RSS
Admin
Archives

神保町の片隅で

活字中毒気味人間の読書記録です。

Counter

    

Article
Comment
Category
Link
Walk
Graph
いもこさんの読書メーター
Trackback
Archive
Click !

イーココロ!クリック募金

Search amazon

Access

Ranking
ランキング参加中。

FC2ブログランキング

Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:

Diet
ダイエット日記
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2009.03
31
ミステリよりはハードボイルドだな、とカテゴライズ。淡々と事件に相対している探偵・龍太郎の静かな意志は、やはり固ゆで!

練が出てくると、哀しくてしょうがない。
そのへんは、もうどうしようもないと知りつつも、どうして田村のいうように思い切れないのか、と龍に問いつめたくなってしまう。いや、すでに膝詰め談判したいくらいだな。
が。
そのへんは、この作品の側面であると思うので、あまり突き詰めない。突き詰めたくない。↑に書いた“静かな意志”は、なんでこの場面でも発揮されてしまうのだろう・・・。


4つの短編とエピローグからなるこの作品。どれをとっても読みで抜群で、さすが。
龍の登場するすべての作品を読んでいる私には、どうしても練とのシーンをおっかけてしまうきらいがあるが、探偵小説として秀逸だと思う。かならずある人間の弱さを、否定できない龍が解決するからだろうな。
2009.03
31
ちょっとばかり時代遅れなイメージの探偵さんに、マイペースな助手くんのコンビは、合ってないようで、それでいて妙に凸凹が埋められるような相性な感じが可笑しい。
日本とアメリカのそれぞれで起こる事件が交互に描かれていて、読んでいて飽きない。最後に必ずかみあってくるんだろうな、どんなカタチになるのかな、というわくわく感でもって、ラストまで突っ走った。

米軍のおっちゃんが、かなーりナイス! その部下もなかなかーにナイス! その真っ当っぷりにすごく楽しませてもらった。なんせ最後の直談判ときたら・・・・(ネタばらしになるので以下自粛)。

ピラミッドの謎というスケールのでかい話が、市井の探偵の捜査に絡んでくるという奇想天外さを、きっと著者も楽しみながら書いたんだろうな~(今野作品はいつもそう思うけど)。
2009.03
31
諏訪氏のごく初期の作品。発表時より読んでいなかったので、まあ懐かしいったら。
いま読むと、『玄奘西域記』や『諸葛孔明 時の地平線』の原型が見られるようで、そこもまた興味深い。「紀信」の劉邦は、もうほとんど劉備だし、「邪論の極意」はもろ孔明さんの話だし。

いちばん好きなのは、「おろち舞」。こうした解釈こそが諏訪作品の醍醐味だと思うんだな。
2009.03
30
これも気に入りの作品で、折に触れ読み返す。
やはりもう5巻は出ることはないのだろうか。とても残念。
(4巻のあとがきに、5巻で完結と書かれている)

この作品は、なによりナツがキレイ。かすみ氏の絵はそもそもキレイだけど、それにしてもナツはキレイだなぁ。
鈴呂のいぬっぷりは特徴的ではあるが、それは一側面でしかないし、逆に動物的ともいえるあの惚れっぷりには、読んでるこっちが惚れる。ここでいっても・・・だが、ほんとに完結まで読みたいなぁ。
2009.03
29
全5巻。
大好きな作品なので、時折引っ張り出しては読み返す。

で、最近雁川氏はどうしているのだろう、作品は発表していないのかな、と検索してみたら、氏の新しいサイトが稼働していて、なんと!新しい展開が!! この作品の若干パラレル気味な世界の話だと理解したのだが、・・・・・・・・ちょっと設定が哀しすぎる~~~るる~~~。
が、雁川名義の作品もUPされているので、読ませてもらおうと思う。楽しみだ。
2009.03
29
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
読む前にぱら見したときに、妙にこどもっぽい印象が残る台詞があって、ありゃ、これは好みじゃないかも・・・とどきどきしたのだが。
読み始めたら、ぜんぜんそんなことはなく、きちんと読むことと、ちらりと読むことの、解釈(読解)の差に自分でびっくり。ちら読みでダメと思った作品に、もしやかなりのお宝があったのやも・・・などと、今更ながら焦ってみたり。
閑話休題。

併載の「十二月の暴君(ティラン)」(この恐竜づくしのタイトルもいいね!)とあわせて読むと、多感なあまりにつまらない時間を過ごしていた高校生が、殻を破ってのち、ぐいぐい成長しているのがよくわかる。このへん、やっぱり恐竜の卵が孵ったようなイメージあり。もしかしたらこの作品、タイトルだけでかなり勝利してるかも。

