RSS
Admin
Archives

神保町の片隅で

活字中毒気味人間の読書記録です。

Counter

    

Article
Comment
Category
Link
Walk
Graph
いもこさんの読書メーター
Trackback
Archive
Click !

イーココロ!クリック募金

Search amazon

Access

Ranking
ランキング参加中。

FC2ブログランキング

Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:

Diet
ダイエット日記
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2008.08
31
中村作品初読み。
いままで勧められたことは多々あれど、なんとなく控えていた。
今回、お借りしての初読みとなる。この先の中村作品はすべてOdさまにお借りしたもの。
いつもいつもほんとにありがとうございます(ぺこり)。>Odさま
なのに、文句たれでごめんなさい。

面白くないわけじゃないのだけども、なんか喰い足りない。なにが足りないんだろう。
とりあえず言えるのは、この人らの話を、続きを、もっと読ませてくれい!というところ。尻切れとんぼな印象があるんだな、きっと。

あ。半十郎はたいへん好みです。
2008.08
31
これは文句なしに大好き!
にしても↓の、ことに表題作とは、ずいぶんテイストのちがうこと。
けれど「水鏡」には共通のものがあるよな。

どんどん可愛くなっていく二人も好き。じいちゃん、ばあちゃんも好き。ママも大好き。
樋口先生のエピソードはじんと来る。
熟年編はまた大爆笑だし。

自分で買ってもいいかなぁって思いましたよ。
ありがとうです。>Odさま
2008.08
31
一度は読んでみたいと思っていた国枝作品。
お貸しくださってありがとう~。>Odさま

若干暗くて切ない。
好みかと聞かれれば、うーん・・・と唸るかな。けど、ずっしりと感じる作品だった。

「水鏡」が好き。
迷わない男っていいよなー。
2008.08
31
この世界観は苦手、といいながら、なんで読んでんだろうなぁ。
我ながらシリーズものに弱いのは困りものだと思うよ・・・。
2008.08
31
やっと読めた第三巻。
ありがとうございました。>Oさま

浮気と嘘が入り組んでしまって、いったいどうなるのかとハラハラドキドキ。バカップルは、収まるところに収まるしかないとは思っているんだけどさ。
しかし、このバカップル。親御さんに助けられてるよなぁ。

これが最終巻かと思っていたのだけど、まだ続きそうな感じ。このままいろんなエピソードを読ませてもらえるとうれしい。
2008.08
29
Category : 美術
Theme : 本の紹介
Genre : 学問・文化・芸術
集英社の案内によると、
『ワタリが遺した“L”のラストファイル。本物か、捏造か? 発見された“L”最期の日々を綴ったファイル。撮影=蜷川実花、描き下ろし漫画=大場つぐみ×小畑健、そして、ワタリの日記……最高の才能が仕掛ける“L”最大のミステリー。』

なかなかに楽しかったよ。>Muさま
丸洗いされるLが見られて楽しかったですわ。

しかし、後付けに松山ケンイチの名前が出てこないのが笑えてしまう。すでに、彼はイコールLなんだな。
写真としては、モノクロームの分野のが好き。カラーは色があざとくて、少々受け入れ難し。
2008.08
29
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
椹野氏のBLも読みたくなって、先日来読み返しがストップしていたシリーズをセレクト。『右手にメス、左手に花束』シリーズ3作目。

立て続けに読むと、なんだか同じ作家さんではないような印象で、不思議だったり。
世津子おかあさんがとてもステキなので、ほっとする作品。どんな出来事でも、見方ひとつで全然違うんだよなと思わせてくれる。世津子おかあさんは受け入れることで、すてきな息子がふたりに増えたけど、受け入れなかったら、ひとりぼっちになってしまったかもしれないわけだから。
2008.08
28
講談社X文庫ホワイトハートで出てるシリーズを、ユギ氏のイラストとともに楽しんでいたんだが!
なぜか、また元のノベルスに戻ってしまった。
や。作品としては、どっちでも問題ないようには思うんだけどね。文庫で揃えている私としては、なんとなく釈然としない。
というわけで、今回は図書館の本。

事件は、私の気分同様、非常に釈然としないもの。龍村先生がどんどん出張ってきてるように思うんだけども、あんまり出張られると、もういっこのシリーズも読まなきゃいけない気がしてくるので困る! 困るんだよ! いっぱい出てるのに、なぜか図書館には1冊目がないんだもんよ!!
とまれ。
伊月くんの成長譚としては、今回はいまいちかも。単純に読みやすいというのはあるのだけれども、それはBLのほうで発揮してくれればいいような・・・などとも思ったのであった。もちろん、事件のその性質というのは、現代人のいろいろな脆さを孕んでいて、考えさせられるところはかなりあり。うーーーん・・・・。
2008.08
28
ほどよくコミカルで、ほどよくシリアスで、とても面白かった。
やっぱり仕事が絡んだうえでも恋愛って、好きだな。

