RSS
Admin
Archives

神保町の片隅で

活字中毒気味人間の読書記録です。

Counter

    

Article
Comment
Category
Link
Walk
Graph
いもこさんの読書メーター
Trackback
Archive
Click !

イーココロ!クリック募金

Search amazon

Access

Ranking
ランキング参加中。

FC2ブログランキング

Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:

Diet
ダイエット日記
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2009.04
30
シリーズ四作目。
三作目を超えて、これがいちばん好き。

最終ページにある宣伝文。
美少年双子ミステリってのも笑えるけど、紹介の「“死神(タナトス)”と呼ばれる美少年・美樹が誘拐された! 犯人の運命やいかに!?」ってのがもう・・・・まったくそのとおりで、バカ受けしてしまったよ。

ラスト近く、鬪魚の章に圧倒された。必ずどこかでこういう展開があるのはわかっているんだけども、圧巻といってもいいかな。このシリーズ中では。
そして、正樹と美樹はやっぱり最強なんだった。


シリーズ、ほんとに読みやすくなったわ。慣れもあるのかもだけど。
2009.04
30
もう8作目になるのか・・・・。

このシリーズではいちばん面白かったかも。
いつも気になってしょうがない秋津のモノローグが比較的少ない印象だったのもあるし、すでにウザいレベルのセドナのシーンが少なく感じたからってのもある。
もちろん、オキニのベジコウモリくんの出番をほけほけと楽しんだというのも大きいだろうけど、千秋ちゃんのキャラが好もしいというのが最大の要因かも。

書き下ろしの「バーリー警部補の事件簿」が漫画のシリーズを思い出させてくれたというのも大きいかな。
嗚呼。
漫画読みたい。ジョーカー! リィンーー!!!←いい加減に探し出せ!
2009.04
30
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
ほぼ同人誌のような出版物なのに、図書館にあるのってすげぇ。

作品としてもかなり古く、やはり書き手としても難あり。文章が拙すぎて、読みづらいことこのうえなし。
義月氏にもこんな時代があったのね~。
2009.04
29
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
金ひかる氏(イラスト担当)がカバーの返しに“ツンデレ云々”とコメントしてあったけど、これってツンデレなの?←いまだよく把握していない

碓氷の人物設定がトンデモなのが可笑しくて、展開はまったくもって予定調和なんだけど、かなり楽しく読んだ。碓氷のキャラクタが変わらないまんま、外村とずっとつきあっていくといい。
眞野は・・・・・ちと歪んでるよね。また誰かに巡り会えますように。

イラストがイメージに合ってなかったのはちょっと残念だった。
2009.04
28
全5巻。
5巻が出て完結したので、一気読み。やはりこれは一気に読むのがよい。

いまとても満足感でいっぱい。
もちろん、ハッピーエンドだからというのもあるし、ラストシーンのほろ甘酸っぱい感じがなんとも最高。途中どんな話になるんだかと思っていたけれど(正直)、とてもいい作品になっていた。ブラヴォーだね。

終わってみれば黒鬼は妙にかわいらしいヤツだし、赤鬼の真っ直ぐさも、やきもきはさせられたけど、得難いところ。蘇芳も丁字もしあわせな人生になっただろうね。藍もちゃーんとしあわせをつかんだようだし、よかったよかった。
脇のひとたちがみんないい人で、いい味だしてたよね。ローレンス神父しかり、勇大佐しかり、山喜楼の旦那しかり。

ラストの謎の男はやっぱ気になる。
できれば描いてほしいんだけどなぁ。岩の生涯。同人誌おっかけてみますか。
2009.04
28
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
こちらも再読。

オヤジどのよりもよっぽど家業が板についているふうに見える知紘と、尻に敷かれている生野の話だが。
いまいち好きじゃないシーンがあって、やっぱり再読でも好きにはなれなかった。
「いくの」と呼ぶ知紘の声が「イクの」と読めてしまうあたり、自分の来し方を省みて遠い目になってしまったのはナイショである。

オヤジどのは・・・・もう好きにやっててくれい!というカンジ?

