RSS
Admin
Archives

神保町の片隅で

活字中毒気味人間の読書記録です。

Counter

    

Article
Comment
Category
Link
Walk
Graph
いもこさんの読書メーター
Trackback
Archive
Click !

イーココロ!クリック募金

Search amazon

Access

Ranking
ランキング参加中。

FC2ブログランキング

Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:

Diet
ダイエット日記
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2007.03
31
この作品をお読みになる方へ。
けして「あとがき」は先に読まないでください。
失敗したアホより。


坂口安吾氏の作品は『不連続殺人事件』しか読んでおらず、しかもすでに内容は忘却の彼方という情けないミステリファンなのだが、その未完の作品を大好きな高木彬光氏が書き継いでいる作品があるとなれば、読まないわけにはいかないだろう。書評で見つけてから読むのを楽しみにしていた。

与えられたモチーフ(ダイイングメッセージとしてもよいか)がなにを示しているのか、という謎解きについては、かなり苦しいような気もするが、かえってそれが本格の味付けにもなっていて、微笑ましいようなそんな印象(大家にむかって失礼このうえないが)。ま、そもそも私自身が、トリックがどうの、作品の完成度がどうの、などというたいそうなレベルの読者ではないのだが。
しかし、文体・筆致までもきちんと踏襲するというのは、たいへんな作業だろうな。坂口氏の作品構想も未知のままだったということだし。存分に楽しませてもらったと思う。

驚いたのが「序」。
よもやここで江戸川乱歩氏による前文が読めるとは思っていなかった。坂口君、高木君と書かれているところに、その重鎮あるいは始祖ぶりを改めて感じた次第。

『不連続~』を再読したいのだが、はて、あの文庫はいったいどこにあるのだろう?
2007.03
31
やっぱり『JOKER』には勝てないよなぁと思いつつ、惰性で読む。サムが好きだからまだなんとか耐えられるけども。

展開されるストーリーはけして嫌いなものではないのだけれども、なんでこうも読みにくいのかなぁ。文体が苦手なのかしら。いや。やはりセドナが好きになれないからだろうな。ベジコウモリくんは大好きなんだけど。サスケも大好きなんだけど。だから書き下ろしのほうが好き。

あぁ。ジョーカーに逢いたい。
2007.03
31
某サイトでこの作品の感想を目にして里心がついた。
ということで、再読(どころではないが)。全2巻。

捨てたくはないが大事にしたくもない。
という気分はわかっていただけるだろうか。
ひどく心の琴線に触れるのだけれども、イタくて哀しくて、なんともいえない心境に陥ってしまう作品なのだな、これが。で、あえて、本棚のいちばん気の毒な位置に置いてあった。今回引っ張り出したらば、見事に日灼け。あぁ、かわいそうに。

この作品を手にとったのはいったい何年ぶりになるだろうか。もしかしたら10年近く手にしていなかったかもしれない。
10年経っても、イタい想いをするのはかわらない。これも作品のもつエネルギーか。


あとがきマンガ(2ページ)がとにかく好き。すこし救われるからかな。救われたのは桐原だけのような気もするけども・・・。
2007.03
31
実は高村氏に関しては、かつてあるインタビューを読んで、その考え方に相容れぬものがあると感じて以来、申し訳ないが作品も読む気が起こらず、それまで読んだ二作品のみが既読。『マークスの山』と『李歐』である。

この作品については、『李歐』の原型ということで、一度は読んでおかねばと思いつつ、やはりほったらかし。今回思い切って手にとってみた。ちょうど初版本が図書館にあったので。
が。
あまりに時間が経っていて、『李歐』をすっかり忘れていて、覚えていたのは人物造型くらいで・・・・比較もできやしねぇ。アカンねぇ、歳とともに記憶力も衰退。


