RSS
Admin
Archives

神保町の片隅で

活字中毒気味人間の読書記録です。

Counter

    

Article
Comment
Category
Link
Walk
Graph
いもこさんの読書メーター
Trackback
Archive
Click !

イーココロ!クリック募金

Search amazon

Access

Ranking
ランキング参加中。

FC2ブログランキング

Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:

Diet
ダイエット日記
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2007.07
31
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
久々の奈良萌え~~~~!!!

でも、作品自体もたいへん楽しませてくれた。
わかりやすい恋愛、わかりやすいハッピーエンドではないところが、とてもいい。
ついでに、前作『天使の啼く夜』でわかりやすくハッピーエンドを迎えた二人が、まだまだお互いを手探りしながら進んでいこうとしている姿も挿入されていて、そこもいい。

やっぱ高岡サンは、こういうのがいいよ。ゲロ甘のではなくね。
もちろん私の好みで、ということだけども。
2007.07
30
短編集。
なかに、昭和初期を背景とする作品が二編。デカダンでありつつリアルな作品だなぁと思う。
とても好き。
2007.07
30
続編が出たというので、迷わず再読に走る。
だって、もうあんまり覚えていないのだもの。設定と大好きだった!というのは覚えているんだけど。

池上冬樹氏の解説を読んで、膝を打つ。
ケンは、未来設定の公なのだそうだ。いや、確かに。だから好きなんだなー。

作品は刊行されてからかれこれ10年近い。
文体にも若さと若さゆえの無謀が漲っている感じ。と同時に若いなりの達観が漂っているのが、いかにも大沢ハードボイルド。
うーん。好きだなぁ。
2007.07
29
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
『リロード』続編。
一馬の下克上を期待している私としては、物足りないかな。

イラストは前作同様國沢智氏。
顔の表情とかすごく好きなんだけど、ナニの位置とサイズがちょっと・・・むにゃむにゃ。
2007.07
29
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
あんまり好きじゃないや・・・。
2007.07
28
完結編。
一気読み。
というか、この作品はそれぞれ1巻ずつ一気読みした。それだけのパワーはあると思う。

最終巻は、そこまで大掛かりに仕掛けなくても~と思う部分もあるのだけれども、そこまで大掛かりにしているのに、ジウの心に焦点が絞られていくその流れはすごいと思う。

若干苦手意識をもっていたレディたちも、きちんと自分たちの到着点を見極めたみたいだし。そういう意味では読後感よし。

全巻通してほとんど登場しなかったタイトルロールのジウだが、やはりすごい存在感だったな。
2007.07
27
シリーズ二作目。

秋子がどうにも苦手なキャラクタだったせいか、ちょっと感情移入しきれなかった。
けれど、STメンバーの動きを追うだけで楽しい。
ヤバイ。すっかりキャラ読みになっている。

いま思えば、ラストの一コマこそが、今野作品真骨頂なのかもしれないな。
2007.07
27
だいたい全三巻という作品は、真ん中の二巻目で中だるみというか、小休止というか、そんなふうになりがちなものだが、これは違った。

謎の人物のありえないような過去の回想が入ってくるので、そのへんでいやでも意識がそちらに持っていかれ、世界が広がる。
これが基子と美咲だけだったら、ちょっと読み進むのもしんどかったかもしれないけど。だが、1巻目よりも基子に興味が湧いてきて、美咲のシーンが少なかったせいもあるのだろうけど、より読みやすくなったな、という印象。
2007.07
26
やっぱ読後感悪し。
混迷する社会のどうにも消化できない部分を書こうという作者の思いはわかるのだけど、救いがないよなー、どうにも。

どうせアトムくんが出るのなら、もっとアトムくんも動いてほしかったな。今回はそこにいた、だけだったので。
2007.07
26
本屋でタイトルと表紙装丁に一目惚れ。
そして、内容もそれを裏切らず、軽いタッチのハードボイルドでとても読みやすかった。軽いとはいえど、読み応えは十分だし、これはこの先もシリーズで刊行してほしいもの。

ひさびさに内容も紹介しておく。
bk1より転載。
『探偵事務所を開いている「俺」のもとを訪れるのは、やくざとタチの悪い悪徳刑事ばかり。今日も探偵稼業に精を出すが、あまりにも奇妙で無茶な依頼が持ち込まれて…。軽快で洒脱なハードボイルド探偵小説、登場!』

この悪徳刑事がまた憎めないんだよな~~。
2007.07
25
STシリーズ一作目。
面白くて色シリーズまでの通して8冊、一気読みしてしまった。
いつも面白い本をありがとう。
そして、いつまでも返却しなくてごめん。>Tさま

第一作目とあって、とにかく特捜班とはどういうメンバーで構成されていて、各々のメンバーがどんな特長をもっているか、ということにも軸足が置かれているような?
けれど、その特長を発揮するシーンを楽しむためだけでも読む価値あり。
良くも悪くも導入部。ことに私は一気読みしたせいで、全8冊が一冊のような印象になってしまっているので、余計に個々の感想が書きづらい。←だからといって、7~8月に読んだ記録を翌年1月に書いているというのは猛省に値する・・・・。

