RSS
Admin
Archives

神保町の片隅で

活字中毒気味人間の読書記録です。

Counter

    

Article
Comment
Category
Link
Walk
Graph
いもこさんの読書メーター
Trackback
Archive
Click !

イーココロ!クリック募金

Search amazon

Access

Ranking
ランキング参加中。

FC2ブログランキング

Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:

Diet
ダイエット日記
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2007.08
31
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
手元にある本がいまいち興味を引かず、でもなにかは読みたく、古本屋行きのダンボールから1冊引き抜いてきた。
めちゃくちゃ好みなわけじゃないけど、なぜこれは古本屋行きなのかな、と思いつつ読了。で、ラストに判明。あまりに余韻のない終わり方に、興が殺がれたのだな。もう一息、エンディングの余韻が欲しいな。
2007.08
30
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
キャラクタはそれぞれキライじゃないのだけども、ストーリー展開に無理があるわけじゃないのだけども・・・。
まあ、好みじゃないということかな。
2007.08
30
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
イラストが著者と違うというだけで、これほど読み手のイメージが変わるものなのか。というのが感慨深い。イラストはおおや和美氏。

作中のエピソードで、他の作品を彷彿させるものがあり、それは興醒めなのだけども、そのへんを差し引いても、最近読んだBL作品のなかでは出色かと思う。
とても楽しめたよ。
2007.08
29
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
『富士見二丁目交響楽団シリーズ第6部』7冊目。

前作に比べれば、なんぼか読み応えあり。これくらいのレベルで書いてくれるのならば、これからも素直に買い続けるのだけども。

とと・・・偉そうですな。けど、長年の読者として正直なところです。
2007.08
29
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
イラスト担当は高階佑氏。繊細で綺麗なのが印象的。

外国人の絡むBL作品は比較的苦手なのだが、これは思いがけず楽しめた。もしかして続き作品とか出たりしないかな? 彼らのこの先にちょっと興味あり。というか、国を捨てるアラブ(?)の王子なんてあり得るのかな?なんて思ったりしたもんで、もし可能なのであれば、その暮らしぶりなどが覗いてみたいと。
2007.08
29
私の好みだろう、とわざわざ貸していただいた本。上下巻。

これがとても気持ち悪くて、私の好みとは到底言えず。これを好みだと判断されている自分がむなしい。
どのへんが私の好みだと思われまして?>nさま
とお聞きしたいゾ。

けれど、お借りした以上、読まねば!と無理して読み続けたせいで、このあとロクに本が読めなくなってしまった。これもひとつの後遺症? ま、そうしたときはBLに走るので、活字切れにはならないけれども。

壊れた人間ばかりが登場して、しかもそれに妙なリアリティがあるとなると、人間のいやな部分ばかりがこちらに押し寄せてきて、ほんとーにキツイ。悪のそよぎを一身に受けながら・・ってイメージね。
2007.08
28
文句なくおもしろい。
ミステリ好きなら読まなくちゃ!

柄刀作品にはかならずテーマがある。今回は、遺伝子治療。その是非に関する問題提起もしつつ、作品はやはりロジックの美しいミステリで。

少し止まっていたのだけども、やはり柄刀作品は網羅しないと、だな。読んでいないとソンをする。
2007.08
28
東京ベイエリア分署シリーズ第一作。
STシリーズを制覇したので、こちらにシフトしてみた。

ううむ。暗い。
うじうじと考えている安積に、時折蹴りを入れたくなるんだな。
が、この作品、警察署の日常というものをきちんと描いていて、そこがとても興味深い。ひとつの事件だけにかかずらってるわけじゃなく、毎日毎日、いろんな事件や事故が起こるんだなというのが妙に迫ってくる。このシリーズはこの先もこういうテイストなのかな?

