RSS
Admin
Archives

神保町の片隅で

活字中毒気味人間の読書記録です。

Counter

    

Article
Comment
Category
Link
Walk
Graph
いもこさんの読書メーター
Trackback
Archive
Click !

イーココロ!クリック募金

Search amazon

Access

Ranking
ランキング参加中。

FC2ブログランキング

Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:

Diet
ダイエット日記
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2007.09
30
15年。
待ち過ぎて、興奮しすぎて、感想が書けません。ごめんなさい。
再読した際にあらためて。


読み終えたくなくて、ご飯食べたり、おやつ食べたり、風呂入ったり、はては昼寝まで挟んで引き延ばしたけど、8時間で読んでしまったことだけ記しておく。実質何時間かけたんだろ。

あ、でもやっぱひと吠え。

江神さーん。
おかえりーーーーー!!!
ほんとにほんとに待ってたんだよーーーーー!!!!!
2007.09
29
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
高久尚子氏のイラスト。
あいかわらずキレイな絵だと思う。

読了してしあわせになれる作品。
それだけ、なのかもしれないが、たまにはこういうのがいい。
2007.09
29
Category : 漫画(一般)
Theme : 感想
Genre : アニメ・コミック
一般にカテゴライズしたけど、いいよな。
とりあえず、一般作品だと思う。

しかし、あいかわらずきらびやかな画風に、どきどきしてしまう。そのうえ、かかってる帯が金色ときたもんだ。いやおうもなく金ぴか度アップ。

新田作品。
刑事モノ。
超能力あり。
ときたら、これは私向け。続きもたいへん楽しみである。


ところで、この要というスーパー聴力をもつ主人公の設定はSTを思い出させて、なんとなく被ってる感あり。なんとなく、じゃないな、本音としては。聴こえるものは違うけれども。
2007.09
28
軽くさくさく読めた。
そのわりには、いろいろな箇所に重いテーマが横たわっている作品。柴田よしきの面目躍如ってとこかな。
さすがです。
2007.09
28
机に縛り付けられてぐずってる速水がなかなかに笑える。やっぱ車に乗せとかないとね、このおじさまは。
もしかしたら、その分、安積のぐずりが目立たなかったかも・・・。
2007.09
27
これも安積シリーズの番外編。
宇津木警部補が失っていたあれこれを取り戻す過程が事件とともに見えて、そのへん、事件とは対照的にほっとさせられる。

ネットのなかに歪なカタチで存在する虚構。現代社会において、もはや無視することのできないネット社会だが(私もこうやって、ネット社会に足を下ろしている)、あまりに奇妙な“アイドル”のひとり歩きに、ネット賛成派の私ですら、不気味なものを覚える。
これは社会小説なのかもしれん。
けど、安積なら、ひとつの事件に過ぎないというかな。どうだろう。


この作品でも、速水は健在で、うれしいことこのうえない。
2007.09
27
安積シリーズ番外編に位置づけられる作品。
主人公はゲームソフト制作会社社長の渡瀬で、彼が敵と対峙していく姿が、読んでいてとてもよい。
タイムトライアル的な化かし合いで、正義は勝つ!というときの気持ちよさったら。

けれど、痺れたのはここだな。

「安積警部補が調べると言ったら、徹底的に調べることを意味しているんだよ」

このひと言で、いままで安積に抱いていたイメージががらりと変わったようだ。私の中で。

2007.09
26
『爪先にキス』のスピンアウトもの。
不破氏お得意の敗者救済ストーリー。
とはいえど、1巻ではまるで救済にはなっておらず、さらにイタイ目にあってるような。

ふんばれ!>恭也
キミは受けが似合ってる。←勝手な
2007.09
24
『鴨川ホルモー』よりも断然面白い。
(現在、記録時点は12月2日なので、こうした感想がうっかり飛び出る。ご容赦)