ところで。
この巻に登場して、もしやSTの不倶戴天の敵に??と思わせたグレコさんは、その後どこへ?
2007.07
25
一作目より格段に面白かった。
それは、なによりツルさんの存在だな。

なさけない主人公にひたすら強気のジリアンでは、なんとなく読み味が悪かったのだけど、ツルさんというナイスばーちゃん(といっては失礼だな)の存在で、シリーズがきりりと引き締まったように思うのは私だけかしら?
ツルさんのおかげで、人情モノ的楽しさが倍増。読んでいてとても自然に和んだよ。
2007.07
25
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
『デッドロック』シリーズ完結。
ディックが意外に情けないヤツだったというのに苦笑。ユウキはどんどんかっこよくなってったのにな。

思ってたよりも、コルブスの終焉がよかったな。よい感じに裏切られたのがよい読後感を生みました。
ネトとトーニャも相変わらずステキなヤツらだ。

シリーズ三作とも、高階佑氏の表紙がイメージどおりでとてもよい雰囲気。口絵はちょっと苦手なんだけどなー。
2007.07
24
コミックス1冊にまとまるまでの時間1年。
手にとって読み終わるまでに20分。
なんかこう、むちゃくちゃ理不尽を感じるのだけども・・・・。
←読むのが早い自分を恨もう。

えらい山場で次巻へ続くでは、なかなか哀しいものが。しょうがないといえばしょうがないわけだけども。

しょうがない。
やっぱりこれも買い続けよう。そして感想は完結後、だな。
2007.07
22
西尾版憑物落とし。
でも、著者曰く、「馬鹿な掛け合いに満ちた楽しげな小説」を書きたかったということらしい。

戯言シリーズと同様、周りの強烈な個性をもつ女の子たちに振り回されるやさしい(?)男の子が主人公。やるときゃやるぜ的に物語は彼によって解されていくのだが、それにしても振り回されてるよなー。

やはり西尾流なので、会話というか掛け合いがとても楽しい。著者の意図したとおりに、存分に楽しませてもらったよ。

下巻は主人公の怪奇譚はあるのかな? なくてもいいけど、あってもいい。
2007.07
22
導入部からラストに至るまで、なんだかうまく文章が頭に入ってこない。
おもしろい設定だと思うのだけど、なんかこううまく咀嚼できないというか。
私の体調がよくなかったのか、相性がよくなかったのか、それとも、まだまだ未完成なのか。

登場人物はそれぞれ魅力的なんだけどなー。

とりあえず次回作は読んでみるつもり。
いつごろ出るかな~。
2007.07
22
BLファンタジーコメディ?

最近2巻が出たので、続きを買おうかどうしようか迷っている。というのも、1巻がかなりエロかった記憶があって、再読すらしないままだったので。
が、たまたま本の山をひっくり返していたら出てきたので、ともかく再読。
エロいのはエロかったが、初読のときにそんなに印象になかったコミカルさが妙にヒット。これは2巻も買ってしまいそうだ。

ルルカがかわいいんだよなー。
バルドもおばかでかわいいし。
やはり2年経つと、読み方も変わってくるらしい。
2007.07
21
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
ちょっと変わった設定で、そのへんはラスト近くのある種の謎解きシーンですっきりするんだけど。
でも、なんとなくすっきりしないというか。
シチュエーションに凝った話、とでもいえばいいのかな。

どうせなら、もう少し書き込んで、倍くらいの長さにしてしまってもよかったような? BLにそれを求めちゃいけないのかな?
2007.07
21
『KAPPA』のあとなので、やはりTENGUとはなんぞや?が割れたところでパワーダウンするのだろうな、と思いながら読んだ。
ところが。
パワーダウンどころか、興醒めであったよ。

あれがオチ??
ならば、ミステリと銘打つ資格はないのでは?と私は思うな。
2007.07
19
騙される詐欺師ってヤダ。
なので、なんとなく乗り切らないままに読了。

軽く読めて、それはそれでよいのだけれども、やっぱ主人公が詐欺師なら、かっこよくあってほしい。と私は思うのな。もちろん自分の好み、だけれど。

しかし、この九段南事務所って記憶にある。
もしかして、『警察小説競作』に収載されてたのって、このシリーズなのかな?
2007.07
19
この著者も初読み。けっこう期待してたんだけども。

KAPPAの正体が割れるまでは、かなりどきどきしながら引っ張ってってもらったのだが、割れてからはいきなりパワーダウンな感が否めず。尻すぼみになってしまったのは残念。キャラも魅力的だったのにな~。
2007.07
18
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
片瀬と深里のシリーズもはや10作目。サイドストーリーだったはずなのに、本編は1作で終了して、すっかりそっちの彼らはこちらの脇に回ってしまい・・。でも、位置づけとしては、それくらいでちょうどいいキャラではある。

