RSS
Admin
Archives

神保町の片隅で

活字中毒気味人間の読書記録です。

Counter

    

Article
Comment
Category
Link
Walk
Graph
いもこさんの読書メーター
Trackback
Archive
Click !

イーココロ!クリック募金

Search amazon

Access

Ranking
ランキング参加中。

FC2ブログランキング

Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:

Diet
ダイエット日記
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2007.05
31
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
大団円に向けて、まあまだるっこしいったら。
でも、そのまだるっこしさ加減がこの作品のいいところ。
逃げ腰になる攻めに、追わない受けというのもまた楽しからずや。

これも巻末マンガが楽しい。

しかし。迫田さん、いいひとだなぁ。
2007.05
31
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
ちょっとユニークな設定。
そして、ありきたりなところで終わらないところが魅力。といっても、落ち着くところに落ち着いてくれないと、やっぱ座りが悪いけどね。

ということで、引き続き続編を読む。

イラストは奥貫亘氏。
巻末マンガが楽しい。
2007.05
31
モラトリアムから離れて久しい私には、作者の書く通りの“体臭が濃くなるような”手記スタイルのこの小説は、かなり毒が強かった。4分の3ほど読み進めたところで就寝したのが、また間違いで。思いっきり魘された。まあ、それだけ読者に踏み込んでくる作品であるということで、それだけスゴイんだということなんだろう。

壮大な失恋物語。
失恋を失恋と認めたくない若者が、あれこれ自らを糊塗してカラ元気を装い、だがしかし、それはカラ元気にすぎず。ラストはほんのりと切ない。

青春、だな。

しかし、本を読むにあたって、地図を引っ張り出してきたのは初めてのことかもしれない。京都の町並みがすんなり思い浮かべられないのは、ちょっともどかしかったな。

この作品、できれば大学生の方の感想をお聞きしたい。
2007.05
31
シリーズが2本収載されている。
どちらもヤルことはヤってるが(しかもあいかわらず派手に)純愛路線。定広氏の作品はこういうところが好きだ。

憑物が落ちた沢村医師は、とてもステキな表情になったし、本気の恋をした拓未は実にカッコイイ。
なによりカッコイイのは、橘クンと杉野クンだな。しかし中学生っていうのはちっとばかり・・・・・。ヤルとこが描かれてなくてよかったデス・・・。
2007.05
31
ツンデレってやつですか?

クセのある連中に囲まれて村上クンは気の毒だが、振り回されてしまう姿もまたよし。
日高氏の作品はオシャレで、読んでいてそのへんが心地よい。

榊の作品をいま描かれているとのこと。
コミックスになるのが楽しみだ。
2007.05
30
著者最近のお得意パターンになるのかな?
青春エロストーリー。
できあがってしまうのがあまりにカンタンで、そのへんはどうかとも思うけど、シジミがナイスキャラで楽しく読めたのでよしとする。

このカップルなら、リバでもいいのに。
2007.05
30
残念ながら、not 好み。
さすがに中学生の恋愛には肉体的なものはほしくない。
2007.05
30
強烈な個性の持ち主(と単純に書いていいものでもないが)陣内を核にした連作短編集。

文句なく面白い。
一編目は陣内にはかなり抵抗感があったのだが、それもラスト近くですでにその異彩にとりつかれ、二編目にはもはや虜。
好みとしては、間違いなく永瀬に軍配があがるのだが、どうしてこうも魅力的なんだか。<陣内

ラストに収載されている『イン』。
うっかり女子高生の父親とあのひとが同じ人物なのか??などと思ってしまったのだが、きっとそれはうがち過ぎね。
2007.05
30
Category : 漫画(一般)
Theme : 感想
Genre : アニメ・コミック
読もうかどうしようかかなり迷った挙げ句に購入。
買ったこと自体に後悔はないのだが。

