RSS
Admin
Archives

神保町の片隅で

活字中毒気味人間の読書記録です。

Counter

    

Article
Comment
Category
Link
Walk
Graph
いもこさんの読書メーター
Trackback
Archive
Click !

イーココロ!クリック募金

Search amazon

Access

Ranking
ランキング参加中。

FC2ブログランキング

Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:

Diet
ダイエット日記
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2006.09
30
シリーズ中、いちばん好きな作品。この叙述トリックがなんとも楽しい。
って、思いっきりネタばらしでご容赦。

これ以上のネタばらしはどうかと思うので、ここまで。
すでに読まれている方で、私の戯言を見てやってもいいよという方は、続きへどうぞ。
2006.09
30
シリーズ中ではすこしばかり異質。
この作品では犀川先生は、なにやら癒しのひと。とても人間くさい。

これはシリーズ作品ではあるけれども、もうひとつ、箕沢杜萌というひとりの女性の物語。彼女の選択がもうすこしちがったものであれば、彼女の幸福もまたちがったものになったのだろうか。

タイトルのレプリカが“まがいもの”という意味をもつのであれば、たしかに彼女の選択は、まちがっていたのだということになるんだろうか。

抽象的ですみません。
2006.09
30
なぜかセンチメンタルな犀川先生が、この作品にはいる。

何人もいる犀川の中の犀川を、もっとも如実に感じるのはこの作品だろうか。それに関する記述の部分に、真賀田四季の名前が出てくるのも、実に暗示的。と書いている自分が、なにを書いているのかよくはわかっていないのだけれども、

ちょっと一気読みすぎかもしれん。
シリーズ10作のそれぞれを、ひとつずつの章として読むといいのかも、とだれかが書いていたが、まさにそういう読み方をしているいま、一章ごとの感想が書けないのは、当たり前なのかも。
2006.09
29
Category : 漫画(一般)
Theme : 感想
Genre : アニメ・コミック
実録、なのだそうだ。
刊行されたときにその評判を聞いて、一度は読みたいと思っていたところ、ちょうど友人が持っているということで、ちゃっかりお借り。Sちゃん、ありがとー。

路上生活、別人生活(という表現は出てこないが、過去を見捨てて違う自分として生活しているわけだから、別人といってもいいのでは?)、アル中生活の三本立て。そのすべてがみずからの経験なのだそうだが、己の心情その他を、すぱっと客観的に描いていて、ドライに笑わせるというか・・・。

私のなかには、たえず逃走願望がある。
現実をすべて見ない振りして、都合の悪いことには目を閉じ耳を塞ぎ、自分の世界にひきこもって生きたいと、いつも思っている。ただ、それを完璧に実行に移すだけの勇気もない。作者は勇気をもって失踪したわけではないと思うが、実際にそれで生き延びてしまえるその強さは、いったいどこから来たものなのだろうか。なにもかもが耐えられなくなって、すべてを顧みることがなくなれば、ひとはゼロからでも生きていけるものなのだろうか。
2006.09
29
先に続きともいうべき作品『朽ちる~』を読んだので、なんとなく走り読み。紅子さんのへっ君自慢が一カ所あるだけだし。

立川志らく氏による解説は楽しい。私もれんちゃん好きですよ~~。けれど紅子さん派だから、七夏の存在は、ちょっとしんどいかな。好きになれないタイプだし。林さんにも腹が立つ。と、ズレた。

あぁもう・・このブログ、記録にもなっていないかも。メモレベル? ま、それでも記録にはちがいないか。読んでくれている方、ごめんなさい。
2006.09
29
ずっと森ミステリを読んでいたところに、なんの前知識もなくこれをはさんだのは運命?←大袈裟な

著者は森ファンだというのを目にしたが、テイストは似ていると思う。ミステリにカテゴライズしたけれども、これはライトノベルというやつなのかな? そのへんの括りは、実はどうでもいいのだけれども。

これも、なにやらわけのわからんバックグラウンドやら、謎やら、いろいろと書かれていないことがいっぱいで、そのへんは森作品には共通するのかもしれないが、あくまでも森作品は後出しで、ええ?そんなカラクリが!?ということは初読では特に出てこない。実は隠されていたんだよーということで、いまその謎解きにムキになっているのだが。しかし、この作品は、あえて書いていないというところで、出し惜しみ的な、そんななにかを感じる。それが悪いというわけではないが、評価は分かれるところじゃないかな?