一彰とリ・オウの友情物語というよりは、もっと苛烈ななにか、それこそ、愛憎物語というべきか。リ・オウが一彰に執着(まさしく、執着だろう)する理由もわかるような気がするし、一彰がリ・オウに否応もなく惹かれてしまう理由もわかるような気がする。が、きっとわかるような気がするだけだ。

私には、あれほどの激しさはない。
2007.03
30
Category : 漫画(BL系)
Theme : 感想
Genre : アニメ・コミック
ここ2~3日、動けない鬱憤を読書で晴らしていて、ものすごいイキオイで小説を読んでいたので、少々頭も疲弊。こういうときは、葉芝氏のマンガ作品に限る。

ということで、引っ張り出してきた。何回目になるんだろう?

やたらとエロに走ることのない葉芝作品は、BLのくくりに入るのだろうが、特別なシチュエーションを感じることなく、心があたたかくなる。
何度も書いたかと思うが、ほんとに大好きだ。
天然最強の春樹に乾杯♪
こんなふうにまっすぐ人を想うことができたらなー・・・。
2007.03
30
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
あまり好きじゃないタイプの作品だった。ちぇ。
2007.03
30
有栖川有栖著『46番目の密室』の冒頭、火村助教授の講義のシーンで引かれていて、ずっと気になっていた作品。
なのだが、西村作品への抵抗感があって(鯱シリーズなどは好きなのだが、どうしてもえっちぃシーンが好きになれない)いままでほったらかしにしていた。
体調不良の折に読むのもどうかとは思ったのだが、身体を動かすのがキツイだけで、本は読める状況だったので、思い切ってチャレンジ。
が、やはり苦手意識は拭えなかった。

悪の血の継続あるいは可能性というテーマ自体は興味深いのだが、それは、やはり現実を土台として、ドキュメンタリとしてのものを読んでみたい。どれほど血がおそろしい技をもつとしても、それはこうした小説作品においては作り物でしかなく、恣意的にしかすぎない。それは創作物であるがゆえにあたりまえのことであろうが。作中ロンブローゾの生来性犯罪者説をことごとく否定しているだけに(もちろんそれは現代の学説において正しい)余計に嘘寒さが湧き上がる。作者としては、否定された学説を上回るなにか、を描き出したかったのだろうが、残念ながら私にはそこまでは。


ルジラとは梵語で「赤い」という意味で、「血液」という意味も含むらしい。
この響きは好きだな。
2007.03
30
再読。
『純棘』や『赤い羊は肉を喰う』を踏まえて読んだので、さらに興味深かった。
だいたいは“内田の彼”に関するあたりだけれども。

日本国における右傾化の可能性の数値化というのかな? 野口女史が癇癪を起こすのは、内田の偲ちゃんのあげてくるデータに対してだし、なぜそうなるかというと、ひどく客観的なデータでありすぎて、料理できないということだそうで。

つまり、『赤い羊~』で偲ちゃんが到達した姿勢がそこに現れているのだし、なんらかのアクションで、右傾化のパーセンテージがまるでちがうものになる、というのは、まさしくサーシャが『純棘』で狙う方向のひとつだし。

ううーーーん。奥が深いぞ! 五條作品。いや,鉱物&革命シリーズ。
ちなみに、この作品にタキが登場しているのも、認識してなかったデス・・・。

ところで。
鉱物シリーズについては、サイドストーリーがたくさん書かれているので、すっかり失念していたのだが、今回改めて確認。
次回作は『THE PERFECT QUARTZ』とちゃんと明示されている。完璧(完全)な石英?水晶?だか、そんなカンジ?
そろそろ7年以上になるのだが、どうなっているのかな?
はやくメイビー葉山っちの活躍を読みたいな。
2007.03
29
ある青年の成長物語、かな。
もちろん五條作品だから、そこには主義主張をもった人間たちがいて(テロリストといってもいいし、理想主義者とよんでもいい)、大きく、ひとのしあわせとはなにか、というような命題もあるが。

