RSS
Admin
Archives

神保町の片隅で

活字中毒気味人間の読書記録です。

Counter

    

Article
Comment
Category
Link
Walk
Graph
いもこさんの読書メーター
Trackback
Archive
Click !

イーココロ!クリック募金

Search amazon

Access

Ranking
ランキング参加中。

FC2ブログランキング

Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:

Diet
ダイエット日記
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2006.08
31
朝比奈耕作最後の事件「新・惨劇の村」その3。

結局悩んだ挙げ句に一日で3冊読破。
ストーリーについては云々しないが、今回、このシリーズで書いておきたいことがひとつ。

装丁がとてもいい。
本とは手にとって愛でるものだから、装丁が好みの作品は、それだけでも満足度があがります。そういうことってありませんか?
2006.08
31
朝比奈耕作最後の事件「新・惨劇の村」その2。

どうにもイタイわ・・・・。
もうはやくラストまで読ませてほしい。
ラストまで読んだら、未読の朝比奈シリーズも封印してしまいそうな勢いだな。
2006.08
31
朝比奈耕作最後の事件「新・惨劇の村」その1。

ものっすごーーーーーーーーい思わせぶりなプロローグで、完結してから読むことにしようかとかなり悩んだ。全5作予定のこの作品、いま現在3冊が出されているところなので。

3日間悩んで、読むことにした。
事件が5冊すべてにだらだらと続くわけではない。ただし、その底流にあるのは、朝比奈探偵にまつわるまたしても悲劇の予感。感想は全作を読了してのちにする。

ちょっと自分の心まで切り刻まれそうで、イタイ。読み切れるかな。
といっても、もうすでに3冊読んでしまってるんだけどね。
2006.08
31
BLにくくるにはもったいない作品。すばらしいSF作品だと思う。

表題作は、人間の身勝手さ、いやらしさをとことん思い知らされる。人間に未来がなくても天使たちにそれがあればいいや、なーんて。

もう一作の『クロックダウン』はそのパラレルワールドのあり方に若干悩むかもしれないが、よしんばそのシステムが理解できなくとも、作品は楽しめる。愛は強し、です。

寿氏の作品は、がっつりハマるものとまるで受け入れられないものがある。自分とのシンクロ度が、妙に興味深い。
2006.08
31
美術シリーズ、なのだそうな。
確かにこの作品集はすべて芸術にかかわっている人物が登場人物だが。

どの作品も、心が締めつけられるような切なさを内在していて、精神状態があまりよくないいま、読むんじゃなかったかなと反省中。←遅い。
2006.08
31
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
再読。体調不良により、活字には接したいのだが、ちゃんとしたのは(失礼)読めないと判断。本棚よりBL作品を引っ張り出してきた。購入当時、自分が雨女呼ばわりされていたので、なんとなくこれは買わねばならないという使命感にかられたもの。

同級生モノ、好きなんだわ。
そして、デキる男同士も。
ただ、もうすこし、深みが欲しいな、この作品。
2006.08
30
実はなぜかこれも読んでいなかった柴田作品。
だが、↓の『RED RAIN』と立て続けに読んでよかった。なぜなら、この作品の主人公の夢となる人物が、『RED RAIN』でのラストを締めくくる人物だったから。
ノダがこの作中でのあの状況になるようになった経緯も、ものすごく知りたい。果たして作者のなかにはその道程は固まっているんだろうか。そうだとしたら、ぜひ読ませてほしい。

この作品は、二分冊としてあらたに文庫で刊行されるという。2006.8現在では『星の海を君と泳ごう』が光文社文庫として出版されている。もしかして、いろいろと書き足されているのだろうか。そうだとしたら、そちらも読まねば!

もっといろいろ感想を記したいのだが、ちょっと体力が足りない。文庫を読んだ折に書かせていただく。
2006.08
30
『龍の黙示録』シリーズ。もう何作目になるんだか。←調べなさい。ええっと6作目かな?

おそろしいことにますます龍が人間臭くなってきた。吸血鬼VSバチカンという設定の根幹は揺るがないのだが、ここまで色恋が絡まってくるとはね。

セバスティアーノが勝手に動き始めたというように作者篠田氏が前作のあとがきで書かれていたように記憶しているのだが、そのせいか。ああ、それにしてもトーコのあの恋愛音痴ぶりはどうにかならないものか。イライラする~~~。
それにしても、というなら、でも、どちらかというと龍ですな。ライルの素直さをもっと学びなさーい!!と頭はたきたくなるわ。

ま、いずれ続きの気になる作品ではあります。
2006.08
30
なぜ読んでいなかったのかわからないんだが、読み忘れていた柴田作品。やっぱりおもしろい。おもしろくて切ない。SFテイストは苦手という方も多いと思うが、そんなものテイストなだけであって(単に作品上の設定にすぎないと言い切ってもいいかもしれない)、苦手意識をもって避けるにはもったいない作品。未読の方にはぜひ読んでほしいな。