なんといっても鹿が魅力的だ。
この分では、きっと他の遣い魔(魔じゃないのか!?)も魅力的なんだろうな。鼠はともかく。

大層な設定なのだけど、思わず引き込まれて、いっしょにあわあわどきどきしてしまった。先生、なんとか日本を救ってくださいよ、などと念じながら読んでしまったのは、作者の勝利、だな。


映画化されるらしいが、鏡に映る鹿男は、いったいどんなことになっているんだろう。喋る鹿の顔は、いったいどんなふうなんだろう。視覚的にとても気になる。
2007.09
23
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
作品のもつムードは嫌いじゃないのだけども。

園池のリベンジ作品が読みたいな、どっちかというと。
2007.09
23
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
いつもとは少々趣を異にした作品。
サスペンスタッチな部分がよい味付けになっていて、さらに、マダムの存在が大きいかな。

三人がそれぞれに幸せになれますように、などと柄にもなく思ってしまったよ。
2007.09
22
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
壮大な殉死物語、というか。

1991~2年発表の作品らしい。
いまのこの時代よりも、よりストイックなカタチでのBLだな。といっても肉体関係がないというわけではない。むしろ、その反対とでもいうか。
私がはじめて手にとったJUNE創刊号の香りがする。

東里桐子氏のイラストが、実に似合う。

単純なハッピーエンドにならないあたりが、当時のまだサブカルであることの矜持や肩肘の張り方などを覚えさせて、黎明期の作品とはかくも染みるものなのだなと思った。
読ませる、という技術においては、まだ秋月氏も未熟ではあるけれど、いまのなんとはなしに垂れ流し~的シリーズよりは、よっぽどいいや。
2007.09
22
シリーズ一作目が忘却の彼方ということは、当然二作目は未読なわけで。

面白かった~~~~。
仁王死んだか!? アスカ死んだか!? と右往左往させられたけど。

でもちょっと。
ラストがあまりにあっさりしているような気がするのだけども、どうなんだろう。
2007.09
22
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
ほっとできるやさしさのあるストーリー。
いおか作品とは思えないほんわかムードだけれど、きっちり筋の通ってる作品だよな~。

好きです。
2007.09
21
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
N大シリーズ。
いっそこのまま無作為にシリーズ全作品を再読してしまおうかしら、と思っていたのだけど、これでとりあえず満足したもよう。なんせこれに収載されているのは、漫画作品1つと小説作品1つで、それぞれどちらも読み応えたっぷりだから。

でも、今回再読しなかった分は、またおいおい読み返していこうっと。
いっそ同人誌のほうを読もうかしら。
2007.09
21
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
どうしようかなーと思いつつも、山田ユギイラストには逆らえなかった・・・。

官能小説、ですな。
ここまで突き抜けてしまえば、いっそ開き直って読める。
ユギさんの麻野は色っぽいし。
2007.09
18
講談社ノベルスで復刊されるというので読んでみた。
嘘です。いや、復刊は嘘じゃないけど。
その復刊の案内で、この作品のタイトルから有栖川先生の『月光ゲーム』のタイトルが生まれたと聞いたので、興味深く。

面白かった。
ミステリというよりは、サスペンスなのかな。
ラストのスリリングな展開には手に汗握るという表現がぴったり。ちっとも古くなんかないね。

とあることで「シオンの議定書」などについて見聞きすることがあったので、余計に興味深く読んでしまった。ほったらかしにしてある『赤い盾』をそろそろ読もうかな。
2007.09
18
ミステリ系に入れていいよな、これ。

江戸もの連作短編集。
己のうちにやるせなさを抱えつつもあっけらかんと心優しく生きている姿は、読み手をほっとさせつつも、少々哀感を覚えさせて。

なんだろうなぁ。
全面的に好きだといえないのは。
2007.09
17
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
もう先に謝っておく。
表紙買いしました。ユギさんだったので。

けど、意外に(失礼!)楽しめた。
将棋会館には取材で何度か入ったこともあるので、余計親しみがもてたのかも。
水瀬氏の作品は初読みだったのだけど、これからもチェックかな。
2007.09
17
東京ベイエリア分署シリーズ三作目。

やはり、あれこれうじうじと思い悩む安積警部補には、ええかげんにせい!と吠えたくなるが。

今回も速水小隊長は意外なところで活躍。好きだなぁ、この人。
あと、須田部長刑事はますますいい味を出しているような?