木部がなんだかイヤな奴?と思ったのが、実はけっこうちゃんと友人としてのスタンスを大事にしている奴で驚かされたけど、そのへんの展開もよかった。
やっぱ好きだな。いつき氏作品。
2009.03
29
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
純朴な受けくんがタイからの留学生、つまり、一般的な日本人からは考えられないほど“神”への敬虔な気持ちをもっている、という設定が生きている作品。というより、そうでなければなりたたない作品。純朴であるがゆえに、かえって素直さも際立っている。

しかし、いつき氏は、いろいろな顔を見せてくれる。
私はごく最近読み始めて、まだ全作を読み終わっていないが、どれもこれも違う作家の作品だといっても通るような。
新作はいつ出るのだろう?
なんとなく今なら即買いしそうだな。
2009.03
29
感想をどう書いたものやら悩むことひと月。
もう諦めた。

とにかく素晴らしい作品。
いまは全巻入手することはなかなか難しいが(私もえらいメに遭った。あーとーでー、とか余裕かましてないで、ちゃんと刊行時に買っとくんだったよ)、手に入るようならぜひ購入をお勧めするものなり。


こちらで世界観を味わうのもまた一興。すてきなサイトです。
諏訪緑的世界

こちらは公式HP 時の泉
2009.03
28
森脇作品にしては、ちょーーーっと中途半端なものがあったり。

中途半端とはいえど、どの作品もいちいち印象的(森脇作品の森脇作品ならでは、の所以)。
私がいちばん好きなのは、やはり「山羊の頭のSOUP」。
イゴリー大好きだ!←メイワク!とさくっと言われそう
2009.03
28
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
で、続きであるこちらもゲット。
なぜかこちらは読んでいなかったのだが、あわせて読まないともったいないね。

最後のシーンがとてもほっこりできて、読後感よし。
チィは甘え上手なのだから、これからもっと大樹に甘えるがよろしよろし。
2009.03
28
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
この先、再刊されることはないだろうという寂しい予想はきっと正しいのだろうから、と入手できるうちに購入。既読ではあるのだけどね。

マーを巡る謎が興味深い。
もちろん、海を愛する4人のオトコたちの姿も、それぞれ興味深い。マーの呪いって、ホントにありそうだ。

イラストのためにゲットしたのだけど、私のもつイメージとはちょっと違うのは痛し痒し。
2009.03
28
Category : 小説(その他)
Theme : 感想
Genre : 小説・文学
東京新聞の書評を読んで手に取ったのだが。

なにがいいたいのか、最後までわからず。
非常にもどかしい感じで終了。
2009.03
28
学園探偵モノ。
BLテイストは要らなかったんじゃないかと思うよ。

いろいろ中途半端なのだが、これもまたシリーズ化することになるのかなぁ。
2009.03
28
シリーズ二作目。
これはパターンなのかな? 必ず最後の話は少々軽め(ギャグテイスト)でバイト二人のネタになるというのは。そのへんが私にはちょっと・・・なのだが、これは若くないせいだろう。うむ。とても可愛らしい筋立てだとは思うのだけどね。

「静寂」はとても切なかった。
こういう話があるから、読むのをやめられないんだろうな。
2009.03
28
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
どんな妄想小説なのかと思って読んでいたら、きっぱりファンタジー系だった。

半分眠りながら読んでいたらしく、感想を書こうとしたいま、なんだかよく覚えてないよ。夢魔に魅入られたのかも・・・な初音同様、読んだこともすべて夢の中にしてしまったのかもしれない・・・。←ばか
2009.03
28
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
存外楽しめた。
なんというか、ほんわか幸せになれるというか、そんな感じ。
潤がまたいいオトコになりそうで。

登場人物に悪い人間がいないっていうのは、ほんとにいいなぁ。

ちなみに私はパイナップルを料理に使うのには反対派デス。
2009.03
28
しょうこりもなく読み続けてみる。鏡家サーガ。
これもミステリだったな。

全体の仕掛けがけっこう好み。
創士の目的(?)はわからないままだったのだが、そのへんの理解は氏の作品には不要だと、私は切り捨ててしまっているので、かえって楽しめたかもしれない。ただこの作品は、鏡家サーガとしての要素(他の家族との絡み等)がなかったように思えるのだが、どうなんだろう?
2009.03
27
こんな連載も描かれていたのね。
書店で見かけてびっくり。即買い。当然でんがな石原作品だもの。

テーマはボーイズラブにしてはあるんだが、もちろん“っぽい”作品ではあるのだが、どちらかといえば、男の友情(ちょっと超越)と家族の愛情の話。なんせトラック野郎たちががつがつ登場だし。
一騎を芯にしつつ、いろいろな人間模様が描かれていくように思うこの作品、次巻はいつになるやら・・・だけど、楽しみに待つ。

