RSS
Admin
Archives

神保町の片隅で

活字中毒気味人間の読書記録です。

Counter

    

Article
Comment
Category
Link
Walk
Graph
いもこさんの読書メーター
Trackback
Archive
Click !

イーココロ!クリック募金

Search amazon

Access

Ranking
ランキング参加中。

FC2ブログランキング

Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:

Diet
ダイエット日記
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2007.11
30
そうです。
つまり、現在刊行されている二冊とも一気購入したわけで。
ガマンしてると倍の出費を来すといういい例。

セツが守り神(獣人)となったいきさつが描かれるこの作品は、切なさいっぱい。けど、とりあえず今はセツもしあわせなのだろうから、結果オーライということにしてしまおう。

シリーズはまだ続く(続いている)のかなぁ?
これはこれで、もうおしまい、でもいいように思うけども。
2007.11
30
ずっと気になっていたものの、そのままにしてあった作品。ついに購入してしまった。

セツが病魔を喰らう姿は、けっこうグロでぐえ~~~っとなってしまうのだが、それだけ画面に力があるからだともいえる。
守り神セツ。いいやつだなぁ。

初読み作家さんだったが、かなりお気に入りデス。
2007.11
30
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
『秘めた恋情を貴方に』のシリーズ作品。
このCP自体、少々唐突な印象なんだが(ただし、その唐突さはすでに前作に現れているので、この作品自体が唐突であるというわけではない)、無茶を承知のゴリ押し設定も、そうであると思ってしまえば、それなりに楽しめるもの。

皇太子らしからぬラウルにぶれがないのがよいのだろうな。
2007.11
29
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
罪シリーズ7巻目。
前巻で少々勢いが薄れてきたかなぁと思ったのだが、今回のは久々に楽しませてもらった。
けど、ちょーーーーーっとえっちシーンが多いのがしんどいなぁ。
彼ら、ヤリすぎちゃいます・・・?

今回も陸裕千景子氏のコミック付き。
しみぢみとよかったです。


しかし、ごろちゃん。男の人生狂わせまくりで、もしや魔性?
2007.11
29
シリーズ最終巻。
待ってました!なんだけども。

私には少々ポテンシャル不足に感じられた。
おそらくは、恋愛部分へのシフトがなされていたからだろうな。
もちろん、最終巻であるだけに、そっちにもケリはつけなきゃならないわけだから、ある種しょうのない展開ではあると思うが。
単純に「笑う正論。」@マイお気に入りの出番が少なかったせいかもしれない・・。でも、友を思う姿はじーんときたよ。

「頑な少年。」と「情報屋。」のスピンアウトものが出る、に10000いもこ。
それに今回のエピローグにいたる珍道中(?)も描かれる、にさらに10000いもこ。


不満ありつつも、緊迫感をもってラストまで突っ走りました。
ありがとうございました~。>Shさま
「大阪のおばちゃん」がなんせかんせ印象深いわ。わはは。
2007.11
28
第137回直木賞受賞作品。
さすが、というか。

謎がいったいなんなのか、それを明らかにしないまま作品は進んでいく。
絡め手ともいえる構成に、引きずられるように読んだ。あっという間に読了。

手引きとタイトルにあるように、聞き手とともに読者も吉原のなんたるかを学んでいくことになる。ストーリーとともに興味はいやまし、飽きさせることがない。
筋立ても興味深い作品だったが、おかげで江戸風俗への興味までかき立てられてしまったよ。これ以上あちこちに手を広げるゆとりはいまないんだが。
どうしてくださいます?>松井さま

とても面白かったです。
ありがとうございました~~~。>Oさま
2007.11
25
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
再読となれば、こちらも読まねば片手落ちというもの。
というわけで、続けて。

ほんとにもっと読みたいよ。
信夫も瀬名も、にーちゃんもさゆりも大好きなんだもの。
2007.11
25
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
ちょっと目がマシになってきたので、小説の再読に走る。

愁堂氏のキャラとユギ氏のキャラがぴったりハマって、さらに表紙レイアウトも斬新で、とてもすてきな一冊。
シリーズがもっと続くといいのに。
2007.11
25
全二巻。再読。
ほのぼのしたいときに読む。