なんとなく生きていた秋生が、生きるための芯を自ら得ていく姿は、清々しい。

久野の強さがうらやましい。
ヨシオの弱さが哀しい。
2007.03
29
再読。
バタバタと走り回るような印象のある葉山が、再読すると妙にかわいらしい。エディがいじめるのも、ほんとよくわかる。気の毒だと思うけども・・。

やっぱり面白いなぁ。<鉱物シリーズ
2007.03
29
R/EVOLUTION 6rd Mission 革命シリーズ第六弾。

サーシャがとても悪い人になってる・・・・。
いや、もともとそういう人だとは思ってるんだけども、どうにもうすっぺらい悪役に描かれているような。もしかしたら、筆が足りないのかもしれない。酷薄さから浮かび上がらせようとしたサーシャの“喪失”が描ききれていないのかも。あるいは、あえてそこまで踏み込まず、あくまでも冷徹に革命を“実験”のように見るサーシャ、というものを今回前面に押し出したのかも。

ストーリーはいよいよ佳境。残りあと4作で、日本はどのように攪乱されてしまうのか。サーシャのように、日本人も祖国を失うことになるのか。すでに次作の連載もスタートしている。わくわくするのもどうかとは思うが、あくまでもストーリーの外にいる客観的立場として、楽しみにしたい。


ところで、作中、酒井が絵を購入したというアートギャラリーは亮司のとこだよな、きっと。これも伏線?

向季はこの先、どんなふうに登場するのかな?
亮司はサーシャの孤独を代弁する存在となっていくのかな?
鳩は、亘は、すみれは、キラは、大川は。とにかく興味は尽きない。
2007.03
28
ひどく読みやすい作品だった。
ちょっとばかり吉敷シリーズに倦んだかな?
けして面白くないわけではないのだけれども、やはりタッチに軽さを感じてしまうのは、この作品のトリックが奇想天外じゃないせいなのかしら? もちろん、謎はひとつだけではなく、絡み合っていて、事件の様相を複雑にしていて、単純な解決に納得しない吉敷という存在はあるのだけれども。

ちょっと御手洗に戻ろうかなぁ。
2007.03
28
どうやら改訂版があるうえに、新装版もあるらしい。どのへんがどう変わっているのかな? トリックの肝は変わっていないと思うのだけれども。ただ、手を入れたいと著者が思ったのだとしたら、その気持ちはなんとなくわからんでもないような読後感。なんせ私にすら、列車トリックはみえみえだったのだもの。

この作品に登場する女性たちには、若干の違和感はあるにせよ、いままでの島田作品のなかでは嫌味はないかな。

しかし吉敷の○○は・・・・かなり笑える。
2007.03
28
第一作と同じテンションで、とても楽しめる。
といっても、事件はユーモアのあるものではなく、腹立たしく哀しいもの。登場人物も、切ない。

今回ことに心に残ったのは、『真夜中のダーリン』。
吉田吉男の諦観してしまったその心が哀しい。

この第二短編集にも、憂夜の謎は描かれないまま。きっとシリーズは継続して書かれるのだと思うけれども(ぜひ、続けてほしい)、とても楽しみ。

表題作のなかでそのまま据え置かれたアレックスの未来が気がかり。合掌。


ところで。
このミステリ・フロンティアで刊行されている作品で、いまのところほとんどハズレはない。実によいラインナップだな。企画は誰なんだろう? やっぱり戸川さんなのかな?
2007.03
28
龍之介シリーズ長編。
長編の場合は、タイトルがパターンを踏まないんだな。
そして,今回も、前長編と同様、目次に工夫が。
こういう遊び心(といっていいよな)が、このシリーズの楽しさだと思う。

時系列は少し遡るカタチになる。
ので、作品に龍之介の夢に向かって・・の部分はなし。けれど、謎を解くという意味では、私はシリーズとしてはいちばん好きかも。

ラストで婚約している二人について触れられていなかったのは、あえて、なのかな? 苦難を乗り越えて二人は・・・的なお伽話は入れたくなかったのかな?
なんとなく作者の恣意を感じるのだけど、うがち過ぎかしら?