交機の速水さん、ちょー好きです。
2007.08
27
私にとってクサイと感じる坂木節がいちばん薄い作品。
いちばん楽しめたかな。

若いとーちゃんが奮闘する姿は、素直に頼もしいと感じるし、茶々を入れにくる元同僚たちも、ちゃらい雰囲気ながら、きちんとした人間たちだし(まあ、なにをもってきちんとするかというと、私としては、自分で物を考えられるという定義になるかな?)邪魔にならない。いや、必要。

非常に真っ当な父子物語なので、そこはナナメらずにしっかり読了。
印象に残ったのは、足りない愛をホストで補おうとするナナだったりするのが、私らしいかも・・・。
正直なとこ、いちばん好きなのは、おかまのジャスミンさんだったり、ナンバーワンホストの雪夜だったりするのも、いかにも私ならでは。あはは。
2007.08
27
シリーズ完結。

困った。困りましたよ。
これは最初から改めて読まないと、ダメ。
特にカンナミの話をしっかり読み返さねば。

こういうの書かれてしまうから、森作品ていうのは手元にないといけないんだよな。はー。
2007.08
26
いちおうミステリに入れておく。
日常に出会うふとしたミステリが素材であることには違いないし。
けど、印象としてはお伽話。
やはり、坂木作品らしい。

舞台が歯医者だけに、歯が浮きそうなストーリー。素直に楽しめない私は、やはり人生ひんまがっているのかな。
2007.08
26
『キリサキ』よりも次元がつかみにくい。固まった頭をほぐす体操が必要。『キリサキ』での予備知識があるから、いろいろな可能性を考えながら読んでいたのだけども、そのうえにさらにひっかけが隠されていて、ほんとうに理解するまでに時間のかかる・・・。

でも、悔しいけども面白いんだな。
2007.08
25
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
とてもムードのある表紙(ひたき氏担当)に、沙野氏の策風がぴったりだな、と思ったら、その瞬間に手が出てしまった。
期待を超えるというほどではないが、楽しめた。

忍が少々ヤワイのな。
2007.08
25
このあたりから作品は山へと向かい、そして難解になっていく。
理解が追いつかない。が、どうなるのかは知りたくて、読む手が止まらない。

再度読まないと、ほんとうにわからないのだけれども、いましばらく時間をおかないと、読み返す気力もない。凄い作品だわ。

いましばらくお借りします。>hさま


この作品の凄いところをもうひとつ。
出版社がこの9巻から変わっているのに、並べても背表紙の印象が変わらないこと。
作品がそうさせたんだろうな。
2007.08
24
著者いわくの「友達カプ」。
微笑ましいというかなんというか、とてもゆるやかに楽しめた。
ゆっくりと進んでいく恋って、いいね。
2007.08
24
ロイド眼鏡がなぜ下部だけフレームなのか、とかいろいろと突っ込みたいところはあるにせよ。

女性陣のキャラが楽しくて、最後まで一気読みしてしまった。男性陣が尻にひかれてるのはちょっと情けないけれども。
トリックは気持ちのよい本格で、この辺の明快さも好き。

シリーズとしてけっこう数を重ねているようだから、とりあえず全部読んでみよう。
2007.08
24
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
シリーズ三作目。
これがいちばん好きかな。

過去に向き合う臣がなんとも、いい。
なにより、彼らを取り巻く村のひとびとがいいやね。
2007.08
23
いままでのSTシリーズとはかなり違う印象。
どちらかというと、いままでのほうが好きだな。

伝説に絡めたのはなぜなのか。
最近こうしたタイプの小説が多いせいか。
シリーズになるのだとは思うのだけども、シリーズとしての体裁が整ってきたら、ぜひ、STのメンバーをいままで以上に活躍させてほしいな。
2007.08
23
ボーイズというよりは吸血鬼もの。でも、きっちり恋愛ストーリーで。
なかなか読み応えがあった。好きです、この作品。

表4のカバー返しにある4コマ漫画がまたかわいくてよいわ。
2007.08
22
ほんとうに絵が綺麗。
綺麗なんていう言葉じゃ表現しきれないほど。

この7巻と8巻は、それぞれが非常に重い話だったが、その分、心にずっしりとくる。
よくもまあ、ここまで物語を表現できるものだこと。
脱帽。
2007.08
22
おもしろい! かっこいい!
葉芝氏の描かれる男子は、ほんとうにかっこいい。

4巻からつながっていた話は感動のラストを迎え、さらに今回収載されている夫婦のエピソードは、いままででいちばん好きかもしれない。
2007.08
22
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
デリバリーホストシリーズの余波作品、らしい。
シリーズものはとにかく読む、というスタンスにより入手。

18歳になった公平の姿が見られたのがうれしかったかも。
2007.08
21
謎解きは面白い。
登場人物もみんな好きだ。
けれど、いまひとつ好きな作品と言い切れないのはなぜだろう?
語り手のボケっぷりが気に障るというのはある。けれど、それはそれで、読み手によっては味になる部分だろうし、作中では、そのボケっぷりも周囲の癒し(もどき)になっているような側面もあり。