設定は面白い。登場するキャラもすべて興味深い。
が。
もうすこし細かく描き込んで、もっと長い作品にしてほしかったな。というのは読者のわがまま。きっともっといろいろ盛り込める作品なんだよ。盛り込んでも薄くならない作品なんだよ。
作者の体調が悪かったのが悔やまれる。けれど、それは実のところ関係がないことなのかもしれない。それは読み手にはわからないけれど。
ほっとしたことに、その体調はもう上向きということで、続編を描くことも可能性としてはあるようで。
この作品の続きはいったいどういうふうになるのかは、私にはまるで見当もつかないけれど、描かれることがあるとしたら、ぜひ読ませていただきたいなと思う。
2007.05
27
Category : 漫画(一般)
Theme : 感想
Genre : アニメ・コミック
うっかり見事に忘れているんだが。
どうやら『ラヴァーズ・キス』の登場人物がこの作品とかぶっているらしい。
確かに名前は聞き覚えがあるんだが、どんなところにどんな状況で出てきたのかまるで思い出せぬ。読み返さねば。

吉田氏の作品は、いつも透明感があってすばらしい。
じんわりと心が温まる。
もちろん、『BANANAFISH』や『夜叉』のような心が切り裂かれるような切ない作品も大好きだが、こういった日本のよき時代を覚えさせるような作品も、とても好き。

すずちゃん、かっこいいな~。
2007.05
27
上・中・下の全三巻。一気読み。

面白い。
ファンタジーが入っている作品だが、やはりこれはミステリ。多少の騙しはあるにせよ、ラスト、いろいろな要素がはっきり見渡せるようになったところでのあのカタルシスは、なかなか味わえるものではない。気持ちよかった~~。

教えてくれてありがとう。>Taさま

上巻に収載されている森絵里香氏による解説に、はげしく同意。
高校時代のあのどっちつかずで切ないような、大人でもない子供でもない感覚を追体験させてもらった。
2007.05
26
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
ラスト、とんでもないところで終了。
この二作目は、ちょっと中休みとでもいうか。本筋の抗争からは少し離れたところにあるので、興奮は終章の第三巻までとっておく。

いったいどんなカタチでケリがつくのか。
楽しみに待っていよう。
2007.05
26
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
完結。
大満足。

書き下ろしの『さよならを教えたい』がどうなるのかとても気になっていたのだけど、登場人物も、そして読み手も、きちんと納得できる終わり方でよかった。本編とちゃんとリンクしているのも、うれしい仕掛け。

おばちゃん化してる赤星さん、ラブ~~♪

イラストの依田沙江美氏。
この作品のイメージにはほんとにぴったり。
が。
はやく『美しく燃える森』を読ませてほし~~~。
2007.05
26
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
小気味よい作品。
とてもネコっぽいレイは、どちらかというと苦手なキャラなはずなんだが、ローガンともども振り回され、魅せられ。私の負けです。はい。

なにかを置き去りにしてしまった人間が、伴侶を得ることでそれを埋めていく。こういうの、ほんと弱いわ。
マークもテイラーもナイスガイだし。

イラストは汞りょう氏。キュートです。レイが女の子みたいだけど。
2007.05
26
どうもこのところ、勧められる本は日本ファンタジーノベル大賞受賞作が多い。
が、この作品がいちばん気に入ったかも。

ここまで破滅指向の主人公もいないような。けれど、かなり暴力的でもある。魅力的とはいえないくせに、どこか目を離せない。
主人公は二人。双子のバルタザールとメルヒオール。特殊なスタイルの双子であるので、ファンタジーなのだろうけれど。

きちんとした歴史がベースになっているので、時代背景などを鑑みつつ読むと、興味も倍増する。

彼らのこの先はいったいどうなったんだろうか。のたれ死にしててほしいような、実はしぶとく生き延びているような気もしないでもないような。
彼らの見た砂漠の落日を、私も見てみたい。
2007.05
23
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
not 好み。うーん・・・。
2007.05
22
シリーズ三作目。
今回は短編集。ということで、前回ほどの脱力はなかったが。

やはり、探偵役が鼻につくきらいがあり、ちょっとつっかえつっかえの読了。
ストーリーのモチーフも、本屋さんをめぐる温かい雰囲気も、リアリティも、みんな好きなんだが、どうにも多絵が偉そうで、杏子に落ち着きがなくて。それが気になって、話にのめり込むことができない。悔しい。
2007.05
20
文体のせいで、ものすごくテンポよく読めた作品。
また、返しの紙や、扉の紙、イラストなど、とても好み。