でも『テッペン~』のつづきも早く読みたい~~~!!
2009.03
27
『明日、彼のベッドで。』『眠れない恋人』ときてのシリーズ三作目。

もうこれで終わりかな?というくらい、二人の信頼もがっつり! デリシャスなシリーズであった。
今回はさらに千束眠り姫がなにを考えているのかわからない状態で、波平チビ王子のうじ~なところも当然のように登場するわけだが、こう、なんというか、王子が自力で解決しようとする姿がなんともいいんだな。


彼らの恋愛についての流れだけではなく、まじめでコツコツ努力する波平の姿に、思わず仕事への姿勢など考えさせられたりして、私はどこに焦点を置いて読んでいるのやらと自問自答してみたり。
2009.03
26
なかにはハードボイルドとカテゴライズしなくてもよいのでは?と思う作品もある。が、そこをあえて“傑作ハードボイルド小説”とするところがいいな、と思っていたのだが。
あとがきを読むとどうやら編集者の思い入れが強いらしい。もっとも、こうした形での短編集(リミックスとでもいうか)だと、編集者の意思を感じることが多いよね。

収載作のなかでは「冬の保安官」、「ダックのルール」(公シリーズ)、「ジョーカーと革命」は既読。だが、あらためてこうした形で読むと、それぞれの個性も浮かび上がってくるもんだね。
とと。
既読はこれだけかと思っていたら、未読なのは単行本化が初めての「夜風」(新宿鮫シリーズ)だけだった。いくら10年以上前(20年以上前もある~)に読んだからって私の記憶力ってばいったい・・・・・。

表題作と「空気のように」の二作が、今回心に重く残った。
バーボン舐めながら、もう一回読みたいな。


※初出一覧が抜けていたので『裏大極宮』でチェックした。転載させてください。
・夜風……「本とも」2007年7月号(創刊号)/徳間書店(※単行本初収録)
・年期……『一年分、冷えている』(1991年/PHP研究所)
・Saturday……『六本木を一ダース』(1989年/河出書房新社)所収「セヴン・ストーリーズ」より
・二杯目のジンフィズ……『一年分、冷えている』(1991年/PHP研究所)
・Wednesday……『六本木を一ダース』(1989年/河出書房新社)所収「セヴン・ストーリーズ」より
・ひとり……『一年分、冷えている』(1991年/PHP研究所)
・空気のように……『六本木を一ダース』(1989年/河出書房新社)
・ゆきどまりの女……『眠りの家』(1989年/勁文社)
・冬の保安官……『冬の保安官』(1997年/角川書店)
・ダックのルール……『漂泊の街角』(1985年/双葉ノベルス)
・ジョーカーと革命……『ザ・ジョーカー』(2002年/講談社)
・鏡の顔……『深夜曲馬団』(1985年/光風社出版)
2009.03
26
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
一馬の神宮に対する信頼がここちよい。
神宮の一馬に対するやきもちがかわいらしい。

シリーズもひっくるめて5作目となれば、オールスターキャスト。
それぞれの立ち位置も落ち着いてきたようだ。というより、すべてのキャラのいちばんとんがったところが丸くなってきたような?? 私のとってはいやな変化ではないのだが。もっともこのシリーズに関していえば、國沢智氏の表紙が楽しみで買っているところもあるので、そもそも内容にそんなに思い入れはなかったりして・・・・(すみません。>いおかさん)。

著者があとがきで、受けをかっこよくとこれほど思ったことはないというようなことを書かれていたが(いま手元にないので正確ではないデス)、いちばんかっこいいいおか氏の受けくんは、やっぱり『真昼の月』の神埼だよなぁとかしみぢみ思ってみたり。
一馬もかっこいいけど、感情がわかりやすくてかわいいよ。うん。
2009.03
25
Category : 小説(その他)
Theme : 感想
Genre : 小説・文学
戦士マリアの一生の物語。
疾風のマリアの闘いっぷりは手に汗握る。やはり百田氏の描く闘いだからだろう。迫力満点。
自らのアイデンティティを貫くために自らの揺らぎを捨て去る姿は、かえって哀しみを誘うが、そんなマリアにも淡い恋心をもった瞬間があり、その記憶が最期までマリアに残っていることにほっとする。
“偉大なる母”の一生にも、とてつもなく大きな孤独を感じる。

が。
どうしても、勉強いたしました~って意識が去らなかった。オオスズメバチの生態がテーマなんですもんね。まるで知らなかったその生態は非常に興味深いものであったけれど、擬人化してしまうとその短い一生(約ひと月といえばいいだろうか)を正しい時間軸でうまく感じられなくて。