めちゃくちゃ面白いと思った作品ではないが、ぽつぽつと続き(になるのかな? 多分シリーズものだと思うが)を読んでみようかと思うレベルではある。
2006.09
29
7年前に読んだきり。で、やはり見事にすべてを忘れているというのはほんとにどうかと・・・。
Vシリーズの一作目。もちろん目当ては“へっ君”。ほかになにがあるというのさ、状態で。にこにこしながらミルクと料理を部屋にもっていくへっ君。かわいいぞー。←すでに壊滅的に読書の目的が破綻している。

作品中には、あいかわらず謎のままの部分が多い。解説の皇名月氏によると、たくさんの仕掛けがここには隠されているそうだが、もうくたびれてしまって、それを解読するというエネルギーはない。どこかに書かれていれば読みたいと思う程度の興味はあるが、みずからの手で、というほどには・・・。わかればより面白いとは思うのだが、もうちょっとそこまでは、ということで、このシリーズについての私のスタンスは、へっ君を探せ!とする。
2006.09
28
これはもう犀川先生受難の書とでも? あるいは、睦子おばさま、かっけー!の巻?
いやいや、国枝先生ナイス、か。
上記、つまるところ、ミステリを読んだ感想ではないことだけは明々白々。

すでにどの作品にあった記述なのか忘れてしまったし、ぱらぱらとめくってみてもなんだか見つけられないので、ここに書く(シリーズ一気読み&記録後回しのツケという)。

犀川先生の回想に出てくる「親父」という表現がなじまない。なぜ「親父」なのかな。「父親」のほうがすっきりするのに。
2006.09
27
もしかしたら、いちばん本格として楽しめる作品かも。もちろん私にとって、というエクスキューズはつくが。

篠崎が好きだ。彼を想うと心が痛い。

この文庫も、解説が面白い。菅聡子氏によるもので、森ミステリにおける女性についての考察。シリーズにおける女性たちの造形は、私としては100%受容できるものではないが、菅氏による論調は、確かに納得のいくもので。
ちなみに私は、国枝先生と睦子おばさまがお気に入り。

こうした解説文の依頼は、どなたの主導によるものなのか、一度おうかがいしてみたい。
2006.09
26
なぜS&Mシリーズへの興味が薄れたのか思い出した。私は喜多センセが好きだったんだわ。で、彼の登場がないもんだから、なんとなく疎遠になってしまったのね。
ということすら、これを再読するまで忘れてるとは・・・。もはやアルツハイマ?

めずらしく動機がしっかりと語られている本作だが、それはあまりにも哀しくて、胸が痛い。殺人を犯すことを肯定してもよいんじゃないか、などという戯言まで浮かんできそうだ。シリーズ中において、動機への理解などできるものではないという主張は一貫している。となると、この作品で動機が語られた(あくまでも事象から導かれる推測でしかないが)のは、いかなる意味をもつのか?
考えてみようかとも思ったが、やめた。

文庫版には、ノベルス版刊行時の解説(太田忠司氏)とあらためての解説(西澤保彦氏)が収載されている。両方ともかなりおもしろく興味深い。森作品未読の方で、どうしようか迷っている方がいらしたら、これらを読んでみるといいかもしれない。
2006.09
26
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
もう10巻目とは、はやいはやい。『君好き』を超えてしまうとはねぇ。

もうできあがってしまった二人なので、あとはいろいろなエピソードをこれでもか!と盛り込み、どこで大団円にするかをはかるというレベルに差し掛かっているような気がする。少しダラダラしてきた印象。たしか連載のほうでは「蘭月」の主人の謎が解明されていたようで(ちょろちょろ立ち読みをしている)、あとは、いまのところ、雪彦が静香さんにちゃんと言えるかどうか、くらいなのかな?