小袖は逞しいね。
私が平安時代に飛ばされてしまったら、どうしていいかわからなくて、うじうじしてるだけのような気がする。

「葵」のエピソードがいちばん好きです。
私に若菜姫のような心持ちになれる日はくるのかな。
2007.05
20
正直、苦手な系譜。
“メタ”という概念が理解できていないせいなのか、なにかしらのおちゃらけ感を覚えることに不快なのか、とにかく、あんまり楽しめなかった。
表題作のトリックの解明は面白かったといえるけども。

ただ登場人物たちのキャラは好き。
久しぶりに『奇跡島の不思議』と、未読の『宇宙神の不思議』を今度読もうと思う。ついでに水乃サトルシリーズ再挑戦、といくかな?

あれ? そういえば蘭子シリーズを再読しようとしてたんじゃなかったっけか?<自分
2007.05
19
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
宣言通り、買っちまいましたよ。やっぱいいっすよ。

これはBL系ではなく、ミステリ系に入れたいくらい、読みながら犯人はだれだ!?と、犯人探しに夢中になってしまった。まあ、オカルト系で、犯人を見つける端緒は幽霊さんの案内だったりするわけだから、ミステリとしては禁じ手なのだろうけど。

やっぱ、石原理氏の表紙がよい。
そして、読者の反感を全面的にくらっているであろう登場人物・小橋も健在なり、で、作者の読みどおり(だろう)イライラさせてもらったよ。


マイ最新おすすめBLとして、Tさまに無理矢理シリーズ二作、貸し付けさせていただきます。読んでやってね。>Tさま
2007.05
19
QEDシリーズのマイリコメンドキャラ・御名形史紋氏が、堂々の探偵役。少しQEDに飽きてきていたので、これはうれしい展開だった。

QED未読者には、もしかしたら読み進めるのがしんどい部分もあるかも? 読んでいる者にとっては、タタルさんの講義(あるいは蘊蓄)の復習のようなもので、案外するすると内容が頭に入ってくるのだが。

作品は、在原業平の話が現実の事件にリンクしてくる。業平に興味少なくない私にとっては、そのへんも楽しい作品だった。
御名形と、その隣人西田のやりとりも楽しく、できればこちらもシリーズ化していただきたい。鬼の遠藤ももっと登場してほしい。


いちばん望むのは、御名形とタタルの共演(競演)なんだけどな。あの二人の会話って、なぜかものすごく面白い。
2007.05
18
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
コンビニを舞台とする(でいいかな?)連作集。登場するカップルは二組。
たいていは一組のカップルの恋愛模様が描かれるBL作品としては、面白いアプローチだとは思う。二組目の片割れがもつ、一組目のカップルへの視線などはとても興味深く読んだ。番外編で描かれる一組目の彼氏からみた二組目のカップルへの感想も楽しかった。

ま、でも、それだけ?
おかしいなぁ。クリスタル文庫、こないだまで絶賛してたのに。
きっと好みじゃないというだけのことでしょう。
2007.05
17
期せずして、犬猫殺しが出てくる作品を、続けて読んでしまった。失敗した。
ただ、立て続けということが自分にとってキツかっただけで、この作品は非常に優れたものだとは思う。

騙しのテクニックではないけれど、書かれていない、あえて隠されているあれこれが、読み手の側の、なんというのだろう、注意力を散漫にする、とでも表現すればよいのか、ついうっかり作者の手中に陥って、ラスト見事に、ああ、そうか!と頷かされてしまう。そういう意味では、↓とまるで同じような読ませ方をさせられてかもしれない。まるで違う作品なのだけども。

エピローグが実に切ない。
そうでなくては生きていけなかったのであろうミチオが哀しい。
2007.05
17
読後感は決してよいとはいえないのだが、しかし、唸らせられたことには違いない。

あいかわらずその構成でもって、そうきたか!!とヤラレてしまう作家である。
今回、琴美のキャラがどうにも好きになれなくて、その分、しんどかったのだが、河崎がそれをカバーしてあまりある存在であった。
ネタばらしになってしまうので書かないが、とにかく“河崎”だよ。