一応当初はここで終わる予定だったんだよね? 結局4巻まで出したのは、やはり人気が高かったからなんだろうな。確かシリアスだったと思ったんだが、何分、戻ってこない。戻ってきたら読み返そうっと。<最終巻
2009.04
27
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
続けて再読。

これもやはり最初のときよりも楽しんでしまった。
というよりも、今読むと、いろいろ爆笑。以前は繭を顰めたシーンも、うっかり柾鷹のアホっぷりに目が行ってしまって笑ってしまうことに。
なんだかなー、なのな自分なのである。
2009.04
27
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
『エスコート』を読んだらうっかり再読したくなってしまい。

最初のときに比べると、ずいぶん楽しめた気がする。
当時はまだBLを読み始めたばかりで、彼らの立場というものをいまひとつ楽しめなかったような記憶が。が、いま読むと、案外、遥の性格を楽しめてしまうというか。当然、柾鷹はたいそう可愛らしく思えたり。
2009.04
27
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
もちろん予定調和なのだが。
奥村が素朴にいいオトコだよな。

月村作品はパターンが固まりすぎているとは思うのだけど、ハマるパターンでもある。誰にも癒されたい部分があり、それを癒してくれる他人(ひと)の手を待つ心があるから。もちろん、必ずしも実際にその手が必要かといえばそうではないが、待つ心だけは誰しも持つもんじゃないのかなぁ、と私は思うよ。そんな部分を叶えてくれる月村作品。ファンが多いのも納得。癒しの手が、イコールきっかけだというのもいいところだよね。

併載の「地球最後の日」もいい。BLじゃないけど。
これは女の子にとっては理想の彼だよね。


ありがとうございましたっ!>Oさま
2009.04
26
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
BLにしたけど抵抗感あり。
けど、背骨は恋愛にあるよね、この作品。BLというより恋愛小説としたいのかな、私。

ドイルのマイペースっぷりに私がついていけるかどうか。いい男だと思うし、優しいヤツだとも思うんだけどね。翻って、ハリーはおおよそ好みじゃないタイプなのに、妙に私の中に腰を下ろしてくださってしまって。ヘンなの。
柏枝氏の勝利?
1980年代のNYという背景にヤラれてるのかな?
槇えびし氏による表紙も雰囲気があっていい。この表紙だけで手元に置きたくなる作品かも。

なにはともあれ、次作が楽しみ。さて、いつ出るのかしら。
2009.04
26
全4巻。
いまさらのように読む。だって同人誌読んだら読みたくなったんだもーん。
お貸しくださいましてありがとうございましたっ!>Odさま


感想。
なんというか。面白いとしかいいようがないわ。
洋菓子店内の人間模様だけでなく、客との関わりも深いし、また、最終的に橘のもつ闇も解消されないまま過ぎゆくというのが秀逸かと。

やっぱ巧い作家さんだなぁ。<よしなが氏
2009.04
26
シリーズ三作目。

天青の成長が著しい。
もっとも、それにふさわしい出来事があったわけで、鶏冠の心配する様には、思わずこちらまでじーん・・・・。鶏冠おかーさーん!

鶏冠の苦闘に心乱されたり。
櫻嵐の慧眼児っぷりに大ウケしたり。
曹鉄のあれこれの気遣いに同調したり。
いろいろテンション高く読ませてもらった作品だけど、いちばんはハクだな。
いったいどんな模様になってたのか・・・・見たい!!

しかし、慧眼児が鶏冠の危機にいきなり現れたのがなぜ?どうして?
そして、ラストの悪巧みーずはだれ?
気になる~~~う。
2009.04
25
表題作のシリーズがいい。
でも表題作よりも「夜へ急ぐ人」がいいな。八尋がいい。八尋と梶が。そして、口絵のカラーがとても柔らかいイメージで、とても好き。
しかし、表題作に至るまでの間に、八尋はどんだけ逞しく(おかしく?)なったんだか。変わりすぎデス。ウケたけど。


ありがとうございましたっ!>Odさま
ところで、神楽坂作品において逃げるヤツってのはみんな南へ行っちゃうわけ? ちょっと笑ってしまいましたぜ。↓の度合とかこれの潤とか
2009.04
25
泣く。
とてもいい作品。心に残る。
発売時にアニメイト分にあったというペーパーが読みたいな。

どうにも思うことが文にならないので、あらすじを代わりに。
新書館HPより転載。
『フリーライターの理人は、高校の頃一度だけ印象的な出会いをした青年・櫂と再会する。酒の勢いでうっかり寝てしまい、一晩だけのつもりが気持ちよくてズルズル関係を続け、超ナリユキな同居生活が始まる。しかも能天気なようで意外に屈折を抱えている櫂に振り回される内、段々かわいく思えてきて!? 一度だけのTRUE LOVE!!』
んー・・・・。
なんか違う作品みたいだわ。


ありがとうございましたっ!>Odさま
私はこれがいちばん好きです。いわゆるBLってのとは違うかもしれないけど。でも神楽坂氏の作品ってどれもそうなんじゃないかって気もする。<違う
2009.04
25
短編集。
なかにはリンクしているものも。