この方たちの描く男性の(女性も、だけど)肢体は、とてもキレイ。目にやさしい、という表現もヘンだけど、そんな感じ。
2008.08
28
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
BLばっか読んでるみたい。
1時間で1冊読めてしまうというのと、夜寝る前にはさくっと読めるものを選ぶっていうのが原因。

熱砂シリーズ番外編。
といっても当の熱砂シリーズは未読。読んでみたいけど図書館になし。ちぇ。

本筋の彼らはおいといて。←ほっといてもいちゃこらしてそうなので
素直じゃなくて露悪的なアランがなんだか愛おしい存在だったよ。
2008.08
28
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
読み切りかと思っていたら、まだまだ続くのだそう。
BLという感じではない。
『楽園建造計画』以来の高遠氏作品だが、やはりとても傷ついた魂が一つあるって流れ。彼が傷ついた子供から、しっかりを地に足のついた大人になるまでってことになるんだろうな。

ひとまず続きを待つ、ということで。
2008.08
27
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
嫌いじゃないが食い足りない。

つねに冷静であるコングロマリット次期総帥が、よりにもよって大事なところで私情に負けるというのがイヤなんだな、きっと。
2008.08
27
シリーズ三作目。評価は非常に高い。
本格の読み手としては、ラスト、怒濤の謎解きには、唸らざるを得ないというかなんというか。

けれど、なぜか心地よくないんだよなー。
好みじゃないってだけでなく。
シリーズ二作目と四作目(先に読むな!)は、とても好きだったのだけど。

やはり刀城が語らないせいだろうか。
2008.08
27
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
読み応えがあった。
主人公の二人ともが、有能な社会人っていうのがツボなんだな、きっと。それを背景に、ちゃんとゴージャスな暮らしぶりも謳歌してるし。もっとも仕事三昧で遊びに費やしているわけじゃないけど。恋愛部分に関して、邪な思惑の横槍が入らないのもいいわ。

イラストは蓮川愛氏。美しく豪華なムードもぴったり。

私にとっては、こういう作品がBLの王道なんだな、とあためて感慨しきり。
2008.08
26
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
えっちしーんを読み飛ばしたら、読むところがなかった。
レーベルがレーベルとはいえ、ちょっとなぁ・・。
2008.08
26
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
どこかで読んだような・・・?
2002年発行の作品のリメイク(?)ということだから、もしかしたらそちらを読んでいたんだろうか? にしても、あまり記憶がない。

骨のある男っぽい受けを目指した、とあとがきにあるのだけども、甘えん坊の無鉄砲というか、骨がないわけじゃないんだけども、坊っちゃんくささのほうが先に立つ。それがいやなわけじゃなくて、イメージとしては、お世話係×坊っちゃんだよな、といいたいだけ。

さて。
奈良といえば刺青。刺青といえば奈良。
今回も本領発揮でございますな。イメージもぴったりで、見応えあり。

やっぱ、奈良さんはいいね!>Tさま 今回もありがとうです(ぺこり)。
2008.08
25
ひさしぶりに静かに興奮した。
柴田氏があとがきで書かれているように、私もこれを現代の、いまの物語として読んだ。なぜなら、いまここに生きている自分の閉塞感をまざまざと追体験させられたから。

この物語世界にもっと触れたいと思う。
ので。
ぜひ書き続けてください。2031年に追いつかれないように。>柴田先生
2008.08
24
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
いおか作品に山田ユギイラスト。
なにも考えずに買ってしまいましたとさ。

事件仕立てなので、その分楽しませてはもらった。唐突な始まりも、きちんと途中でなぜそうなったかが書かれていたし。けどまあ、買うほどではないかな。
といっても、買って大満足、というレベルの作品は、最近はことに少ないのだけども。

今回、ユギさんの描く攻めくんの顔がシャープで、いままでにないイメージだったのが印象的。やっぱこのところの人物画が丸くなりがちだったという自覚はおありだったのかな。
2008.08
24
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
奈良萌え~~~! いったい何度目のシーズン??

作品の内容はおいといて。←をい!
奈良千春氏の描く三白眼って、ものすごい凶相で、でも魅力的なんだよな。
こんな政治家いやしねぇだろっていう設定の清廉なタイプの政治家二代目が、奈良三白眼(固有名詞にするか!?)のせいで、恋に狂った以上の狂いっぷりにみえるのが可笑しい。

最初にあるカットで野秋の印象が小説部分と比べて違和感があるのだけども、これはどうしたことだろう? 奈良氏の手元に届いた資料と実際の小説が違ったのかな? ←奈良氏には読み違えはないと妄信していたり。すみません。>小説作者さま


