RSS
Admin
Archives

神保町の片隅で

活字中毒気味人間の読書記録です。

Counter

    

Article
Comment
Category
Link
Walk
Graph
いもこさんの読書メーター
Trackback
Archive
Click !

イーココロ!クリック募金

Search amazon

Access

Ranking
ランキング参加中。

FC2ブログランキング

Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:

Diet
ダイエット日記
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2012.03
31
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
小林の正体に早々に感づいてしまったので、そこの仕掛けは私には発動せず。


なんだろう。
きらいとか苦手というのじゃないけれど、あんまり残らない感じ。
鳴海をかっこいいと思えなかったせいかな。
2012.03
31
再読。
少々ユギ切れとなったもんで。
本当は、原作つきじゃないほうがいいんだけどね。でも、たまにはこれも。


椹木がとにかくステキで。
柊也にゃんこが健気で切なくて。
羽隅がじつにいい味で。
物語はともかく、ユギ氏描くところの彼らの色気が堪らないわ~。


しかし、何度読んでも最強は誠かと思われ。
2012.03
30
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
再読。

そうか、これが一作目だったか、とあらためて思ったり。
そりゃそうだ。シリーズタイトルだもの。


志岐は大好きなんだがな~。
ユカリがおそまつすぎて。
この作品のケースはともかく、ガードとしては・・・と思うと、どうも苛々が先に立ってしまう。
これで金とる仕事してる気になっちゃダメだろうって。
がっつり鍛えてやってくれ!>志岐


某組長と若頭の登場は、お楽しみシーンですな♪
2012.03
30
あの工藤までもが世知辛い世の中に生きているのか、とまず驚愕(手元不如意ななんだって・・・)。
そして、あのヴィクトルが!?と絶句。

ヴィクトル@『曙光の街』&『白夜街道』ファン、これ読まないとダメだよ~。



夜間の戦闘で月を見ない。
この表現にとてもリアリティを感じた。とても印象的だった。
ラストがちとあっけなかったのだけど、まあ、そこまでは楽しかったので。

ところで、エレーナって、いつもこんなような・・・? 記憶がどうも定かじゃないんだが・・・・。
2012.03
29
スカイハイ! キミのそのぶれのなさがとてもすてきだ!!


みんな、彼に「○○、そして○○」を言わせたいのだな。
すごくよくわかるけど。



ありがとうございましたっ!>Tさま
宮本作品があったのにびっくり~。もうけた気分。
2012.03
28
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
極道スーツシリーズ三作目。
なんだかシリーズタイトルになじみがあるなぁと思ったら、交渉人シリーズを彷彿させるのであった。交渉人シリーズのタイトルには、極道はいないけどね。立場弱いぞ!>兵頭
閑話休題。


このシリーズ、えちしーんはスルーの方向で読んでいる。ちとヘンタイ入っててキツイ。ただ、縫製についての蘊蓄はとても興味深い。・・・・・なんか読む目的がちがくないか、私。

ともかく。
今回も諏訪がいい味出していて、人気出るのもむべなるかな。
芦澤も、キメのシーンはちゃんとキメてくれてるけども、やっぱりなんとなくメインの二人はそっちのけにしてしまうな。なにがあっても、最終的には二人でひし!と抱き合ってる印象が強いからだろうね、きっと。これぞばかっぷる。
なので。

本編よりもおまけの「暴走するサイボーグ」が印象深い。
こんなところから諏訪の誤解が始まっているわけだ。そして、木崎よ。いくらサイボーグとはいえ、もちょっと言葉を!