けど、最初は苦手だったこの作品も、いまとなっては『君好き』ほどではないにせよ、エピソードはいつまでも読み続けたいという気持ちもありで。連載終了しても、きっとこぼれ話が同人で発表されたら買っちゃうんだろうなー。

書き下ろしは『秘書のしあわせ』。森田さんのお話。
43歳、スーパー秘書なのに、映&早紀夫婦におもちゃにされる森田氏。いとあはれなり。悪魔ズの手からうまく逃げ延びてください。
2006.09
25
すでに、ストーリーよりもなによりも、“へっ君”目当てとなっている私にはちょうどいい作品だった。あらためて読むと、へっ君のイニシャルなんかが出てるんだもんなぁ。

冷めた小学生、へっ君、大好きです。ちょっとだけ行方不明になってみせるのも、いじらしい。

間違った読み方してる自覚あり。けど、もうこの大河シリーズはこういうふうにしか読めないな。ミステリを読んでいるという感覚はなし。
2006.09
25
うーーーーー・・・・・ん・・・・・・。
いまいちなのか面白かったのか、よくわからん。ちょっと最近祐也氏作品は不発ね。ストーリーも絵も荒れてるような印象。
といいつつ、次も買うんだろうな。

これ、第1巻だそうです。感想は完結してからにする。
2006.09
24
Category : 小説(BL系)
ほのぼの。
とりあえず、ふがふが犬な攻めくんがなさけないというかなんというか。
20代も後半になって、えらく純情可憐な恋愛というのも、なかなかにありそうななさそうな・・・。

沖田&鬼頭のアダルトカップルの話のほうが興味あります。ぜひ書いていただきたい。
2006.09
23
ミステリではあると思うのだが、社会に、もしくは、国に、思うところをぶちまける島田@武闘派(ちょっと言い過ぎかもしれませんが)の部分がより強く印象に残る作品。

表題作を前後編に分けて、『ジャングルの虫たち』という中編をサンドイッチした構成で、この構成にはどういう意図があるのか。キーワードは“都市の地下”なのかしらん? もしくは、帝都衛星軌道に囲まれた虫たる人間ども、という揶揄?

『摩天楼の怪人』でも描かれていた都市の地下のエピソードは、その部分だけが浮いてみえたのだが、この表題作もしかりで、そこに挟み込む意味はあるのかもしれないが、あそこまで語らせる必要はないのではないかと思う。間に挟み込まれた『ジャングルの~』では、絶妙な使われ方がされていたように思うが、それはあくまでも幻想としての表記だったということが、著者には物足りない、もっと現実を訴えたいというものなのか。もちろん、『ジャングルの~』で著者の訴えたい現実は別のところにあるのだが(と私は読んだ)。

非常にスレンダーな文体で、すこぶるリズムよく、導入部分がお気に入り。

そうそう。
これまでの作品中あるいは島田氏の対談などでも気になってはいたのだが、「~は、これは~」という表現は氏の口癖であられるのかな? この作品中ではやけに目についた。私なら“それ”と表現するであろうものが“これ”という指示語で示されることが多い。なんとなくひっかかるのだけど、でも、実はこの表現、キライではなかったりする。
2006.09
23
文庫になると、ごっつぶ厚いなぁ、というのがはじめの印象。読み始めてしまえば、そんなに時間はかからないかなぁと思いつつも、けっこう時間とられてしまったようで。真剣に集中して読んでいたら、眠れなくなってしまった。頭回し過ぎ。うん、けっこう回ってたと思う。←森的表現

『四季』のラストでわけのわからなかったものは気持ちよく解決。これだけでとりあえず読んだ価値はありかと。しかし、この作品は読んだつもりだったんだが、まるで記憶にないということは、読んでないんだろうな。ということは、このひとつ前も怪しいかも・・・。とりあえず、このS&Mシリーズは、次回は第一作を読み返そうかと考えている。

しかし、犯罪についてのホワイダニットが黙殺されているというのはさすがというかなんというか。そんなことは、真賀田博士や犀川助教授にとっては、瑣末事項でしかないわけね。

