RSS
Admin
Archives

神保町の片隅で

活字中毒気味人間の読書記録です。

Counter

    

Article
Comment
Category
Link
Walk
Graph
いもこさんの読書メーター
Trackback
Archive
Click !

イーココロ!クリック募金

Search amazon

Access

Ranking
ランキング参加中。

FC2ブログランキング

Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:

Diet
ダイエット日記
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2012.09
30
一日三冊くらいの勢いで読んでる感じ。

シリーズ三作目。
どんどん登場人物が増えていく。大丈夫かいな。
でも、今回初登場のアルヴィンは、めちゃ好み!


プライスの過去が描かれて、さらに好感度アップ。
よい仲間になってきた。
そして先輩は・・・・・・先がさらに興味深い。



ありがとうございましたっ!>Oさま
アルヴィンをみると河合さんを思い出すのだけども・・・・私だけ?
2012.09
30
シリーズ二作目。

やりすぎシーヴァがさらにパワーアップしてるよ・・・。
プライスが前作よりも好感度アップで、より面白くなってきた。
それにしても気になるのは先輩。
このあとどう転んでいくのか。



ありがとうございましたっ!>Oさま
エドワードたちのアパートで、賄いを食べたいずら。
2012.09
30
やっと読み始めた。
いま15作目まで出ているのかな?


中学生くらい向けという感覚かな。
楽しく読めることを前提にして書かれているような印象。
もちろん、おばちゃんも楽しく読めた。

シーヴァはやりすぎな感もあるけど、守り役ってこんなもんなんだろうね。
さすがに世界観を構築するのは上手い。
アングレはたしか『作る少年、食う男』のシリーズの舞台だよね?
『若き検死官の肖像』もそうだったような・・・?
読み比べてみると、さらに興味深いかも。



ありがとうございましたっ!>Oさま
これから怒涛のように読むつもり~。
2012.09
30
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
新装版で再読。

まず謝っておく。
お初登場シーンをすっかり忘れ果てていてごめんなさい!>執行さん
でも、シリーズ登場人物のなかでは、もしかしたらいちばん好きなのかもよ?←説得力なし


やっとこさ〜な二人に、気分はやれやれ。
でも、だからといって、人様のクルーズボートでそれはイケナイと思うの。お家に帰るまで待ちましょ。←いまさら



三作目は来月刊行。
さて、この先に地雷が待っているのがわかっているシリーズ。地雷部分はちゃんと再読できるのか、自分でも自信がない。が、まあ、そんなときは、同人誌を読むとしよう。ジーンもいるし。

・・・あれ? ジーンたちとひっくるめて、あいつら旅に出てるんだっけか?
2012.09
30
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
新装版。
新章(?)が文庫で出たからそちらでそろえようと思っていたのに、よもやのノベルス新装になりかわるとは・・・。そのまま新作も出ず、ほったらかしにされるよりはマシだけど。


もう何度か読んでいるからこそ楽しめる、という部分がたくさんあって。
ことに、柳係長のシーンは涎流しながら・・・・←かなり読み方がオカシイ

しっかし、本気で不器用だな!!!<遥さん
似た者夫婦という言葉があるが、BL界においては彼らにこそふさわしい。



ついでに書いておく。
せっかくの新装版なんだから、誤字は正そう!
(と書いたものの、二作目と立て続けに読んだので、どっちにあったか記憶が・・・・こっちじゃなかったらごめん。でもあったのは間違いない。どこまでもついてくる誤字は、ちょっと切ないわ)
2012.09
30
Category : 小説(ミステリ系)
Theme : 感想
Genre : 小説・文学
どこかにも書かれていたが。

不安定さが根底にある乾作品は、焦燥感や無力感があおられて、読んでいる間、こちらも不安定になる。
でも、きっとそこが魅力。


記憶と夢の、どこまでも現(うつつ)じゃないところをさまよっているようで、到達地点がみわたせないままラストまで。非常に興味深い作品だった。
けど。
彼が、あの彼だというのが弱いんじゃあないか?
あそこまでなるか?という疑問が残ったのが惜しい。
2012.09
30
脇のひとたちが魅力的だったわ。
三線の師匠。
ガムランのマスター。
リコーダーの少年。
主人公の母。
そして、英治。