まだまだ謎を孕んだままこの作品は終結する。
この先を読みたいと思うのは、私だけだろうか。
2006.08
29
いったい何回目なのやら・・。少なくとも今年は2読目。
記録を始めてから同じ年に同じ作品を読むのは避けようと思っていたんだが、ついに断念。というか、手にとってしまったんだよな。

同じ本を何度も読めないというひとはいるが、漫画であろうが、小説であろうが、なんであろうが、読むたびに新しい発見はある。だから私は再読もやめられない。

ちなみに今回はこの作品で失恋する女の子の心の強さに思いっきり同調してしまったぜ。
2006.08
28
綾辻作品のなかでは、もしかしたらやっぱりこのシリーズがいちばん好きかもしれない。また書いてくれるといいなぁ。

といいつつ、ひとつだけ気になることが・・・。
トリックに触れてしまうので、ネタが割れてしまうのがイヤな方はあとは読まれませんよう。といっても1行コメントだけどね。
2006.08
28
Category : 評論
Theme : ミステリ
Genre : 小説・文学
手にとった理由は、「有栖川有栖・笠井潔・北村薫が決める『本格ミステリこれがベストだ!』座談会」。いわずもがな・・・・。

トラキチ二人と笠井氏でどのような対談になるのかと思ったら、意外に笠井氏が柔らかい印象でちょっと驚き。

このところ、この手のベストものを読んでいなかったんだが、さすがに2001年になると、読んでいる作品は少ない。私のミステリ読書全盛はやっぱり2000年までだったよう。ちょっと面白そうな作品の紹介があったので、読んでみることにする。こういうのを参考にするというのも、たまにはいいかもね。
2006.08
26
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
『くちびるに銀の弾丸』続編。続きものだと、やっぱりついつい買ってしまうこの性を、誰かどうにかしてください。←無理。

今回は、表題作のほかに、書き下ろしと、イラスト担当の祭河ななを氏作の漫画作品が収載されている。

表題作は、いうなれば王道のBLで、これはまあどうでもいいようなありがちな展開なのだけども、書き下ろしは、仕事に悩む後輩たちと、そうした問題を解決していくなかで二人の絆が深まるという仕掛けになっていて、面白かった。仕事における上司(またはリーダー)と部下の関わりが、いかに仕事そのものに影響をもたらすか。上司と部下の相性もさることながら、お互いへの信頼がどれだけ大切なものなのかをあらためて思う縁(よすが)になる作品だった。

漫画作品は、前作と表題作との狭間の時期にあたるもので、これがまた意外に(失礼!)楽しめた。

攻めくんの言葉攻めが苦手なこのシリーズだけども、けっこう楽しませてもらいました。
2006.08
25
幼馴染み同級生もの。中学の頃からの片思いが成就するまでの、まさに“初恋”一直線。
特になんということも起こらない(もちろんそれなりの紆余曲折はあるにせよ)、日常にある恋のお話。なんだけど、ほんわかと幸せになれるのは、ご町内の方々をはじめとする周囲の造形が温かいからだろうか。

ほっとできる作品。
こういうの好きだなぁ。シリアスも好きだけど。
2006.08
24
本歌取りシリーズ三作目。

たいそうにおふざけ?と思うかもしれないこの作品。もしくはこのシリーズ。『夏』はともかく、『秋』とこの『冬』はとても心が抉られる哀しい作品であると思う。

いろいろと書きたいことはあるように思うのだが、言葉にできないな。

ミステリというのとは少し違うものではあると私には位置づけられる作品だけれども、ちょっとばかりのバカバカしさを許せるのなら、ぜひ読んでみてください。
2006.08
23
あいたたた。BK1ではまだお取り扱いができないとなっているわ。
そりゃそうだ。28日発売なんだもんな・・・。

ええっと、私の出没先はブログタイトルのとおり神保町でして、二見書房があるのも神保町でして、そばにある本屋では、二見のものはかなり早い時期に入手できるのですわ。
ということで、ズルこいて、手に入れたわけではありません。

蛇足ながら。
そんな近くなもんで、愛読者プレゼントに申し込む際に利用する郵便局は、二見書房のナナメ前、その本屋さんの隣り。この封筒、そのまま持参してもいいっすか、といつも二見の前でつぶやいているのであった。だって80円もったいない・・。

で、感想。
『俺は悪くない』のだれかさんを彷彿させるような先輩がいたり、『働きません!』を思い出させるようなひとたちがいたり、なんとなくすこし二番煎じ的な香りもするのだが、やはりユギさんの作品は面白い!
ちょっとボケ系の受けくんも、わりあいよくあるキャラだが、ただし、ひと味違うのよ。