記録を見ていただければおわかりのように、基本的にノベルズバージョンを再読もしくは初読しているのだが、今回文庫バージョンを読んで、自分の大好きな解説があることに気づいた(当たり前なんだが・・・。マヌケというか、どれだけイライラしていたかがわかるというもの)。
この作品の解説は、なんと島田荘司氏。で、氏の実に率直な解説文を読んで、思わず「ファクタ散らかすの、やめんかい!!」と思っていた森ミステリに対する苛立ちが不思議と鎮まった気がする。いろいろな方の解説を読んで、さらにいろいろな角度から検証する(というほど偉そうな作業はできないが、そんなニュアンスと捉えてやってください)のも手だなと思った。こうなったら、解説目当てに文庫版を一から読み返してやるぜ!←無駄に挑戦的。これこそ作者にハメられているといういい証拠。嗚呼。
2006.09
22
長編でもイケますね。第一作に比べて格段に読み応えあり。

にしても、一太郎受難物語の本作は、兄やたちよりも新龍がたいへんに印象に強い。よい脇キャラがいると、シリーズものは楽しめるといういい見本のよう。
そして、鳴家ちゃんたちも健在。
いつもにましてその擬音(鳴き声)の豊富さには笑えたわ~~。イラストの旅姿鳴家もナイス! っと、こんな楽しみ方してちゃいけないかしら。←しかし同意される方は多いと思われ。

なんにせよ、一件落着したわけだから、若だんな、ぜひゆっくりお湯を楽しんでくださいな。
でも温泉入るのって体力いるんだよなぁ。湯治って実際のところ効果はどうなんだろう? ま、湯当たり、湯冷めなどしないよう、兄やたちにあまりかまわれないよう、お祈り申し上げております。
2006.09
22
↓のような訳で、手当たり次第に順序無視で気が向いた森本を手にとってみることにした。で、まずはこれ。

とりあえず謎解明にはアタリ本。
というか、シリーズのどの作品も、それとはわからずに読み飛ばしている箇所が、『四季』でかなり鮮明にされているのではないだろうかねぇ。
ともかく、『四季』読了直後なだけに、エピローグ部分で異様に興奮した自分がいたわ。やはり翻弄されている。悔しい。

ミステリにカテゴライズはするが、実はこのシリーズって、ミステリじゃないよね。森ワールドの謎を手探りする、という意味では、ほんとにミステリだけれども。
2006.09
21
一冊にまとまっているほうがめんどうじゃないかなと思って、ハードカバーを借りたのはいいが、四六判/895pは、横になって読むにはなかなかの難物。手首が痛いって。けれど、やはり本はハードカバーで読むのがいい、とあらためて思ったりもした。ずしりという手応えは、読むものにその分のしあわせを運んでくれる。

閑話休題。

本作について。
やはり、森作品におけるS&M、V、Gシリーズは、四季シリーズも加えての大河作品なのだな。この作品には、ほか3シリーズ中のさまざまなファクタが挿入されていて、謎は解明されたものもあれば、あらたに派生したものもありで、もうこうなったら、シリーズ再読しかねぇじゃねぇか!と、森氏に挑発されてしまった結果となった。くそう。
だって、どう考えてもコアにくるのは真賀田四季と犀川創平なんだよ? 犀川ファンとしては、いまさらだけど、おっかけるしかない。

デビュー作を読んだのは、いったいいつのことか。刊行時にオンタイムで読んで、いまやすっかり忘れている自分を呪うことにする。

ともかく。
S&MシリーズとVシリーズの接点がわかったのは収穫。まるで考えてもいなかったので、非常に驚愕した。が、いわれてみりゃあ、確かにそんなカンジ・・という・・・。

しかし、ほんとうにわかりづらい。この作品は最後の最後で時系列がわけがわからなくなってしまい、いま『有限と微小のパン』を読んでいるところ(まるで記憶にない。どうやら読んでいなかったらしい・・。S&Mシリーズすら途中で投げたのかよ。そしてそれすら忘れてたのかよ!?<自分)。
で、本作のエピローグのシーンがいつだったのかは判明したが、それにしてもほんとにもう・・・森氏に翻弄されまくっているような気がする。ものすごく悔しい。マジでなぜそうなのかがわからないんだよっ!!

