。
2012.10
20
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
作品の質がすごく高いと感じた。
言葉の選び方とか、文章の構成とか。
とても面白かった。
『トイチの男』(玄上八絹著)のなかに、「人」じゃなくて「H」、という表現があるのだけども、この二人は、正しく「H」であってほしいなと思う。←二人で立っている姿を想像してくださいな


シリーズ三作目。
危惧していたように、緒ヶ瀬父の事件までは到達していない。
どこかでこのつづきをぜひ書いていただきたいものなのだが、可能となるだろうか。今回非常にレベルの高さを感じたので、余計にそう願う。



いつまでも愚痴ってもしゃあないんだけども。
シリーズが断絶されるようなレーベルの休廃刊は、たとえそれが結果的にどうしようもなかったことだとしても、避けてほしい。ほんとに。