どれも切なさがベースになっていて、涙があちこちにこぼれている作品集。
「見知らぬ人でなく」がいちばん好き。
表題作の連作もいいんだけど、この作品のラストがなんともいいんだなー。


ありがとうございましたっ!>Odさま
2009.04
25
初読み作家さん。

なんだろう?
どう感想を書いていいかわからないんだけど、なんかイイ。しかしそもそも、これはBLにくくってよいものなのか??
誰が主人公というのではなく、なんだか青春モノというか。いや、当然大家さんが主人公なんだろうけども。

なんとなく連載期間の長さがマイナスになったところあり? 作者が脇エピソードを楽しんじゃったところで、焦点がボケたんだろうね。でも、そういう作品だと思って読めば楽しい。というか、私は周囲ですっかり楽しんでしまったよ。


ありがとうございましたっ!>Odさま
2009.04
25
任侠ほのぼのBL。
夏目氏ならではの読み心地の良さありあり。

幼馴染みというシチュエーションが私の萌えをくすぐる~。大好きだ!<同い年
まだまだ可愛らしい恋模様だけども、これからはさらに肝のすわった本気のつきあいになっていくんだろうなと思うと、15年先が読みたくなってくる。

併載の「どうしようもないけどリターンズ」はタイトル通り前作の続き。
この二人もあいかわらずで、社長もナイスで、ほんっと面白い。


ありがとうございましたっ!>Odさま 堪能しました~。
2009.04
25
表題作のほかに「夏時間」「お嬢さんおてやわらかに」が収載されている。

これまでコミックスに収載されなかった作品(だから“忘れ物”なんだね)をまとめたものということだが、表題作は、まんまコミックスにしても問題ないんじゃないか?? 短編集だとばかり思っていたのでびっくりした。もちろん、読みで抜群で、うれしい驚きだったけど。

表題作を読んでいると、自分の来し方などをつらつら考えさせられて、いろいろ思うことが出てくる。と同時に、その年の出来事などが書き添えられているので、当時を思い起こさせられて、やはり思うこといろいろ。
それにしても、細かい情動を描かせたら、ほんとにすごいなぁと思う。<清原氏

唯一かなり古い作品は「お嬢さんおてやわらかに」。やはりアレックスが登場している。
原点なんだなぁ。
2009.04
25
Category : 記録
Theme : ドキュメンタリー
Genre : 小説・文学
面白かった~。
とにかく、調べに調べたという印象で、やはりこれくらいじゃなきゃ読む甲斐ないよあなぁ、とか、いったいどれくらいの時間がかかったんだろう、とか、編集者の協力というのはどの程度のものなんだろう、とか。あれこれ思わせられた。

けれど、なにより内容が面白いわけで。
しのごのは書かない。
興味のある方はぜひ読まれたし。


佐野氏の『阿片王』も読んでみたい。
ついでに、『南京路に花吹雪』も再読したくなっちゃったぜい。
2009.04
25
いきおいでこちらも再読。
けど『熱量』ほどの好き感はないなぁ。お互いマイペースすぎると思うからかしら?
2009.04
25
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
クロスケのキャラに尽きるような?
「まいど、猫です」には笑える!

猫耳属性なのにマッチョ、そして関西弁。押しの強さナンバーワン? でも、繊細でやさしい。甘え上手なお猫様?
トラウマに苛まれ、将来に不安を抱える和には、格好のお相手といえる。その始まりに無理はなく、かといって、ベタベタと居着くわけでもない猫神様には、やはり猫的性格もぷんぷんで、そのへん実に面白い。


クロスケだけじゃなく、里空も八柳もなんだかとても強い優しさがあって、和もゆっくり人間世界に返り咲けるだろうな。

琥狗ハヤテ氏担当の猫姿はたいへん強烈。うっかり吹き出してしまったにゃ。


ありがとうございましたっ!>Oさま
やっぱり椹野さんは構成が巧いね。
2009.04
23
ものすごーーーくひさしぶりに再読。だいたい刊行が2002年なんだから・・・・5年ぶりくらいの再読なのかしらん?
やっぱけっこう好きだな、コレ。
大学生の、とても初々しい恋愛が、とても可愛らしい。かなり理想な恋人かも。<潤