「だから安心して俺のもんになりな」

このセリフにやられましたねー。なんつー男前な! これだけ読むと攻めくんの言葉だものね。

恋愛だけが描かれるのではなく、憧れの仕事は自分にとってどういうものであるのかというような命題もきっちり結末がつけられていて、やっぱ最高っす。
2006.08
23
ひきこもり探偵(?)シリーズ第三弾。これで一応の完結。

現代版お伽話と割り切って最後までおつきあいしたが、もうこの作家の作品は読まないような予感。ほかの作品はテイストが違うかもしれないが、チャレンジする勇気はない。

言葉を飾らずにコメントを書くので、それでもよろしければ続きを読んでやってください。
2006.08
23
講談社で辣腕をふるわれた編集者・宇山日出臣さんがお亡くなりになった。新聞報道によると、「8月3日、肝硬変で死去。62歳」とのこと。あまりに早いその死に、衝撃を受けた方も多いだろう。面識もないくせにずうずうしい、といわれそうだが、私もそのなかの一人ではある。

追悼の意をこめて、この作品を読んだ。なぜなら、法月氏によるまえがきにこうあったからである。

『これは、宇山氏の、宇山氏による、宇山氏のための本である』

宇山氏がこの作品のオリジナルバージョンになにを求めてなにを探していたのか、当の法月氏に不明なのだから私にはわかる由もないが、なにかをしたかった。なので、読んだ。

若く、苦々しい、青い時代ならばこその小説に、すこしく胸を灼きながら読ませていただいた。

***

宇山さん。
宇山さんをはじめとした方々が興してくださった本格ミステリのムーブメントをリアルタイムでおっかけることができた幸運に感謝します。
ご冥福をお祈りいたします。
2006.08
22
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
なんだろう。どういえばいいのかな。
なにかが足りないんだわ。

恋愛小説ではないから(片思いはしてるけど)そういう甘ったるさはなくていいし、あっても困るけど、政治の世界に棲むフィクサーというかギャンブラーというか、その人となりが、いまいち描き切れていないのが、問題なんかな。

テイストはきらいじゃないけど、おススメにはできないな。
2006.08
22
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
吸血鬼シリーズの第二作目。第一作がどうやらいちばん面白そうなのだけども、図書館にはなかった。ちぇ。

結果として、吸血鬼になってしまった受けクンは、自分の思いを遂げて、攻めクンも吸血鬼にしてしまうのだけど(ネタばらし御免)、この攻めクンが天然ぼけくさいというかなんというか・・・まあ、魅力を感じないのですな。ということで、作品としてはちょっとあまり評価はできず。

ただ、ラストシーンの二人は、とてもかっこよく、吸血鬼のイメージにもぴったりで、本懐を遂げるという意味でもちゃんと締まっているのはよかったな。
2006.08
22
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
もう読むまいとここに記したシリーズであるのに、続きを図書館で予約していたのを忘れていた。回ってきたので読んだ。活字中毒なので。

でも、ほんと、もういいわ。
前回のよりはまだマシだったけども。
2006.08
20
彼に殺意があったのか、と問われれば、それにはYesと答えるしかないと思う。が、その殺人が暴かれないということについては・・・どうやら朝比奈探偵に毒されたらしい。

と、ここでとどめておく。

ミステリというよりは、事件の絡む青春物語? いや、青春ではないか。けど、高校時代のある出来事を背景に展開されていく本作は、そこここに青春時代にしかもちえないある甘酸っぱさを感じさせる。青臭いというのかもしれないけれども。

殺される側に一切の憐憫を感じない、殺されて当然だよな、と思わせる表現も、この“ほのぼの(?)”ミステリの必須要素なんだろうな。作者の作為を感じるような気がしないでもないけれども、なんとなく素直にのってもいいな、なんて思ってしまうのは、私自身が音楽ーーあるグループーーに癒しを施されているせいかもしれない。

あ、そうそう。
この作品で甘酸っぱさをまき散らしているのは、ある人気絶大なバンドなんである。

やさしいミステリもたまにはいい。
2006.08
19
なんとなくひさしぶりに吉村作品が読みたくなって、というよりは朝比奈探偵に会いたくなって、図書館で借りてきた。読んでいないと思ったら読んでいたというのはご愛嬌ということで。
吉村作品はたくさんありすぎて、どこまで読んだのかもう忘れちゃってるんだよな。いま「朝比奈耕作最後の事件」と銘打って出されているシリーズを読みたいと思っているんだが、その前に惨劇シリーズを再読しないと、ほんとにもうすっかり記憶がどこかに飛んでいってしまっていて・・・。ダメだなぁ。

いつも自分では手に取らない、しかし読むと実に興味深い作品をお貸ししてくださるTさまが、現在帰郷中。そちらが舞台のこの作品なので、そのへんを思い起こしながら読ませていただいた。

フカヒレ寿司、食べたいです。
2006.08
18
なんとなく書きたいことが書き切れていないのではないかという読後感。

人の正義とはなんぞや?という命題はわかるにせよ(正義を振りかざすことのみが正しいのか、また、自分で行う正義とは果たして正義なのか等)、釈然としない作品だ。答えは自分で探せということなのかもしれないが、私は作者に神楽と黒羽のその後を描いていただきたいと思う。そうであれば本作も、長大なエピローグとして成り立ちうるのではないか?