が、しかし。
さすがに10作目にもなると、もはやどうでもいいような・・・←暴言。
相変わらずなのね~と遠目で温く見守るスタンスになってるな。でも出たら買っちゃうんだよな・・・。
2007.07
18
ミステリというよりは警察小説。
登場するヒロインのうち、一人はまだなんとか理解もできるんだが、もう一人がちょっと、いや、かなり苦手で、そのへんがしんどいといえばしんどい。が、タイトルロールのジウがまだまだ未知数なので、次巻以降が楽しみではある。
3巻まで出ているようだが、そこで終わるのかな?

いろいろとスプラッタな部分がストレートで、これはこの著者の特徴なのだろうか。なんせ初読みなので、なんとも言い難い。

しかし、あのヒトがあそこであっさり死んでしまうとは!! かなり衝撃でした。殺す必要あったのかなぁ??
2007.07
15
なんたって、姫宮がよい。
この作家の作品は、ついついキャラ読みしてしまうくらい人物造型が私にとって魅力的なのだが、だれよりも姫宮がいいな。

シリーズ中、いちばん暗澹たる気持ちにさせられるんだが、面白いことにはちがいない。
ラストからして、まだ波乱含みなのだが、続編は読みたいような読みたくないような。って、書かれるかどうかもしらないけど。

天馬クンはこの先どうなったのかな。
いい医者になってほしいな。

これもまたまたありがとうでした~。>Tyさま
2007.07
15
シリーズ一気読み!
ま、いつものことですが。既刊がそろってると、とりあえず一気しないと気がすまない。因果だな。

登場する歌姫についての不満的な意見を散見するが、私には非常に存在感のあるひとだった。マネジャー(じゃないか、正確には)もね。水落冴子の歌声をほんとうに聴きたかったな。

白鳥に匹敵する変人・加納の存在も楽しかった。
素っ頓狂な連中のそれでも真摯な姿勢と、蓮っ葉な歌姫の諦観に田口先生の在り様が、とても心打つ作品だった。

ありがとうね~。>Tyさま
2007.07
15
ぐいぐい引き込まれるように読まされてしまった。
白鳥が登場してからは、田口先生ともども振り回されながら。いいキャラしてるよ、ほんと。

桐生の造型がものすごく好きで、彼よりに読んだせいか、読後感は物悲しい部分もあったけれど。
でもいい作品だ。

お貸しくださいましてありがとうございました。>Tyさま
2007.07
15
読まねば読まねばと思いつつ、ほったらかしにしてあった巷説。やっと第一作を読了。貸してくださってありがとう。>Hdさま

最初はなぜか読み進められなくて往生していたのだけど、二話目あたりからどんどんノってきて、残りはあっという間だった。やはり世界に馴染むまでに時間がかかるのか? といいつつ、これを読了後、現在ひと月以上になるが、まだ二作目を手にとっていない。心にゆとりがないのか、読む本が多すぎるのか。
閑話休題。

どの作品もたいへん興味深く、面白い。昔語りでありながら、いつの時代にも通じる人情の機微であるとか、生きることの皮肉さとか、そうしたものが感じられるせいかな。
近々二作目も読む。
しかし、京極作品は読み始めたらどっぷり浸かって、今度戻れなくなってしまいそうなのがコワイわ。
2007.07
14
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
シリーズはどうしても立て続けに読みたくなる。
ということで、二作目も引っ張り出してきた。
やっぱり浅居さんが若い。っつか、さらに若くなっているのはなぜ??

ストーリーとしてはこちらのほうが好き。こまっしゃくれた浅居二世もかわいくて、あまり動じない(というより、ぼんやりすぎ?)な圭輔も、そのぼんやり加減がちょうどいいというか、なんというか。

しかし、浅居ってしあわせもんだよなー。
2007.07
14
あまり昔に読んだもので、持っているかどうかわからなくて、某古書店にて購入したところ、しっかり自分ちの本棚にあったという・・・。で、それはそのまま人様に押しつけてしまったのだが、再読にも走ってみた。全巻ではなく、現在発刊されているところのラスト3冊というのが、体力のなさ加減を表している。というより、昔のほうがよりよく覚えているんだな。なので、すっかり忘れていたエピソードを読むことに。

面白いよね~、これ。
まだ続いてたりするのかな?
永遠の高校生諸君に乾杯、である。
2007.07
14
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
幻冬舍に場を移しての初作品。初文庫。
前レーベルの倒産を受けてのことだが、倒産騒ぎの前に企画されていたものがそのままスライドされたらしい。

が。

そのわりには、いまいち。
企画として掲載されているイラスト担当・陸裕千景子氏による漫画作品はかなり面白かったけども。
メインの小説がもっと力強いものだったらよかったのにな。