あぁ。ボルゾイに触りたい。←読んだ人にしかわからない。
2007.03
28
クラブ風のホストクラブを舞台に展開されるミステリ連作集。
とてもさくっと読める(といっても事件が軽いわけではない)ミステリだ。

クラブ風ホストクラブという設定もさることながら、登場人物も多彩で、楽しい。
なんといっても“伝説の男”憂夜の存在が謎めいていて、たいへん興味深い。この続編が発表されているということだが、謎は明かされているのかな?

いわゆるシブヤ系(でいいのかなぁ。いまひとつ実感はない)ノリのホストたち(また源氏名がふざけてるという)が、その見目どおりではなく,実は侠気にあふれていたり、仲間を想う気持ちがやさしかったり・・・。いろいろなエピソードが、いらぬ偏見をひとつずつはぎとっていってくれる。そのへんも心地よい。

塩谷サンがもちっと曲者だったら面白いんだけども、憂夜がそのへんを担ってるからいいのかな?

次作、読むのがとても楽しみだ。
2007.03
27
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
『要人警護』シリーズ完結。なんか長かった~~~。
イラスト担当は、緋色れーいち氏。イメージはぴったりだったな。

前作から登場の鳴神が私のお気に入り。
ある種手段を選ばぬ汚さも、プロ意識の発露だと思うと、やはり感動してしまう。彼の作ったドキュメンタリは、私も観てみたい。

砂漠の王様には、もう一度逢いたかったな。残念。
2007.03
27
いつまでもうじうじしたバカ臣がここにもいるよ、と思ったら、本気で壊れているのは、慈英だった・・・という話。

私はやっぱり照映の話が読みたいなぁ。
『インクルージョン』読み返そうかなぁ。
2007.03
27
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
表題作よりも、書き下ろしの「熱っぽい視線」のほうが好き。
「それから…」は、尻切れとんぼなカンジで中途半端になってしまって、もったいないかな。
表題作は・・・・やっぱ釈然としない展開だなぁ。
2007.03
26
インフルエンザ中なのにもかかわらず、あれこれ本に手を出していたものの、ついに倦怠感に負けてマンガに突入。←だから、なにも読まずにいるという選択肢はないのか!? ない(きっぱり)。

手近においてあったユギ氏作品を再読。
やっぱこのシリーズ、いいなぁ。
2007.03
25
主人公・偲ちゃん(とちゃん付けにしてしまうような彼だよな)の、徒手空拳の闘いに、思わず拍手。どこか抜けているようで、実はかなり聡明で切れるひとだよね。さまざまな事象をきちんと分析できる能力は、どこかのアナリストにも匹敵する。
という、どこかのアナリストくんもしっかり登場していて、とてもうれしかった。ついでに里心がついてしまったので、『プラチナ・ビーズ』から読み返すつもり。本作では、野口さんもとても大活躍ですもんね。佐伯さんという存在も気になる。いままでどこかに登場したのだろうか?

今回、仕掛けを施す側の「ワタナベ・グループ」の中心人物が、それぞれ魅力的。かなり魅力的。
エスターは今回のコトだけで満足しているのか、というと、そうではないように思う。どうせならシリーズ化して、とことんエスターVS偲という構造を使い切ってほしい。

なぜなら。
ラスト近く、クライマックスのシーンに少々物足りない感があるのだ。
あの段階で、エスターの思惑は確かに達成された。が、その後はどうなのか。その後の波及効果まで計算は及んでいないというのか? 後始末、という意味ではどうなっているのか? そのへんがとても消化不良なのだ。


それにしても。
あいもかわらず五條作品の登場人物は、実にいいオトコが多い。いいオンナも多いのだけど、やっぱりオトコに目が奪われちゃうな。
ちなみにマイランキングをつけるとするならば、
偲ちゃん、ガリ、エスター。次点で太郎ちゃん。アイドルに笙くん。
2007.03
24
谺健二氏の『未明の悪夢』のシリーズ作が読みたくて手にとった。