ええっと、だれか時系列にすべての事柄を(Gシリーズも含め)表にしてくださいませんか? 途中まで作成されているサイトさんは発見したのだけども、全部網羅されているところは見つけられませんでした。もしご存知の方いらっしゃったら、ぜひ教えてください。
2006.09
21
美容院に置かれていたので、これ幸いとセット終了までに読了。いやーラッキーだったわ。買うほどではないのだけど読みたかったし、図書館ではかなりの待ち状態だったので。

評判はきいていたが、なるほど、バカにできない。
というより、すごい感性も持ち主なのだなぁと実感。とくに、一作目(これは連作集で、その連なりもなかなか面白い設定だ)の封筒型の寝袋に入ることを“自分を投函する”というような(引用は正確ではない)表現は、そうそうできるものじゃないと思う。

しゃべりが本業だけあって、文章のリズムがよいし、そこはかとなく漂う無常観のような、じゃないな。希望はあるのだから。哀愁でもないし、しいていうならやさしい哀切とでも?

これは芸名ではなく、筆名としてなにか立てて書いたとしても話題になったのでは? いまさらタレント本扱いはされていないとは思うけど、本人のもともとの知名度も必要ではなかったと思えるほど、完成度は高い。

とても染みる作品だった。
2006.09
21
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
イラストは奈良千春氏。購入するのを2回見送って、だが結局買ってしまったのは、この方のイラストイメージの訴求力も大きい。

高岡氏の作品は、基本的に甘い路線で、砂というよりドロを吐くかも・・という作品もありで、嫌いではないのだが、ときどき困る、というのが本音。が、これは、きちんと(というのもヘンな話だが)ストーリーが描かれていて、無理のないところに落ち着いていて、読後感やよし。

やさぐれていた捨て犬が、人の手の温かさを知って、そこんちのために自らオンでて、でも、ちゃんと前を向いて歩くようになった。そして訪れるのは・・・なーんちって。でも、そんな話デス。
2006.09
20
完結っ!!!
とても大好きな作品だっただけに、完結は淋しい。でも、とても面白かった。こんな面白い作品はなかなかないよね。

感想?
そんなもの、私が書くよりも、とにかく読んでほしいな。
未読の方、とにかく読みましょう! どきどきはらはらしながらも、右近と慎のかっこよさにじたばたしてしまうこと間違いなし! あ、でも、かっこよさからいくと、エレインがいちばんかも・・。

ストーリーは冬水社のコミックスガイドでどうぞ。こちらです♪
2006.09
20
いまいち外れ。
心の揺れはとてもよく描かれていると思うのだけども、登場人物の存在がどういうものか浮かび上がってこない。浅いカンジ。

同時収載されている元ネタ(作者談)の『彼岸過ぎまで』はけっこうイイのに。ふくらますほどのものではなかったということなのかな。残念。
2006.09
20
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
この著者らしくない設定のような・・・?
大和撫子受けだそうで(あとがきによると)。

面白いには面白いのだが、食い足りない感あり。
イラストは紺野けい子氏が担当されているのだが、この方の描く受けくんのにーさん・秋司がとてもステキでした。
2006.09
18
Category : 実用
Theme : 食と健康
Genre : ヘルス・ダイエット
まさに実用。さっと読むだけでも、ダイエットを考えているひとには有用なのでは?

いまあまり動かないため、体重は落ちても体脂肪が上昇中の私としては、自分の食事制限に間違いがないかどうかを確認するために読んでみた。

結果としては、基本的には間違ってはいないと思う。問題は、やはり運動量。一日に一万歩は歩いたほうが絶対的によいようだ。しかも早足くらいのペースで。

普通に通勤して一日七千歩程度の私だが、現在は家に籠っているため万歩計もつけておらず、おそらくは一日一千歩カウントするかどうかくらいだろう。ひどすぎ!! ただ早足で呼吸器系統に負担をかけるのは現状好ましくないので、あすからはゆっくりめペースで、とりあえず目指せ一万歩ということで、ひと駅じゃなくふた駅歩こう運動にチャレンジ、かな。ま、無理しない程度に。

ちなみに、「なぜやせたいのか」という動機を自分自身でしっかり確認することが長続きの秘訣みたいですよ。>体重を落としたい方へ
2006.09
18
いまわが家にある講談社ノベルスは、そのほとんどがとてもとても出しにくいところに仕舞われているのだが、なぜかこの作品だけが外に出ていたので読み返すことにした。これはヤケクソというべき? いやむしろ自傷行為?