BLには入れてあるけど、BLじゃあないよな。
けど、このまま続けて、ユウトがいったい誰とくっつくのか見てみたい気持ちは満々。もちろんオトコとくっつかなくても、問題なし。
2007.11
24
絶賛再読継続中。↓とはシリーズ。全二巻。

大人の恋(まあ、まだ20代のガキだけどさ)は頭でっかちで、もどかしくて可愛いな。不破氏の作品の悩める男性は、ことにそう。
けど、この作品に関しては、ちょっと。
浮気はいかんよ、浮気は。
2007.11
24
漫画作品再読継続中。

タマが成長していくのが、絵に現れていて、そのへんが好き。
かなり身長伸びてるよね。智之、そのうち抜かれそうだ。
2007.11
24
目が痛むので、漫画作品の再読に走る。

改めて読み直すとけっこうよい作品だったんだなぁ、としみじみ。
ところで私はこれの1作目を読んでいないように思うんだが、どうなんだろう?←ひとに聞くな。
2007.11
24
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
剛氏の作品で、ひさびさに感情移入できた。
なんだろう。どこがどうよかったのかは不明。多分、探偵サンの人間味(弱さを隠してつっぱらかる)がよかったんだろうな。
若干壊れた部分を抱えているドクターの姿もきっとよかった。
割れ鍋に綴じ蓋的な二人なんだけど、切なさを二人で舐め合うのではなく、埋め合うのが、いいんだろうな。

桜城やや氏のイラストは、いつもそんなに好みじゃないんだけど(漫画作品は読む)、今回この作品には、とても合っていたように思う。
2007.11
23
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
イラスト担当は、香坂あきほ氏。
初めての方だが、なかなかムードのある男子を描かれる。

面白かった。
もちろん予定調和なのだけど、攻めさんがかっこいいんだよな。好み。なので無条件に陥落。←わかりやすすぎです。>自分
2007.11
23
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
珍しくシリーズものを途中から。
あらすじを読んで、いまひとつ触手が動かず読んでいなかったのだけど、これを読んだらシリーズ全部読みたくなってきちゃったぜい。けど、これ以外は図書館になく。
誰か持ってたら貸してください。←なぜここで?

受け弁護士クンの「やるときゃやるぜ」的かっこよさにはくらくらしてしまいます。

とりあえず、いまamazonには行かないようにしよう。
うっかりポチッとな、してしまいそうだ。
2007.11
22
江戸もの。連作集。

さらりと読ませてくれますね。
「裏葉柳」のエピソードがいちばんぐっとくるかな。
少々おとなしめの展開と、行方不明の彼についてのエピソードが尻すぼみなのが、なんとはなしに興醒め。もったいなかったような。

お貸しくださいましてありがとうです。>Shさま
2007.11
22
三年後にもし死ぬとしたら。
日常の食べ物であるとか、そういうことを考えないで答えるとするならば。
私は仕事をやめて、読書三昧で暮らしたい。


地球滅亡のニュースより五年経ってより話が始まるというのが、とても優れているのでは?
なので、パニック小説ではなく、生きている人間が自分をゆっくり見つめ直している姿が、とても愛おしく感じられる。
あー、なんか『渚にて』を読み返したくなってきちゃったな。
2007.11
20
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
こんなところにもK登場。
ほんとうにほんとうなのかはわからないままだけれども、この先にこのネタで作品が生まれそう。

今回は高校生が主人公なので、読み手としてはのりきれず。
2007.11
17
新ベイエリア分署シリーズ。長編。

突然倒れる外国人。家族を捨てた浮浪者。内調の介入。
事態は大事(おおごと)なのに、安積班はあくまでも変わらず安積班。そのへんがよい。
なんといっても、須田の情報収集能力の発露が白眉。笑っちゃうほど。

さて、シリーズは発行されているものは残り1冊。
早く読んでしまいたいような、もったいないような。
2007.11
17
思ったのとまるで違う作品だったけど、ひどく楽しかった。

ひさびさにストーリー紹介。bk1より。
「警視庁捜査一課の鷺沼は、迷宮入り事件のファイルを開いた。14年前、12億円をだまし取った男が金とともに消され、犯人も金も行方不明…。再捜査が開始され、鷺沼は12億円の行き先をつかむ。それは神奈川県警だった。」