収載作品は以下のとおり。
 『疾駆するジョーカー』芦辺拓著
 『罪なき人々VS.ウルトラマン』太田忠司著
 『本陣殺人計画』折原一著
 『まだらの紐、再び』霧舎巧著
 『閉じた空』鯨統一郎著
 『五匹の猫』谺健二著
 『泥具根博士の悪夢』二階堂黎人著
 『密室をもっと楽しむために』二階堂黎人著
 『密室ミステリ概論』ロバート・エイディー著/森英俊訳
 『マーキュリーの靴』鮎川哲也著
 『クレタ島の花嫁・贋作ヴァン・ダイン』高木彬光著
 『デヴィルフィッシュの罠』ジョン・ディクスン・カー著/白須清美訳

密室ものばかりの作品集だが、飽きることなどひとつもなく、どの作品もトリックを楽しめた。目的の谺氏の作品は、その二転三転する謎の究明に目を見はらせられたし、久しぶりに読んだ蘭子探偵もの(二階堂氏)も、あいかわらずの切れ味が嬉しい。
なにより、高木氏の作品は、ほんとうに面白かった。トリック自体は、同氏のほかの作品にあったと思うが。ヴァン・ダインを読みたくなってしまったな。

翻訳ものの古典は、正直、小・中時代よりあとには、ほとんど読んでいない。
記憶はなくなってるし、おそらくはすべてがジュブナイルなので、きちんと読んでいるとはいいがたい。ミステリファンだと名乗ったら、エセ、といわれてしまうにちがいない。あらためて読みたいのだけども、読みたい本が多すぎる・・・。
2007.03
24
掛け値なく、面白かった。人気あるわけだよ。評価高いわけだよ。

聡明な少年に脱帽です。
それから、少年が父親にもつ愛情の深さ。もちろん、父親の少年への愛情もすばらしい。

トリックには最後までひっかきまわされた。完全に敗北。こういうことかな?と思うと、そうじゃないんだな、実は、とくりだされるジャブに、エンディングまで振り回されて、でも、それが気持ちいい。
ナイーブな感性を描いているかと思えば、非常にアイロニカルな葛藤もあって、そうした部分での読物としてのレベルも高いのでは?

少年がメインということで読むのはやめようかなと思ったのだけども、手にとってよかった。評判になるには、やはりそれだけのものはあるんだな。
2007.03
23
龍之介の夢の実現に向けて、着実に歩みを進めている三人に拍手。

このノベルスには仕掛けが施されている。
『トリックは〈ページ〉に隠されている!
 この本を手に取る皆様へ
 24、25、28、29、32ページにご注目!
 謎の「刻印」があなたを事件へと導きます』
というのが出版社(著者)からの挑戦状もどき。
残念ながら私はまるで気がつかず、参考文献の記載ページにある注で、やっと気づいた次第。39度の熱で読んでるほうが間違いだよな・・。だが、気づいたところでトリック破りに挑戦するかというと、きっとしない。

あいかわらずどの作品もトリックが楽しい。
でんじろう先生をモデルにしたようなキャラクタも登場するし、ほんと、このシリーズは中学生に手にとってもらいたいな。
2007.03
22
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
幼馴染みの恋物語。
とても健康的で、ごく真っ当な恋の成就が、読んでいて清々しい。もちろん、清々しいとはとてもいえないひとの悪意の現れるエピソードもあるが、それも、真っ直ぐな心が蹴散らかしてしまう。

一人称で語られていくのが、とても静かで、読み心地がよかった。
2007.03
21
救いがあるのやらないのやら・・・。
でも、あるんだよな、きっと。だって杉村の家庭は深い愛情で包まれているんだもん。ほかはともかく。というか、ほかの人(今多会長以外)には感情を動かすのはいやだね。