それでも、なんだかんだ言いつつ、ちゃんと本筋のサスペンスも楽しんだのは間違いない。小山田あみ氏のイラストも。
2012.03
28
Category : 小説(ミステリ系)
Theme : 感想
Genre : 小説・文学
表紙だけ、bluesの“b”が“B”になっているのはなぜ?
んなことはさておき。

『モーニング Mourning』のダイの話とはつゆしらず。
読み始めて、あれっ?って思って、それから慌てて記憶倉庫をひっかきまわす羽目に。でも、印象に深い作品だったので、さしたる問題はなく。でも、あちらも再読しようと思う。


そうか。あの彼女が・・・・ねぇ。
なんか感慨深いものがある。なんといってもダイは同い年だから(設定が)。

周囲の人たちみんなが協力してくれるのは、ダイ善人のダイであるからだろう。
いま自分の周りにはあるのかないのかわからない、ご近所さんというつきあい。とても羨ましい。


本作品は、登場人物がみんな魅力的。
刑事の三栖さんをはじめ、近所の高校生たち純也や香世にご近所ご意見番(?)苅田さん、和泉や真紀ら元同僚、元同級生小菅とその婚約者まりも・・・・一読だけでほぼ名前を覚えてるって私にしてはすごいんじゃないか?
なかでも、元女子プロレスラー丹下さん。かっこよすぎる!!(どっせい!が忘れられないわ~)
かっこいいおっさんは散見するけど、かっこいいおばさんだって居てもおかしくはない。もちろん居なくはないんだけど、こんなに(物理的に)強くてかっこいいおばさんはそうは居ないよね。
ま、個人的には三栖さんがいちばん好みだけど♪

すこしの切なさをおぼえつつ、最後までどきどきしながら読ませてもらった。
いや、読んでしまったいまでも、どきどきがつづいているかも。



ブログタイトルにあるように、神保町は私にとって近しい町。
これからしばらくは、一丁目の松田珈琲店をさがしてしまいそう。
2012.03
28
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
『でも、傷つけたい』スピンオフ。でもこっちは読んでない。
だがしかし。
どこかで読んだ記憶が・・・・と思ったら、おそらくなんかのアンソロでこぼれ話的な小品を読んでたようす。


知己の自分かまわなさ加減が、妙に切ない。こんなひとが身近にいたら、周囲は哀しくなってしまうんじゃないか? 知己にかまってもらってばかり(だと思う)の壱嘉の気持ちやいかばかりか。小橋にいたっては・・・・・・。

でも、この作品、何をどうしても理解できないのは、知己の長姉ゆかりだな。
知己と婿の過去を知っていて、間違いなく婿のど阿呆さ加減も知っているだろうに、なんで結婚生活をつづけられるんだ?
いくら夫婦にはいろいろあるったって、きしょくわるすぎる。
2012.03
28
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
とりあえず海野作品は読んどけ!な昨今。よもや30近くの年の差カプしかも年下○めとは思わず・・・・。

でも、ちゃんと読んだよ。
えちシーンは半眼になったけど。

読みながら、よしながふみ氏の『1限めはやる気の民法』の藤堂弟とおはなちゃんを思い出した。
ある種(じゃないか、まさに、だな)トンデモ設定なのだけど、苦手な私に読ませてしまうというのも共通。
・・・・・巧いんだな。
枯れすすきみたいなおっさんのビジュアルもなんだか納得で(草間さかえ氏担当。このへんのセレクトもまたナイスだったのかも)。
おやじおろおろスキーには超のつくおススメだにゃー。



そうそう。
竹中先生が意外な本音をさらしたシーンが心に残った。
2012.03
27
Category : 随筆
Theme : エッセイ
Genre : 小説・文学
母の友人から回ってきた。
先日著者の独演会に行ったとか。楽しかったようで、エッセイも、ということなのだろう。
おこぼれに与った。

ちょっとamazonのレビューを覗いてみた。
うひゃあ。レビュー65件! すごいなぁ。


語られる談志師匠の言葉には、門外漢である私でも、含蓄があると思う。
そして、なにより師匠への愛があふれている。どんなエピソードもなんだか微笑ましい。
落語立川流の誕生については当時を知っているので小さん師匠についてのエピソードが非常に興味深く。
もしこのエッセイを読まれる方がいたら、落語立川流の成立背景は頭に入れておいてから読まれるとよい。

第24回講談社エッセイ賞受賞作品とのこと。
たしかに。
2012.03
27
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
極道スーツシリーズ二作目。


大下さん最強!!