つまるところ、坂木作品が苦手なんだわな、私。

今回は、ヨコシマ心をわざと煽るかのような記述もあって、そこもいまひとつ好きになれない。これは深読みしすぎだろうと自分でも思うのだけど。


いろいろ書きつつ、糸の切れない凧になりたかった沢田は、ものすごく好きなんだよね。シゲさんも。
2007.08
20
昭和6年を舞台とした、ちょっと変わった文体の探偵小説。安楽椅子もの。
速記本といわれる文体とのこと。<解説
落語や講談をそのまま文章にした感じ、ということになるらしいけれど、そのへんの知識はないので、よくわからない。けど、私には読みやすかったし、どちらかというと、~するよし、等の表現を自分で好んで使うほうなので、かえって楽しかった。リズム感もあって読みやすいし、慣れてしまえば誰でも大丈夫なんじゃないかな?

文庫本のカバーの返しに、高橋克彦氏および京極夏彦氏よりの推薦文があるというのが、なによりこの作品のテイストを表しているような。
奇矯な事件に、きちんとロジカルな解決をつけてしまう先生のキャラが興味深いものであることよ。なーんちて。

ラストのオチはちょっといただけないのだけども、シリーズ作品なので、追々読んでいきたいと思う。
2007.08
19
今度、表題作が舞台化される。ので、復習と予習を兼ねて。←ヘンないい方だ。

ロジックを解き明かす、という意味で、この作品集はとても好き。
表題作を初めて読んだときには、ストレートに理解できなくて、ひとしきり頭をひねったものだけど、おお、と膝を打ったときから、この作品は私にとって有栖川作品中ベスト3に必ず入る(必ずしもベスト3が固定しているわけではないが、そこから外れることはない)。

火村ファンとしては「女彫刻家の首」のラストは、いつもとても哀しい。そういう意味では「シャイロックの密室」もそうかもしれない。
そういえば、「あるYの悲劇」は競作アンソロジーが初出だったかと思うのだけど、アンソロジーとして読んでいないかも。一度読んでみよう。アンソロにはアンソロの面白さがあるものね。
2007.08
19
Category : 漫画(一般)
Theme : 感想
Genre : アニメ・コミック
完結したら購入しようと思っていたのだけども、お持ちの方がいらっしゃって、貸してくださったので、ご好意に甘える。
ありがとうございました。>Hさま


予想以上に面白い。
こんなにコミカルな作品だとは思っていなかったよ。
博雅のキャラクタがいいんだろうな。そしてなにより、玄象がよい!
モノが擬人化される絵がまたよいし、いろんな装束もあれこれ楽しめて、ビジュアルで観るのもいいもんだ。<平安

さて、原作は未読。
原作も読まねば! なんだけど、まずは漫画作品を全部読まなきゃ。というわけで、残りもよろしくなのです。>Hさま
2007.08
17
富士見侮るなかれ!である。
イラスト展開の表紙には少々メゲるけれども(BLで慣れているはずだろう?というツッコミはなしにしてください)、そんなもの、見なければよいのであって、問題は中身なのである。

ラストは思いっきりこんがらがってしまうほどの設定なのだが、これがまた妙に説得力があって興味深い。ラスト1行のオチは、必然なのか、どうなのか、ちょっと読めないけれども。

富士見、というよりは田代氏、侮るなかれ、かな。
やはり氏の作品は網羅しておきたい。
2007.08
16
たいへん楽しく読了。
きっとたいへん楽しく書いた著者の気持ちにスムーズにのっかれたのだと思う。

会話の妙は上巻に譲るとして、下巻は、主人公のやさしさが非常にフューチャーされていて、荒んだ自分にはほどよい癒しとあいなった。

さて、著者の最新シリーズ『刀語』はどうするかな。
やはり読むようかな。
2007.08
16
シリーズ一作目(収載作品である)はあまりピンとこなかったのだが、表題作としてまとめられている三組の恋人たちの話は、とても心に響いた。きわめて真面目に恋愛に向き合っている、というのが理由かな。

やはり梅太郎作品は好きだ。
たまにちょっとイタすぎて辛いけどね。
2007.08
16
ヘタれていたので、ほっとしたくなる漫画を枕元へ。
可愛らしさにかけては、依田氏の作品は誰にも引けを取らないと、私は思っている。