最初の事故の所轄がうちの所轄だったので、そんなところに親近感を抱いたりしつつ、読了。“毒”というモチーフが最後にほんとうにイヤなカタチで収斂されるのが、ほんとにイヤだ。これが『名もなき毒』でどのように進展伸長していくのか、そのへんは楽しみではあるけれど。

毒か。
自分にもたくさんあるものだから、余計にイヤなんだろうな。
2007.03
21
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
おっとこまえ~な受けくんは好物なのですが。
攻めくんが、とっても情けないわんこで、そのへんがこうちょっとのめりこめないカンジ。
だって、巻いた尻尾が後ろ足の間に挟まれてるってイメージで。外見はイラストどおりの迫力ある男性なんだろうけど。受けくん以外の前では、そうなんだろうけど。
でも、きっとこの先、おっとこまえの受けくんの指導よろしきを得て、かっちょいい男前になってくんでしょう。

イラスト担当は紺野けい子氏。
あいかわらず色っぽく雰囲気のある絵で、とても好きです。
2007.03
21
吉敷がターミネーターになってる・・・・・。
映画『ターミネーター』公開翌年の作品だから、もしかして、あれに啓発された!?

なんて冗談はさておき。
(でもほんとにそうだったら、どうしよう・・)

アイリッシュばりのどきどきはらはら感に翻弄されまくりつつ読んだ。トリックはあいかわらず壮大で、こんなんありえねぇだろう、という気持ちが拭えなかったのだが、あとで解説を読んで納得。
「この作品のトリックを現実的でないと批判する人がいるが、それは先刻作者が承知していることで、無意味な批判なのである。」by 権田萬治
目から鱗。
御手洗モノといっしょで、楽しんで読みゃいいんだ。開眼。←いまさら

ところで。
どうしても島田作品に登場する女性造型への抵抗が払拭できない。
そう感じるのは、私だけなんだろうか。
2007.03
19
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
イラストかっこいい!
イラスト担当は、國沢智氏。はじめて見させていただいたが、かなり好み。奈良千春氏の系統というか(そりゃ失礼か)、とにかくかっこいいな。表紙イラストにあわせてタイトルを変更したという話だが、最初はいったいどんなタイトルだったんだか。
ちなみに【reload】の意味は「(…に)再び荷を積む;(…に)再び弾丸をつめる;(薬きょうの)弾薬を自分で詰め替える(プログレッシブ英和中辞典)」なのだが、この作品の意図としてはどのへんになるのかな? ちょっとばかし無理矢理感があるような気がしないでもない。

とまれ。
作品もたいへん楽しめた。
どっちもきちんと男だっていうのがよいね。せめぎ合いが楽しいというか。続編も楽しませてもらえそうだ。

いおか氏の作品は、男の矜持というか、そうしたものをもっている登場人物が、ほんとによいです。
2007.03
17
つっこんで考えればいろいろと言いたいことはあれど。ちょろりと涙を流しそうになったことは否めない。

作品は、祖谷のかずら橋がひとつのモニュメントになっていて、すでに過去のものになっているにもかかわらず、故郷を思い出して、妙に嬉しかったり。




いいたいことをあげつらってみても赦されるだろうか。

そも、タイトルに納得がいかないような・・・。これは、そのエピソードにあまり重きを置かずに読んだ私自身に問題があるのかもしれない。

やはり、女性が理想化されているような・・・。ただし、男性登場人物にもそれがあるようなので、一概に性差別的なものとは思えない。

視点が定まらないのが、けっこう辛かった。新聞連載としてのせいかもしれないが、連載としてだと、さらにしんどいのではないのかな、とも思う。


なんだろう。
なにかこうもどかしいものがあって、素直によい作品、といえないんだな。
でも、人に聞かれたら、良かったよ.読んでおきなよ、というと思うのだけど。

そう。
なんだか感情移入しようとすると、視点が変わるのがしんどかったんだな。おそらくは。