ラストのおまけマンガの泰平のつぶやきが、なによりも楽しい! でも認めてもらえてよかったね。>潤&俊幸
2009.04
23
BLなんかなぁ。BLなんだろうなぁ。

ひさしぶりに再読。
もともと彼女の同人誌が好きなだけに、どの作品もぐっとくるのだな。これは特に同人時代のテイストが溢れてるように感じる。

恋愛ストーリーを楽しむというよりは、登場人物の心の動きを読むのが楽しみというか。
表題作もそうだけど、併載の「僕と君とのこれからは」シリーズのかっとんだ感じが、とても彼女の作品らしくて楽しい。
2009.04
23
あまりにのんびりした発行ペースなので、物語の進行状況がわかんなくなってしまって幾星霜・・・。
前巻の段階で完結してから再読、と書いたのだけど、そろそろ真面目に再読しないと、本気でわけがわからなくなってきたぞ。

ということで、必死になって全巻探し出してきた。近いうちに再読しよう。

今巻のラスト。
ひねくれまくっている東がついに素直になったか!?と思ったのだけど、ほんとにこの先素直なままでいるのかどうかは大いに疑問。これまでがこれまでだからなぁ。
ああもう早くエンドマークが見たい!!
2009.04
23
Category : 小説(その他)
Theme : 歴史小説
Genre : 小説・文学
サブタイトルにめっちゃ心惹かれたのだけども。

これは小説じゃないと私は思う。
がんばってがんばって最後まで読んだけど、そんな努力が必要な小説だなんて・・・。
2009.04
22
Category : 漫画(BL系)
Theme : ONEPIECE
Genre : アニメ・コミック
ゾロサン本。
めっちゃ面白かった!

初期作品らしい。
けれど、二人の馴れ初めがサンジの心の動きを通してとても丁寧に描かれていて、とても納得のいくパラレルになっている。まるまる一冊の長編なので、さらに読み応えあり!

ぎゃーすか騒ぐサンジがなんとも可愛いわ~。
2009.04
22
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
臆病でいろいろ諦めてる志藤の屈折した気持ちも、純粋であるからこそもてる皐の強さも、きっと作者がいいたかったであろうことは受け止めているとは思うのだけども。

皐のあまりな性善説っぷりに、性悪説人間としては、少々引く。
ほんとに強いコだなぁと思う。それもこれも、志藤に与えられたからこそオモテに出てきたものなんだろうけどね。志藤は志藤で、まさかそこで自分が救われることになろうとは思っていなかっただろうな。いや、無意識下で期待してたというのが正解かな?

牛な皐が、志藤をぐいぐい引っ張る姿が目に浮かぶ。
ありがとうございましたっ!>Oさま
2009.04
22
シリーズ三作目。
今回はどの話もよかったな。

兆しは前巻からあったものの、ギャグのめしていた恋愛ゾーンが、今回はストレートに純粋な思いや動揺が描かれていて、これならテレくさいけれども、真っ直ぐに読める。受け止められる。
ので、今回は「眠り姫」、そして、きっかけとなった「夢」が好きかな。どうやらいつの間にか刻也と咲が私の中で大事なキャラになっていた模様。

「夢」はある意味バッドエンディングなのだけど、確かにそうだよな、と納得させられる面もあり。ありそうな終わりじゃないところが印象的。というか、ぐさっときた。
「人形」もいい作品だな。
2009.04
21
ラインナップを見ればおわかりだろうが・・・もちろん目当ては有栖川作品である。
期待通り、心にそっと迫る(そっと、というのがよいのだな)佳作だったかと。私は好き。
ところで、清光院有栖山清水寺って散歩したとこかな?>Odさま あそこかなぁと思いながら読んだのだけども。

収載作は以下のとおり。
どれも怪談でおそろしい、というよりは、ひとの心の襞をかいま見ることのできる作品で、どこか物悲しいものばかりだった。
 『弥勒節』恒川光太郎著
 『聖婚の海』長島槇子著
 『層』水沫流人著
 『清水坂』有栖川有栖著
 『きたぐに母子歌』雀野日名子著
 『山北飢談』黒史郎著
 『日本橋観光』加門七海著
 『熊のほうがおっかない』勝山海百合著
 『湿原の女神』宇佐美まこと著
 「諸国奇談の系譜」東雅夫著
2009.04
21
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
月村氏のデビュー作。
氏の作品のもついろいろな要素が、すでにここに詰まっているように思った。

尚也がとても哀しい。ねじけてしまうのも仕方がない。けれど、高野の心に触れることで少しずつ縮こまって張り付けていた心が緩められる様は、読んでいてほっとする。なので、妹御の登場はうざいでござる。青二才な高野もついでにはり倒したくなるでござる。

けど、ラストシーンがとてもよくて、読後感はほんわか。
よかったね。>尚也


裕一郎の名前の由来、裕一郎に語らせるとかして出してほしかったなぁ。


ありがとうございましたっ!>Oさま