なにげに存在感のあるナイスなじーさんだとは思っていたのだけど、こーんなシブカッコイイとは!
クライマックスの活躍シーンについては、伏線がたいそうわかりやすかったので、予想はついていたのだが(その分緊迫感はなかったけど)、それよりも!
おこちゃまを手なずけるシーンが楽しかった!

メインの二人は・・・・・あれ?
あんまり記憶がないのはなぜ?
2012.03
27
Category : 随筆
Theme : エッセイ
Genre : 小説・文学
きっと、すずらん通りのどこかで、一度くらいはすれちがったりしているのだろうなぁと思いつつ。


西部劇への愛にあっぷあっぷしつつ読了。
でも、このエネルギーをして剛爺(呼び捨て失礼!)が成るのだろうなぁ。
ガッツ、いただきやした!



ところで、東京堂書店さん。
剛爺のサイン会のお知らせ(サイン会自体は終了)にある著者紹介に間違いがありますよ~。
× 『ディスの赤い星』 → ○ 『ディスの赤い星』
これはダメじゃなぁい?
2012.03
27
シリーズ四作目。
一法師の因縁の過去話。


一法師の恋の話なのか、千装の恋の話なのか、彼ら(荻原を含め)の出会いの話なのか。
はたまた、京都をめぐる陰謀(?)の話なのか。
物語がうまく融合していない印象あり。いまいち楽しめず。

そして、ラストに予告があるんだが。

この予告って要らんと思うんやけど?
興味もって待っとってや!ということなんだろうけど、かえって興が殺がれるように感じるのは私だけ?
2012.03
26
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
再読。
今度は好みの取り合わせをセレクト。


記憶よりも延清がよくしゃべっている!
私ってば、頭の中でいったいどんな変換してたんだろう?

この作品は、律の強さがそこはかとなく出ていて、そこがお気に入り。
二人のあいだの感情が、穏やかに降り積もる雪のように積み重なっていくんだろうな、というふうに感じられるところも大好き。
律の執務スペースの前で、ソファに静かに座っている延清を思うと、思わず笑みこぼれてしまうわ~~。
2012.03
26
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
再読。
↓と同じく、こちらは国沢兄確認のため~。

ほんの一瞬であった。わはは。でも、確認終了!

これまたシリーズのなかでは苦手な一作。
真城は大好きなんだけどね~~~。清家わんこがね~健気なのはわかるんだけど、いつもしっぽが足の間にまるまってきゅーんと鳴いてるような風情が・・・・・・おまえに真城は任せられん!!となってしまうわけだよ。実際にそんなことを真城に聞かれでもしたら、「おまえなんぞに関係ない!」とすっぱりやられるとは思うんだけど。


尖ったしっぽの持ち主、榎本は大好き。今回もご活躍。
こっちのしっぽは、ご主人さま絡みでないかぎり、天に向かってるピキーンと立ってるもんね。きしし。
2012.03
25
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
再読。
よりにもよってシリーズで一番苦手なものから再読することになろうとは。苦手というか、その年齢が気になるという・・・。

国沢弟の確認完了!←なんのための物語なんだか。こんな読み方してごめんなさい。でも、ちゃんと最初から最後まで読んだよ!
なんかセントバーナードの小犬みたいだねぇ。<国沢弟
こちらでの榎本は、ちょっかいを出すといっても、けっこうちゃんと(?)素直な感じで、まるでダーリンがそばにいるみたいに可愛い。惚気てるせいだろうな♪


おっと。
こちらの二人について忘れるところだった。
ええと・・・・侑生はどこでえちのあれこれを覚えたんだろうか。←そこ?