途中、はやい段階で悪意集団の黒幕がみえてきてしまうことなど、どこかしら破綻しているのではないかと思えるこの作品。ちいとばかり残念である。
2006.08
17
カテゴリどうにかしないと・・・。やっぱりハードボイルドというのを作らないとかな。とりあえずミステリに入れさせておいてください。

***

熱く語りたいのだが、それを表現する語彙が自分にない。

かなりなボリュームの本作だが、一気に読ませてしまう力量はあいかわらず。

コロンビアという国の現実がここに描かれているとおりなのかどうなのか、浅学にして私にはわからないが、ほんとうであるながら、人はなんと愚かで、そして、なんと逞しいものであるのだろう。

すこしくネタばらしにもなる。そのうえ、うまく書けるかどうかもわからない。それでよければ、以下におつきあいください。
2006.08
16
買うつもりもなけりゃ読むつもりもなかったのに、なぜか手に取ってしまった挙げ句・・・・夏の怪??
いろんな意味でなんとなくぼーーっとしてるせいか、判断力が曖昧な方向を向いていて、衝動買いに走ってしまうきょうこのごろ。

でも、この方の作品には、そうはハズレはないので。ハイ。

素直に真っ正直にぶつかると、恋愛っていいことあるんでしょうかね。
2006.08
15
本歌取りシリーズ第二弾。
ところが、クイーンの本歌をまるで覚えていないんだな。なのに、なんとなくトリックというか謎オチだけはかすかに覚えているもんだから、作者によるミスディレクションにのみ反応してしまったという・・。してやられた感多し。

ただ、本歌を忘れ果てていても、きちんと楽しめる。そういう意味では、『探偵の夏』よりも単純に謎を追うことは楽しかったかも。

だが、この作品はミステリというよりは、ちがう部分での心に刺さるものがある。
なにか。
私にとっては“業”だろうか。
「ひととして」という言葉の重みを感じた作品だった。

あああ。クイーンも読み返さないとなぁ・・・・。
2006.08
10
本編全十五作のこのシリーズも、ほんとうにラストに近くなってきて・・・。淋しいやら、はやく読みたいやら。

今回は、あとがきがたいそうショッキングで、おかげで本編がふっとんでしまったくらい。残り三作のおおまかな構想が記されているんだな。それは作者の意気込みでもあるだろうし、ショックは受けても、こののちの楽しみに水をさすものではない。

ネタばらしになるので、あれこれとは書けないが、ともかくラストへまっしぐらなスピード感に踊らされた本作であった。
深春の出番がないのは、ファンとしてちと悲しいけども。

次作までの一年が待ち遠しい。
いや、きっと待ちきれなくて、文庫をアタマから読み始めること間違いなし。だな。
2006.08
10
ひさびさに再読。トリックは忘れ果てているので問題なし(←そこには問題はないのか!?)

ストレートな本格作品。面白い。
たいへんに凝った物理トリックもさることながら、その物理トリックが解明されてのちの、さらなるエピローグがいい。
ああ、そんな謎も残っていたな、という自分のザル加減にはおおいに問題があることは自覚あり。

この明日香井探偵シリーズはあと1作書かれている。そちらはすでに内容すら記憶にないので、再度読んでみようと思う。この双子ちゃん、けっこう好きだわ。キョウという同じ名の双子(叶と響)だというのも、茶目っ気があって楽しい。

ところで。
綾辻さんの京大推理小説研究会時代のペンネームに、明日香京というのがあったような記憶があるのだが。明日香井京のまちがいだったかしら。とまれ、そのへんを使い回している(のではないかと思われる)稚気も、なんとも楽しい作品でした。
作品評とは関係ない?
そのとーりです。でもいいの。コレ読書記録だから。
2006.08
09
エビリティシリーズ。ボスとはるかの話。

かつてこの業界にいた自分としては、ある意味反発を覚える部分もあるんだが、反面、企画に頭を悩ませていた時期のことを懐かしく思い出すこともできる。ちょっとばかし一石二鳥なシリーズ。

まー、はるかちゃん、立派におなりんさって。←それだけかい!?

このシリーズは小説のほうがいい。もちろんマンガ作品が悪いわけではないのだが、どうしても小説がメインという印象がぬぐえない。絵でしか表現できないものもあるはずだから、次回に期待する。もちろんコラボならではの醍醐味も。