肝心の主人公は・・・・ちょっと幼さ爆裂で、感情移入できず。10代にしか思えない感じ。
奏恵にもいまひとつなんかちょっと・・・・。


この作品、何よりお父さんのピアノを本当に聴いてみたいと想わせられた。



ありがとうございましたっ!>Oさま
表紙がキレイで繊細で、うっとりしちゃいますねぇ。
2012.09
30
さて、どうしてくれよう、このバカ。
と、主人公の性格について思ったのが、なかなか消えてくれなくて、往生。

とはいえ。
わかりやすく、ちゃんと目覚めていく物語でもあるので、心にくるいろいろなエピソードとともに、読後感はよし。
あほなおっさんらは、能ある鷹は爪を隠す的にすてき♪



ありがとうございましたっ!>Oさま
ヒロの不器用さはなかなか貴重だねぃ。
2012.09
30
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
そして、あらためて叫ぶ。

やっぱ、コバと時田、最高!!!


『大人同士』2。続編登場。
うれしい♪

前作よりすこし月日のたった二人を、新藤まゆり氏の表紙が見事に表現している。
重ねた時が、時田をより落ち着いた風貌にしたんだなぁと実感。
仕事人として脂ののった二人の軋轢を含めたあれこれが描かれているわけだが、プライベートの充実と経験を積み重ねた仕事っぷりが相乗効果となってあらわれて、二人ともが男性としての魅力にあふれている。
まっこと羨ましい限り。理想~。


ラストの会議でのコバのことばには、じんとしてしまったよ。


オンリーワンをみつけた人間の物語として、もうこれは家宝!! ←そんな大袈裟な
2012.09
30
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
続編が出たので、嬉々として再読しようとしたら、買っていなかったことに思い当たった。
で、慌てて購入。
再読。


やっぱ、コバと時田、最高!!!


冷静なようで、実は熱い男なコバ。
拗ねたような部分をもちつつ、だからこそ、しっかり前を向いている時田。
コバファンなだけに、そんなしっかりもんの時田がコバについていてくれるのがうれしい!!
あー、好きだわ~~。


蛇足。
大慌てで購入したのはよいのだけども、翌日フェアの既刊本フェアがあることに気づく。
うっぎゃああああああ!!!!!

そうだ。
なんかのフェアのときに買おうと思ってたんだった。ばかかよ・・・・>自分
2012.09
30
新シリーズらしい。
盗犯係のお話。

手堅い、という印象。
警察小説を書かせたら、という枕詞は、もうすっかり定着したな。
ただ。
若干、ワンパターンのきらいがあり。そこがちょっと・・・。でも、面白いのだけどね。



今回、部下(じゃなくて同僚、相棒か)に若い女性が配置されている。その秋穂のキャラが自分の気に入るかどうかどきどきしながら読んだのだけど、問題なかった。ほっとした。ときどき女性キャラの性格だけで読めなくなるのがあるから。

うれしかったのは、田端捜査一課課長。
場を引き締めてくれる存在感は、どのシリーズにいてもいっしょだな。

2012.09
29
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
ヘタレ社長物語。

それはそれで可愛らしいんだけどね。苦笑。
波間の無欲さって、なんだか天使(!)みたいで、樹とはずいぶん温度差があるようなないような。
2012.09
29
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
著者にはめずらしいタイプかも。


ホームドラマ。
ちっとばかし蘇芳が卑屈なのにいらっとさせられた。
恋愛事情に絡む二人以外の三人がいいコ(ひと?)たちで、彼らの登場シーンがより楽しめたっていうのは、ひとつナイショの方向で!
2012.09
29
Category : 小説(ミステリ系)
Theme : 感想
Genre : 小説・文学
ごひいき作家さんの三作目。←どうしてごひいきなのかなもう書かなーい
例によってちょこっと藤村の名前が出てくるのが楽しい。一瞬の楽しみ。


宝島社刊行のものだからシリーズっぽいものというような縛りもあるのかもしれない。
舞台環境は毎度変わらず、某大を想起させる理系研究室。
ただし。
今回は構成が複雑というか、疲れた頭ではついていけなくなりそうな時もあったというか。でも、軽やかに楽しめる作品ではある。
堪能。
でももうちょっと理系理系しててもうれしかったかな。



さて、これでお約束の三作は上り一丁。
次回作はどんなテイストになるのか、期待もうずうず。もちろんこの路線でも大歓迎だけどね♪
2012.09
29
じ~わじ~わと新装版買い揃え中。・・・・・なんか悔しいゾ。