ヤクザやさんが案外気のいい極道だったり、悪徳なのは警察官僚だったり(これはよくある。本当にそうだと思う)、剽軽な刑事くんは妙な魅力があったり、主人公の先輩の奥さんが豪気だったり。
そんなのに囲まれて主人公が右往左往しながらも、ちゃんと前進していく姿に絆されたり(なぜ?)。

思わぬところで楽しませてもらったよ。
やはり笹本作品、面白い!
2007.11
16
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
次から次へと近辺でカップルができあがっていくのは実は得意じゃないんだが。

このシリーズに関しては、ゴージャスムードに戸惑わされるうちに受け入れてしまっているな。非・現実の極み。
だが、それでこそフィクション。それでこそBL。

シリーズは終結したようなんだが、コミックスやノベルズはまだ出るよね?
まだまだ読み足りないゾー。

ちなみに、私はやはり綿貫×狩野がいちばん好きデス。かっこいいんだもん。
2007.11
15
安積警部補・新ベイエリア分署シリーズ。連作集。

安積シリーズは、連作集が好きだ。
表題作の「最前線」では大橋が登場。刑事らしくなった、と思う。ふてぶてしくなった分。

「暗殺予告」で速水のあいかわらずの安積びいきに苦笑させられたが、「射殺」でのかっこよさったら!! 白バイも、ぶん回して乗ってるんだろうなー。

書き下ろしの「夕映え」もラストが印象的。いい小説だわ。
2007.11
15
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
イラストは山田ユギ氏。
実はここまで桜木作品とマッチするとは思ってもみなかった。
このところ、小説イラストはなんとなく絵が荒れているように思っていたのだが、とても丁寧に描かれていたような。もちろん、絵の技術は私にはわからないので、単純に私だけがそう思っているだけのことかもしれない。いや、きっとそう。

桜木氏の作品はそうたくさん読んではいないのだが、どれもやさしい印象がある。これも、高校生がメインだが、話の展開に無理がなく(もちろん設定はちょっと哀しいし、無理があるといえば無理がある)、素直に読み進められた。
おじちゃん、ちょっといいカッコしすぎだけどね~。
純情にあてられたかな。
2007.11
14
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
もういいといいつつも、小早川と木田が登場するとなるとほっとけない。
性(さが)、だなぁ。
ちなみに次作品にも登場しているらしい。困った。
2007.11
13
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
もうこのシリーズはいいんだよ。
といいつつ、↑のために手にとる私・・・・。
2007.11
12
伊坂作品にしては食い足りない感じ。
いろいろと知った顔が出てきて、それはそれで伊坂作品らしいのだけども。
2007.11
12
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
このところ、あさぎり作品は図書館におまかせだったのだが、山田ユギ氏イラストとなれば、迷う間もなく即買い。しばらくコミックスが出てないから、ユギ切れしてるらしいゾ。

けど、なんとなく馴染まないような印象が拭えないまま読了。
なんでかな?
ニーコはユギ氏のイラストでぴったりなんだけども。

なにより、この作品、タイトルがしっくりこないわ。
2007.11
11
「マリアージュ編」が刊行されたので、改めて全三巻一気読み。
というか、あまりに思い入れのないまま読んでいたので、第二巻の記憶がすっぽり抜け落ちていて、買っていたかどうかも記憶に怪しいという体たらく。情けないわ~。

けど、やっぱ甘すぎて、ちょっとキツいかも・・・。
2007.11
09
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
ラブトラシリーズ最終巻になるのかな。

いやー、もう最高ですね。
沓澤と核の出会い編&出来上がり編。そして杣さんの休日編。
沓澤と核にはもううっとりするだけなんですが、杣さんがまた可愛らしくて。仕事しか彼の中にはないんだなと思うと、笑えて笑えて。
「ハンバーガー屋の店員に負けた」ってあたり、本当に最高です。

シリーズを読み返そうとパラパラめくったりしたんだけど、めくる程度で終わっちゃった。最初の二冊は。だって、沓澤と核のシーンだけ読んだだけだから~。けど、三作目はそのうちちゃんと読み返そう。
2007.11
08
森見ワールドをちょいと薄めた、そんな感じ。
面白いっちゃ面白いんだが、ナンセンスっちゃナンセンス。

続編も出るとのことだが、いったいどんな展開になっているのやら。