毎度ありがとです。>Tさま
2008.08
23
サブタイトル「絵画修復士 御倉瞬介の推理」で、シリーズ二作目。連作集。

どの作品も“死”がそこにある。
それは探偵役の御倉にしても同じこと。彼のなかから消えることのない翳りは、喪くした妻と残された一人息子を思う心だから。

実存する絵画あるいは実存しないそれであっても、その表象からさまざまなことを解いていく展開は、見事。読んでいてやめられなくなってしまう。連作集で助かる。じゃないと、夜を徹してしまうよ。
しかし、毎度思うのだけども、下調べって大変だろうね。自分のなかできちんと昇華しなきゃいけないし、作品とするには、さらにそこからの驚くべき発想で味付けしてからなのだもの。凝り性ですか?>柄刀さん
2008.08
23
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
再読。
七地氏初ノベルズなのだけど、七地ワールドは全開。

それにしても、七地氏というのは作品の世界へ読者を引きずり込むのが巧い。うまくリンクできない読者も絶対にいるだとろうと思わせる特殊さをもって。
この作品は私のイチ押し『ルドルフの数』に雰囲気が似ている。あちらは英国の香り、こちらは和の香りだけども。
とにもかくにも静謐だよなぁ。和、な分よけいに。

しつこくお借りしててごめんなさい。でも、ありがとう。>Oさま
2008.08
22
Category : 評論
Theme : DEATHNOTE
Genre : アニメ・コミック
カテゴリ評論てのは間違ってるかも・・・。けれど作品に関してのあれこれは、私としては漫画作品そのものとはなりえず。

ちょうどテレビでL以降のアニメがオンエアされたので、読むタイミングとしてはぴったりだったかも。ナイスだったよ。ありがとう!>Muさま

大場氏と小畑氏の作品制作過程は、ことに興味深かった。それと編集の存在の大きさ。なんだかもう一度読み返したくなってきたなぁ。観ていなかったLのいる前半のアニメも。
2008.08
22
まさしく大人のライトノベル。
自衛隊ラブコメシリーズ第二弾だそうで。自衛隊だらけ~。

どの作品もするするつるつる読めるし、少女漫画ノリの恋愛モードは、すっかり青春を忘れた人間に、ほどよい郷愁をもって迫ってくる。
女性からすれば、どの作品にも理想の男性像があり。
かと思えば、銃後を守るのは女性性だと限定はされず、場合によっては男性性もあり。
これでウケなきゃウソでしょう!

自衛隊に所属する男性諸氏に、作品の感想をうかがいたい。

なんて思いませんか?>Mさま
お貸しくださってありがとう♪ すっごく楽しかった。
2008.08
22
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
イラストが國沢智氏。
人物の骨格にちょいと物申したいところはあるのだけども、構図取りがすごく好き。

いおか作品とは思えないような作品。だからといっていおか作品はこういうものだということがいえるわけではないのだけども。やっぱ『真昼~』のイメージが強いんだな、きっと。
とんでもないお金持ちワールドは、けっこう好みだから、そのへんを楽しませてもらった。
2008.08
22
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
シリーズ二作目。

このシリーズのイラストは雪舟薫氏。
水、炎、緑、と作品タイトルに沿った色遣いなのだけど、この炎のオレンジがいちばん好きかな。
2008.08
22
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
「記憶」シリーズの第一作。
『緑~』@第三作を先に読んだので、とりあえず。

このシリーズは、BLではあるのだけども、臨床心理士の「このコを助けたい!」という想いがメインにあるので、そっちが面白いかな。いろいろと事実錯誤はあるようだけども。
2008.08
22
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
ワケアリ(?)兄弟もの、なのだそうな。
ちょっと、どころかだいぶ壊れてる感のある義理のにーちゃん、私にはコワイ。
2008.08
21
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
なんべん読み返しゃ気が済むんだ!?
けど、いまはやっぱり七地ワールドに夢中な私。

しかし、何度読んでもどこか読み落としているところに気がつくっていうのもどうよ?
私の読み方がズボラすぎるのか、七地作品の内容が詰まり過ぎているのか。ほんの1行読み落とすと、そこに可能性を秘めたほかのストーリーがあるんだもんなぁ。この美しき獣たちの世界は、ほんとは順不同でぜんぜんかまわないから、何十冊でも読みたいよ~。
2008.08
20
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
というわけで読んでみた。<情熱シリーズ最終巻
うーん。
まるで記憶にないや。ほんとに読んだのかな? けど、おかしなことに後書きだけは記憶にある。読み飛ばすにも程がある・・・。

イライラさせられる展開だけども、大団円でシリーズ最終幕としてはよい出来かと。もうこの二人には怖いものなしだわね。
2008.08
20
本棚の整理をしてたら目についたので、お休み前の1冊として再読。

当初は比較的印象にうすい作品だったのだけども、あらためて読むと、三組のカップルのそれぞれの真っ直ぐな心情が響いてくる秀作だな、と思ったり。
一途に思われるということは、かなり重いものなのだろうけども、それを返せると自分を信じられたらば、これほどすばらしいことはないやね。