てなわけだけども、とにかく再読。
伸哉と油野がすっかり落ち着いたカップルになっているのがうれしい。
いや、ちがうか。伸哉がえらく落ち着いた上級生になっているのが楽しいのか。


今回は、彼らではなく、ほかの二人の物語。
幹太の小悪魔あるいは天然ぶりがおかしい。振り回されるふっきー、いとあはれ。



さて、ラストの三巻はいつ買うかな~。
2012.09
29
ひっさしぶりの新刊~~~~♪
待ってました~~~ん♪


まさしく男の子同士!ってカンジで、LOVEを欲するひとには物足りないかもだけど、ほんとにLOVE的で!
動物交尾の写真を見て爆笑しまくってるところなんか、いかにも高校生男子!
ここで頬を染めたりしたら、それはもう石原作品じゃないよな。

それにしても、石原作品の男の子はいろっぺー。
コーヘイ@屋上の後ろ姿なんてもうヨダレもん!!
そのコーヘイが主役になっているのが「LAUGH MAKER」で、こちらは、“的”までいかず。LOVEはほんのり。
予想外の展開には驚かされたけど、それぞれの再生の物語として秀逸。


表題作はもう一本くらい話が読みたかったな。
残念。



ちなみに。
“暗がりのニャンコ”は私にとってはコワイ存在でっす。>英士クン
2012.09
28
小冊子につられて購入。
いいんだけどね。
好きな作品でなおかつ持ってなかったから。


再読。
やっぱり、バズーカ壬生谷三本目の足に大爆笑。
そして、やっぱり、私は白川が大好き♪

この作品群は、草間作品のなかでいちばん好き。
いろんな恋が綾なされていて、切なくなったり、楽しくなったり、ほっこりしたり、登場人物と一緒に自分の喜怒哀楽も振り回されるんだけども、そこがじつになんとも。
おかしいねぇ。苦手な年下●めが多いのに。
2012.09
28
小冊子につられて購入。
けっ。


再読。
続編の『ヌレル』とあわせて読んだので、感想はまとめて~。
2012.09
28
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
なんてこたない作品なのだけど、ラストまでここちよく読ませてもらった。
さすがベテラン!(といっていいよね?)


五十嵐はつかみどころがないんだが、陸斗が思ったよりもちゃんとしてて。
監督と役者の業界モノというのも私自身好きだし、そんなこんなで面白かった。←どんなや?

しかし、陸斗じゃないけど、五十嵐が芝居してるとこ観たいなぁ。
2012.09
27
再読。


にーちゃんズを満喫!
やっぱ成親にーちゃんかっこいいよ~~~。もちろん昌親にーちゃんもかっこいいけど~~。
2012.09
27
話はちゃんと流れているのだけども。

やはり、当初のような単発ものが面白かった。
いささか無理があるよね。



ありがとうございましたっ!>syさま
それでも、またつづきよろしこっ。 ふたたび。
2012.09
26
ライトノベルで出すにはもったいない。
と書くと、ラノベが他の小説に比して一段下にあるように受け取られるかもしれないが、そういうことではなく。
ラノベレーベルだと大人は手を出しにくい面があるのではと思うから。
けれど、どんな世代にも読み応えをもたせる作品だと思う、これ。

面白かった!!

前向きにならなきゃなって鼓舞してくれる作品。

続編が出る模様。
読まねば!



ありがとうございましたっ!>Oさま
腐のないフジミ的楽しみ方をした私であった。わはは。
2012.09
26
唸る。


出だしはなかなか読み進められなかったのだが、そこを越えれば・・・。
手に取ったひと、ラストまで読むのをやめないように! しんどいけどね、最初は。
2012.09
26
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
「花」シリーズ。
「共謀」シリーズとのまっちんぐ~。


再読。
零飛は変わらずヘンタイさんね・・・。蒼は本当にたいへんだわ。

ウーも夕矢も、ここまでの間、しあわせな二人の陰で気の毒してたのだけど、ちゃんと自分の道をみつけられたようで、よかったよかった。
描かれる事件はかなり苦しいものだけど、それも読み応えを支えている。

ところで、今回面白かったのが(の字通り笑ってしまった)鷹羽。
かっこいいひとなのに、なんか完全に斎に振り回されているようで、楽しいったら。



ありがとうございましたっ!>Oさま
返却の折には、「共謀」シリーズも一緒に送りますですよ。
2012.09
25
Category : 小説(その他)
Theme : 感想
Genre : 小説・文学
衝撃の一作目。
やや肩透かしをくらった感のある二作目。
三作目は。