さて、困ったことにこれを読むと『校医様は夜の暴君』が読みたくなる。
でも、持ってないんだな・・・・。
2012.03
25
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
エスコート・セカンドシーズン二作目、になるのか?←もうわかっていない

やっと読んだ。
100%どまんなかじゃないよ~。ふふ。>Mさま
タマちゃんがちと弱いかにゃ~。すごく可愛くて哀しいひとだと思うケド。愛しいケド。乙女なんだな~と思う。


34歳。
どっかの某准教授、作家さんと同じですな。くふふ。よい年頃だ。
仕事も経験を積んでそれなりにデキる世代のオトコが初恋(あるいはそのレベルの恋愛)を不器用にひきずって再会する。
なんともグッドなシチュエーション。よくある設定だけど、グッドだからこそ繰り返し描かれるのだろうね。

シリーズのお楽しみ、榎本は相変わらずのちょっかいぶりだし、今回は真城もやや暗躍気味で(清家は変わらずびびりわんこ・・・)、存分に堪能。
著者のおやじスキーのせいか、篠原もいい味を出している。うっかりそのしあわせなど願ってしまったよ。
おやじスキーといえば、国沢も年の割にはおやじ化しているような。まあ、ずうずうしいおやじくらいじゃないと、タマちゃんはなかなか素直にならないし、ちょうどいい二人ともいう。



今回登場の国沢も、国沢弟も、どっちも完全に忘れ果てており・・・・悔しいからこのまま再読に突入する。
2012.03
25
連作短編集かと思いきや、どっこい長編だった。
面白いには面白いのだけど。

兄上殿の安之さん@実は・・・や兄嫁殿のお沙十さん@壊滅的な方向音痴はとても魅力的で、楽しかったんだけどね。ほかのキャラクタもみんなそれぞれ魅力たっぷりだったんだけどね。
ちょっとお蝶@高砂弁天に感情移入できなかったので、面白さ半減てとこ?



おそらくはシリーズになるのだろうけれど。
そんで、そのうち、お蝶の相手が決まるわけなんだろうけども。
もそっと面白い話になるといいな。
お蝶は気風がいい女性、のはずなんだけど、読んでて、単なる小娘、感情的、とかいう言葉が浮かんできてしまうところがどうにもこうにも。続編はぜひそういうところが成長していますように。

ちなみにわたしゃ旦那には四十次郎を推すよっ。
2012.03
25
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
ええ。手を出したとも。
スピンオフまで含めて既刊全七冊。しかもまだ続いているというのに。あーあ。


極道スーツシリーズ一作目。
表紙の、榎田はともかく、芦澤が妙に優男で、イメージが異なるような気がするものの、色っぽくてついつい涎が・・・・。←あほ
イラストは小山田あみ氏担当。ちょっと時代をさかのぼるせいか、絵の傾向がすこしいまと違うような。でもこれも好きなテイスト。

内容はというと、ありきたりの展開といってしまえばそれまで。
でも、スーツ縫製の蘊蓄が興味深く、それから、事件部分もそれなりに、読ませてもらった。
が、いまいち芦澤の心がわからなくて。
どこに惚れたんだ??

ラスト。
もはや芦澤が榎田の尻にしかれていて、なんともはや。
この先、どんな話が続くのかは、まだ知るところではないのだけども、あんまりげろあまではないことを祈る。でも、このラストなら、先々も芦澤が振り回されていくことになるのかしらん。ならばそんなにげろあまにはならないかな? いや、かえってそうなってしまうのかしら?

サイボーグ“木崎”の過去には驚いた。そうか、そうだったのか~。
先に木崎たちのスピンオフを読んでいるから、どうしても読み方としては、木崎と諏訪に注目してしまうが、そのほうが私にはよかったかも。←げろあまにどこまで耐えられるか、あまり自信がないらしい
2012.03
25
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
同い年もので、仕事絡みで、なのに、なんだか萌えがうすかったのはなぜ?