小説を読むぞ、という意識で読んだからこういう感想になったわけだが(実はこういう内容だということは知らなかった)、最初から勉強するぞ、という意識で読んだなら、どんな感想になっただろうか。
2009.03
25
あいかわらずのテンションで爆笑にひきずりこまれる。人気があるのもむべなるかな。

今回はもうウリエルに尽きる!
あの無表情、あの過激さ@無自覚、きわめつけは、やはり電車のつり革を使用しての器械体操かしらん。

バベられる、ってのも愉しかった。
しかし、さまざまなネタがちゃっかりわかってしまうあたり、自分の雑学ぶりに呆れてみたり。ああ、そう考えれば、ネタがわからないといまひとつ楽しめないという側面もあるのかなぁ。それとも、単純に、より楽しめるというだけのことかなぁ。

なんてことを思っていたら、がんばっているサイトを発見。
リンクフリーなのかどうかわからなかったのだけど、リンクさせてね。
『聖☆おにいさん 元ネタ集』

Tシャツはほんっと笑えるよね、毎回毎回。
今回はブッダの自信作“やっぱりろばが好き”が私も大好き♪ “10人”と”12人”のオソロな感じも好きだけど~。


ありがとうございました~!>Tさま
2009.03
24
タイトルに惹かれて、amazonで感想をみてみたら、非常によい評価だったので読んでみた。読んでびっくり。想像とまるでちがう世界だった。
付喪神になった物たちがキーになった話だと思い込んでいたんだよね。ところが、ちょっとひねってあって、これは“アンティーク”とよばれる特殊な力をもった物をめぐるお話なのだった。

どんぴしゃの好みではないけれど、刻也のもつアンティーク“ヴィジョン”の由来がとても気になるので、シリーズをこのまま読んでみようと思う。

人の欲にまみれて使われるアンティークは可哀想だけど、「像」や「記憶と記録」に描かれるアンティークは、とても切なく心に残った。
2009.03
23
時代モノということで、これまで発表された日高作品とはかなりイメージが違う。しかも続き物ということで、まだまだ感想は書きたくない。

アイタタタな展開はしばらく続きそうで、キツイなぁ。どうかハッピーエンドになりますように。なーむー。
2009.03
23
すっかり展開を忘れていて、読み返したいのだが、2巻までを探し出す元気がない。
ので、とりあえず読んだ。

まだまだ先は長そう。いっそ、全部終わるまで買うだけ買って、読むのやめておこうかしらん。
2009.03
22
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
サスペンスコメディ??

なんといっても大牙のキャラクタに負うところが大きい。あの一人ボケ体質は永遠に失わないでいただきたい。ということで、シリーズ化大いに希望するものなり。
大牙のおかげで全編なんだかコミカルテイストなので、ともすれば重くなりがちな殺し屋の存在も(だって恋愛ということになると、殺し屋の商売と倫理観でぐちゃぐちゃになりそうじゃん?)さらっと流して読めるので、あくまでも読者は軽く楽しむというスタンスでいられる。大牙のおかげで、殺し屋華門までなんだか剽軽に思えてくるし(けしてそんな言動はとっていないんだが)。

メインの二人もいいんだが、カマカマ軍団が楽しくって! どこかとんちんかんなエリート鹿園もおかしいけど、カマカマ軍団には勝てないね。そして、奈良千春氏のイラストが、こうしたコミカルシーンもしっかり拾ってくれていて(編集さん、ありがとー!)、堪能堪能。ドシリアス奈良絵も大好きだが、こうしたコミカル絵も大好きなんだな。
2009.03
22
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
ちと強情すぎるんじゃないかと思う誓史だけど、環境を考えると、こうした幼い面もしょうがないのかなと。おまけに佐伯も甘やかしまくりだし。
すれちがう原因は読んでいる側には丸わかりなだけに、じりじりさせられるけど、こういう予定調和も悪くない。

櫻井のほうの展開は、この先がほんっとーにたいへんだろうなと(対母親)同情してしまう。しっかり乗り越えていってくだされ。


ありがとうございました~。>Aさま
うおっと。書き忘れた。
二ノ宮さん、とっても好き~。この方、『きみの処方箋』の二ノ宮女史のおにいちゃんなんだね。
2009.03
22
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
で、三作目。
そして、やっぱりネトが好き♪ トーニャも大好き♪

ラスト、番外編を彷彿させるディックのヘタレっぷりがなんとも笑えて楽しい。そこまでが辛く苦しいだけに、心底ほっとするんだよね。あーよかったよかった。
2009.03
22
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
で、二作目。
で、やっぱりネトが好き♪

ユウトに感情移入すると苦しくて読めなくなる。そんななか、スペンサーの語るところのディック曰くの「ユウト=犬」説にロブともども爆笑。すっごく好きなエピソード。