シリーズの風土とでもいうものが、はっきりと出ている。
そんな印象をもった。


ここまで三作、とてもよい作品だった。
できれば、ここまででシリーズの筆を置いてほしい。
イチさんのこれからしばらくを考えると、焦点がずれてしまうことになりそうだから。立場的に。
とはいえど、今度は新しい場所からの地域医療への目線も、それがイチさんのものなら読んでみたいとも思う。
ま、出れば読むのは間違いない。




そうだ。くだらないことかもだけど。
タツイチほも疑惑は、別に入れなくてもいいんじゃないかと思う。むしろ不要。邪魔。
2012.09
24
再読。

本編を読んだあとだと、よくわかる。
ことに十二神将たちの個性が。



前回は、晴明のあの性格に度肝抜かれて、ものすごくそれを楽しみながら読んだのだが、今回は、十二神将中心に読んでみた。
で、謎として残ったのが宵藍のこと。
いったいいつからあんな晴明命みたいなことになったんだ?
どっかで描かれてる? 読み落としてる?←可能性高し



ありがとうございましたっ!>Oさま
じいさまの続きは連載されてる? つづき読みたいよね!!!
2012.09
23
Category : 小説(ミステリ系)
Theme : 感想
Genre : 小説・文学
『真夜中の喇叭』を著した、やや長身な長髪の男性本格探偵小説家・朝香宮朝香が公開処刑されてる!!!
うわあああああ。


そんな叫びはさておき。

いま、このときにこれが・・・というある種恐怖を覚えた。
なんか、苦い。




ところで、ラストの二行によれば。
これ、多分(未読のため判断できず)天帝シリーズの作者パロみたいなことになってると思うんだけど。
もしかしたら、私、柏木って好きかもしれない。想像するところのシリーズ中の。
そろそろ重い腰を上げて読んでみるか。<天帝

といいつつ。
この二行で、作品ぶっこわしてるんじゃないか?
2012.09
23
Category : 小説(ミステリ系)
Theme : 感想
Genre : 小説・文学
前作『天神のとなり』は。亀戸天神の、ということだったのだろうが、今回は、塔、つまり、東京スカイツリーの足下でってことのよう。そんなところでだって、トラブルは蠢いてんのよねってとこ?


京二、なんていいコなんだ!(ってトシでもないんだけどサ)

面白く読んだのだけど、クロカバの脇が甘すぎて、ちょっとリアリティが・・・。でも、そんなものなのかな?
その分、三又がえらくかっこしぶかったけど。
そして、吉井が印象的。
ヤツはBLならば主役を張れそうな・・・・うにゃうにゃ。それでいうなら、三又は間違いなく・・・・うにゃうにゃ。
ところで、あの刑事はどうなったんだろう?


しーちゃんのあれこれに、性善説・性悪説について、あらためて考えさせられてしまった。
いずれにしても、人間は弱い。


前作の記憶があやふやなので(ごめん)、もう一度読んでみようと思う。
2012.09
23
「籠目編」五作目。これで完結。
これを一作一作刊行ごとに読めるひとはすばらしい。私には到底我慢ならんよ。


もう最初っから最後まで、成親にい様のことばかりが気になって。
なので、ラストのあの裂帛の気合には大感動。・・・・・・はて、主人公はだれだっけか?
昌親にい様も素敵だし、私はこの二人が登場すればそれで満足なような。いや、活躍してくれるとなおよし。

おそらく次からは、青年になった昌浩に会えるんだろうね。
若いころのじい様のようなしゅっとした青年になって、力なんかも強くなっての登場だろう。期待する!



さて、次はじい様外伝の番。
でも、成親にい様のお話がもっかい読みたい気分がむくむく・・・・。成親嫁取り物語も再読するかなぁ。

そういえば。
表紙見ただけで、だれだかわかるようになってしまった・・・・なんか自分にショックかもしれない・・・・。



ありがとうございましたっ!>Oさま
すでに次章が始まっているのね。三年後だとか。
いささか胡乱な事態になっているようだけども・・・・さらにじりじりさせられそうだ。
また完結したら、お貸しください~~~。←完全他力本願
2012.09
23
「籠目編」四作目。
例によって一気読みしたので、感想はまとめて!



ありがとうございましたっ!>Oさま