つらつら考えるに、大伴が正しいイケメン設定(超優良物件ハンサムだったっけか?)のはずなのに、大型わんこにしかみえなくなってしまったから、だろうな~。
ちぇ。
2012.03
24
Category : 小説(その他)
Theme : 感想
Genre : 小説・文学
再読。
書き下ろし~と期待してたら、そうではなく。
未読ではあるんだけども、これはこれだけで完結するものじゃなくて・・・・つまり、まあ、ふつうに再読したというか。

ヤマトとーちゃん奮闘記。
やっぱこれ、坂木作品のなかでいちばん楽しいシリーズだと思う。



木村のじーさんの登場(名前だけ)にうはうは。
坂木ワールド、リンクしまくってるなぁ。
これまでに見過ごしてるの、かなりあるんだろうなぁと思う。どっかそういうの調べたファンサイトってないかしら・・・?←自分で調べろ
2012.03
24
再読。
どうやら心がつかれているらしい。そんなときには木下作品。苦笑。

おぢさんがやさしくて、いっしょにいやされる~~。←ひらがなオンリーなあたり・・・


どこまでも可愛らしい恋バナにほどよくリラックスさせてもらった。
ほんとにタイトルどおりで、とにかく不器用恋についての物語でさ。
とにかく、ほんわかしたいときにはベスト♪

律は、ガブちゃんとおぢさんの取り合いっこしながら、おぢさんにもガブちゃんにも一生大事にしてもらうといい。
2012.03
24
再読。

松田くんのストレートに素直ないじらしさ。
八乙女の過去を想うあまりのかまわなさ(わかる気がするんだなー、どうでもよくなる感じ)。
そういうのがあいまって、どこかビターで、そのほろ苦さを残したまんま終わる。はぴえんだけど。
不思議な余韻のある作品。


でもねぇ。
ほんとーはもうちょっとこの先も読んでみたい。
でも、ここでエンドマークだからいいんだよな。おとぎ話としては。
けど、やっぱはなちゃんがおっきくなっていく過程とか読みたいな~。←くどい
2012.03
24
再読の再読のこれまた再読の・・・・・エンドレス。

全二巻。
もはやページをめくらなくてもすべて把握しているようなものなのだが。

先日、妹がうちの本棚でこれをみて、「電子書籍しかないんかと思た!」と叫びよってからに。
まだまだ本屋で買えるわ、ぼけ、と返したものの、ヤツはいつのまにこっち方面の漫画を読むようになったんだ? もっともうちの本棚であれこれ漁った結果、葉芝ファンではあったが。
ま、そういうヤツのお眼鏡にも適うわけだわな。<ユギ作品
と、しみぢみしたので、読み返してみたしだい。


永井さんのファンクラブに入りたい・・・・。
2012.03
24
読み終わってからのち、マリオのテーマソングが頭から離れない~~~。←有名どころのゲームでプレイした唯一のもの。しかも、ごく初期のファミコンしか知らない。つまり、最終章扉における著者のメンチに、そんなヤツここに居るがな!と吠える立場


連作短編集。
一作目こそ、その奇妙な展開(というかネタ?)は詠坂風味であったが、あとは、めちゃくちゃ読みやすく、かつ、がっつり感情移入させられる作品だった。
うひょ。詠坂氏になにが!?
もちろん、私はこの作品、とても楽しませてもらったけど。なんというか・・・・ちょっと驚いた。
このところの傾向として、毒っぽいなにかが少なくなってきたとは思っていたのだけども、これはもうすっかりソフィスティケイテッドされたというか。
いずれ代表作になるのではないか?


最終話(これがいちばん最初に発表されたものではあるが)の「そしてまわりこまれなかった」だが・・・タイトルの意味がつかめん。ドラクエをプレイしていれば、なにか想起させるものがあるのかな?