先般、最新刊も刊行された模様。
ともかく、シリーズなので、読み続けることにする。
2007.09
16
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
すみません。
みえみえ、の、あまあま。

作中、たいへん質の悪いオトコがいるんだが、小路龍流氏によるイラストがめちゃくちゃいいもんで、思わず、展開を読み違えるところだった。いやはや。
2007.09
16
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
これに収載されている「紳士の条件」が無条件に好き!
愛情と友情と親子の心情と兄弟の信頼があふれてて。

表題作はN大シリーズではなく、しかもものすごくアイタタに切ない。やりきれないよな。けど、人間の心にはきっとそうしたものが巣食っているにちがいない。
2007.09
15
上下巻。
再読なのだが、ラストがいったいどういうふうな収束だったのかをすっかり忘れていて、初読並みに楽しめた。ザルな私の記憶よ、ありがとう。

アスカの哀しみが、仁王の哀しみが心に刺さる。けれども、運命に立ち向かう彼ら、とくにアスカの力強さは、その哀しみと相まって、ひどく心を打つ。
大沢先生はこういう女性を描かせると天下一品だよなー。
2007.09
14
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
時折読み返したくなるN大シリーズだが、これはあまり読み返していなかったので、引っ張り出してきた。
でも、菊地先生がいない小説部分は、やっぱりいまいち。

けれど「こぼれる葡萄酒(ワイン)」(漫画作品)は、とても好き。
克ちゃんと志乃の友情って、ほんのり色気を帯びつつ(志乃だけだけど)辛辣な在り様で、ぐっとくるんだよな。
2007.09
12
再読もこれで終了。
そして、魔のエンドレスループに嵌ってしまった・・・。
でももういいや。最終巻が誰の語りなのか、なんて。思いつくことはあるけれど、そうするとそれこそエンドレスループ。

この巻は、クリタが語る。
とてもドラマティックだ。
そして私は、意外にトキノが好きだったりする。

ああもう感想にもなりやしない。
2007.09
12
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
イラスト担当は麻々原絵里依氏。イメージはぴったり。

作品は・・・・なんというか、ちょっと食い足りない。設定は衝撃的なんだけども。
2007.09
11
読み返せば読み返すほど、深みにはまる。これ森作品の真骨頂。
もはや読み返す意義はないような気もするんだが、ま、一巡しないと気も済まないので読了。

クサナギが熱い。
なによりも生き生きとしてみえる瞬間のクサナギを、正直羨ましいと思う。
2007.09
10
なにが気に入らないって、装丁が気に入らない。
なんだかもったいないよなぁ。

お江戸人情噺。
読み始めたときには、いったいどんなストーリーなのかと思っていたのだが(いっさいガイド等は見ずに読んだ)、なかなかに泣ける話で、とてもよかった。
たまにはこういう“ほろり”な話もよい。
2007.09
10
「大人気シリーズコンプリート!」なんて帯で煽られたら、買いますわさ。ずっと気になっていた作家さんですもん。

タイトルどおり、とても可愛い作品。そして、可愛くエッチ。ユギ作品『ピクニック』に似通う部分あり。

しかし私はどうしてワキが気になるかな。
本作品も、シンがいちばん好きだ。
2007.09
09
シリーズ再読継続中。次のはあした以降にする。

この作品はかなりはっきり覚えていた模様。やはりティーチャが好きだからだな。なんてわかりやすい私・・・・。
しかし、次作はさきほど冒頭部を読んだのだけど、細部まるで覚えがないようだ。

ま、とにかく読み返すことしかないわ。