確かに読んではいるのだが、記憶に薄い。印象に薄い。萌絵VS保呂草という、いうなれば豪華キャストのはずなのに。なぜだろう。そして、ラストに暗示される事柄などは、私の好みのはずなのに。もしかして私はVシリーズは苦手?←もしかしなくても苦手なのだよ。

この作品はよくしゃべる国枝先生が楽しめる。そこは面白い。

さて、どうやらラストに暗示されているモノは『四季』を読めば理解に至るという(某書評による)。今週中には解明させてしまいましょうかね。
2006.09
18
もはや大河シリーズとしかいいようがない。犯人だれや!?

加部谷の言動に気が狂いそうになりながらも読了させたというのに、カタルシスがない!! 楽しかったのは、寝ぼけ犀川だけでしょうか。←それもどうかと

この作品の感想をみると、シリーズ読むのをやめるにやめられない、という意見が散見されるが、まさに同感同感。あんなとこで終わられると、次を読むしかないやんけ!という思いになる。けど、これ以上読んで得るものはあるんだろうか。うーん。悩む。

このシリーズをお好きだという方。
いらっしゃったらその楽しみ方をご示唆ください。
2006.09
18
もしかしたら、加部谷にアレルギー反応を示したのは私だけではなかったのかもしれない。
と思ったくらい、今回は萌絵がご活躍。そしてさらに、シリーズ制覇してないとこれ読んだらアカンのやないか!?という疑問は増大。

お気に入りの犀川先生の妙な焦りをみるにつけ、いったい彼らはどうなっているのかしらと。いかんせん最初のシリーズも読んだのが遠い記憶すぎる。やっぱり再読しないとならんのかしら。あぁこうして読まなきゃ本が増えていく・・・。

ま、この作品は犀川推理の健在っぷりと、海月はやっぱり好みだなというのを再確認しての読了でした。
2006.09
18
Gシリーズなのだそうだ。とりあえず発表順から読んで三作目まで読み終わったところでこれを書いているのだが・・・・。S&Mシリーズはともかく、Vシリーズは途中で放擲した人間としては、このシリーズ読んだらアカンのちゃうか!? アカンというよりも、楽しみが減るというか。犀川と萌絵のこの時点での関係性すら知識にないのでは、読む資格もないというか。

そんななか、三作目まで一気読みしたのは幸いだったかもしれない。この作品だけだと、きっとこのあとのシリーズ作品は読まずにいただろうから。
なぜ?

私は加部谷恵美が苦手です。以上。

しかし、このシリーズも結局全体を通して大きな謎がかかわっているという構成になるのだろうな。いったいどこまで続くのやら・・・。壮大すぎです。といいつつも、ただいま『四季』を読んでいる私っていったい・・・。
2006.09
18
開けてびっくり玉手箱。
ほんとにおにーちゃんゴールインしてるし・・・・。

少し哀しい事件もあるが、やはり癒しのミステリだな、これは。そして、謎解きの面白さもきっちり味わわせてくれるステキな作品。

表題作がこのシリーズの最終作なのだが、この謎解きの面白さったらない。知識がないと絶対に解けない謎だけれども、それを繙いてくれる著者の、書いているときのにやにや顔が思い浮かんでしまうよ。というのも、巻末の有栖川有栖氏による解説が効いているせいかも(ここで北村氏の横顔が語られている)。

実は解説文だけは先に『迷宮逍遥』(有栖川有栖著)で読んでいたのだな。
この解説文集(といっていいのかしらん?)は単独でも楽しめたのだが、やはり本編とあわせて読むのが正当、妥当ですね。←いまさらいまさら

とまれ。
姓は覆面、名は作家。家ではお嬢様、外ではサーベルタイガーの千秋さん。
いまもきっとどこかの空の下で活躍されていると私は信じていますよ。