ゲームをプレイする人間にもきっと面白い小説だと思うけど、しない人間には、しない人間で、非常に楽しめる小説だと思う。
とはいえ、私はインベーダーが時代を席巻した様子を肌で感じた世代であるから、世代がちがうとまた感覚は異なるのかもしれないけど。
2012.03
24
シリーズ六作目。風音編の三作目。
ぐわ~。
まだ終わらない~~~。


これはどんな決着がつくんだろう?
あのまんま紅蓮が・・・・なんて展開になるはずはないのだろうけれど、どうなるのか。
くううううう・・・・。

とっととビーンズ文庫を借りてくることにしよう。


しかし、いまだ十二神将の区別がうまくつけられない。一覧でも作るようかしら・・・・なさけな。
2012.03
24
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
足粉って・・・・・・・・・・・・・。

まるで自分のことのようで、ちょっとsorrow・・・・・。
歳とるとね、がさがさになるのよ・・・・ほんまに。



おやじスキーは読むべし本。
まあ、おやじスキーが中原作品をはずすことはないと思うけど。

おっさん探偵とまじめ検事。
サスペンスとラブを同時に楽しめる・・・かな。
でも、私としては、これラブに発展しなくてもいいんじゃないかと・・・・。ファザコンが甘えられる相手をやっと見つけた的な・・・・いや、それがラブになるのがBLか。←なにをいまさら

ちと検事がおこちゃますぎたかな?
でも、ほくろいっぱいのそのお顔(小山田あみ氏イラスト)は色っぽいわ♪
2012.03
24
虚無というか諦観というか。
全体に流れる世界観を、書き下ろしの「祈り」が見事な結びとしていて、読了後、思わずつめていた息を吐いた、そんな感じ。
ただ、私にはこの一編がかなりしんどいものだったので、最後はもっと窓を大きく広げてほしかったような気がしないでもない。でもそうすると、ちょっと雰囲気というかトーンが変わってしまうか。


連作短編集。
一作目の「砂漠を走る船の道」が第五回ミステリーズ!新人賞を受賞。こちらは掲載紙で読んでいたのだが、一冊にまとめられているのをうっかり読み忘れていて、いまごろとなった。

版元のHPによると、
*2011年本屋大賞ノミネート作
*第1位 Best Books of 2010/Amazon.co.jpエディターが選ぶ文芸TOP11(2010年12月8日)
*第2位〈週刊文春〉2010ミステリーベスト10 国内部門
*第2位『2011本格ミステリ・ベスト10』国内ランキング
*第3位『このミステリーがすごい!2011年版』国内編
*第5位『ミステリが読みたい!2011年版』国内篇/【国内部門新人賞】/サプライズ部門 第2位/本格部門 第3位
なのだそうだ。えらいこっちゃ。


気分がくらめのときには、あまりおすすめできない作品だが、私は好き。
次回作も読む。
2012.03
24
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
メス花シリーズ九作目。
ついにタイトルのテイストが変わった。
ついでに中身もシリアスに転じて(転じたわけじゃないか。そもそもシリアスを内包するシリーズなのだ)、さらに内容に深みが。しみじみ考えながら読ませてもらった。


葉子のように生きたい。
と思う。



らぶ度はますます絶好調。
安定したご夫夫に、こちらも安心して読み進められる。
楢崎エピソードが愉快だったな♪
2012.03
23
ついでにこっちも読んでしまえ!
とイキオイで。

いずれにしても、全巻読み終わってから読まないとだめ!!
完全にネタばらしになってしまうから、もったいないよ~。>未読のひとへ



いろんなネタが詰まっていて楽しい。
楽しいんだけど、そんないろいろあるんなら、小説作品の番外編をばんばん出そうよ!
と思ったのが本音。

ほんとに・・・・もっともっと読みたいよ。いろんなエピソード。