軽くてデカい存在として、犬猫殺しを遊びでやっているグループが登場するのだが、そのへんも読んでいて苦痛ではあるな。ミステリである以上、誰かが誰かの刃の前に・・・というのはあってしかるべきなのだが、抵抗のできない存在を遊びでもって殺すというのは、どうにも受容しがたい。それがたとえ、フィクションであっても。

作品は「現在」と「二年前」が交互に語られる。
そのなかの現在の語り手である“僕”の憧れのおばさんが、『陽気なギャングが地球を回す』の祥子さんで、響野氏も名前だけだが登場するというのも伊坂作品らしい。

私は、作中の麗子さんのキャラクタに、とても憧憬を覚える。
2007.05
16
『龍の黙示録』シリーズ。7作目。

シリーズ作品としては、めずらしく読むのに手こずった。
透子が空回りしてるような気分とシンクロしてしまったのか、読みつつ自分も空回りしているような虚しさを覚えたり。
龍がどうにもいじけてる気がして、どうも気に入らなかったり。
ジョバンニには涙をそそられてしまったし、鴉はあいかわらず愛すべきキャラだし、ライルも大好きなのだけど。
やはりここは、次編ローマを待て!ということだろう。

しかしタジオがああなってしまったとなると、かなりな苦戦を強いられそうだ。

そうか。
龍が苦戦しているのがイヤなんだな、私。きっと。
2007.05
15
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
予定調和の世界。
史恵のキャラが突き抜けていていいな。
2007.05
13
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
奈良萌えなので、読んだ。
でないと、このテのは苦手。堕ちていくしかない恋情なんてキツくて。

しかし、この奈良千春氏のイラストは、マジでいい。氏の描かれる三白眼にはいつもヤラれてしまうのだが、これはもしかしたらキャラの表現といううえでは、いちばんかもしれない。龍昇の邪眼、最高。そして、流されて堕ちていくことが自分の意志になっていく日向の、ナマイキな目つきもよい。

なにより。
私は龍慶がかっこよくて・・・っ!!
2007.05
13
タイトルの「と」にはルビ点が付されている。そういうこだわりって好きだ。

建築探偵シリーズの登場人物、神代教授がメインとなった本シリーズ。連作集となるが、一冊にまとまるのがすごく楽しみだった。辰野先生も大好きだし。著者自身があとがきに書かれているが、コアなファンはより一層楽しめるといった趣向か。書き下ろしとなった『クリスマスは嫌い』も、シリーズファンにはたまらないお楽しみ。もうすぐ発刊されるシリーズ本編への想いも膨らんで、シリーズ潮流にあるものとして、サービス精神に満ちあふれているよな。

収載された個々の作品にも、それぞれ私自身の思いをかきたてられるものがあり、非常に苦しい思いをかみしめつつ読ませていただいた。自死してしまった友のこと、死をどこかしらにいつも感じている自分のこと、16の頃に別れた父のこと。作品に触れることで昇華したとは思わないが、より深く作品世界にダイブできたのではないかと思う。
2007.05
12
まさしく幻想奇譚。
京都を舞台に繰り広げられる短編集。

思わず一作目と二作目の差異に、これはいったいどういう罠??と思いながら読んだ。
二作目『果実の中の龍』に登場する先輩に、思わずもう一人の江神さん?などという感想を抱いてしまったのだが、読了後には、そんなこと思ったなんて知られたらエガミストにものっそ怒られそう・・・とも。

森見氏は初読みだが、この世界観は・・・・嫌いじゃないけれども、ちょっと苦手、かな。心の奥底からしんと冷えてしまいそうな怖さが、いまの私にはキツイのかもしれない。
デビュー作を読むかどうするか。いま迷っている。この作品とはかなりテイストは違うとは思うんだけどね。
2007.05
12
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
もちろん、シリーズ続けて再読である。

前回読んだ折には、恋の相手が高校生ということで、少々引き気味だったのだが、今回あらためて対峙してみて、かなりな読み応えの作品だということを実感。

家族のあり方、トラウマというものの形成過程、立ち向かい方、他人への向き合い方・・・。ありとあらゆることを考えさせられてしまった。
可愛い恋の話でもあるけれど、いろいろなものが詰まってて、力作だな、これ。