RSS
Admin
Archives

神保町の片隅で

活字中毒気味人間の読書記録です。

Counter

    

Article
Comment
Category
Link
Walk
Graph
いもこさんの読書メーター
Trackback
Archive
Click !

イーココロ!クリック募金

Search amazon

Access

Ranking
ランキング参加中。

FC2ブログランキング

Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:

Diet
ダイエット日記
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017.12
25
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
ファンタジーとBLは親和性が高い。
というのは、すでにどこかで書いたか。

ありありのBLだからこそ、世界観がきちんと構築されていれば、物語世界で楽しく遊ぶことができる。
と思うのね。

さて、本作。
上記の点でいえば、たいへん満足。
灰色狼の設定が、とても面白い。王族の設定は、好みが分かれるかもだけど、でも、興味深い。

これがシリーズ一作目。
というか、読了後の感想としては、上巻、かな。
二作目の最後を読まないとシリーズになるのかどうなのかも判断できないけれど、少なくともこれはここで終わっていないので、これから読む方には、ぜひ二冊揃えて読み進めてほしい、とメッセージを送る。



てなわけで!
次を読んでから感想とするよ~。
あ、私の好みからすると、ちょっとベッドほかのあれこれが多すぎ・・・・。

っつか!
なんてとこで終わるんだよ!
このまま次巻のあらすじをネットの海で探してしまいそう。
スポンサーサイト
2017.12
20
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
うおう、そうきたか!?
という展開。


物語として一級品だなぁと読後思った。
好みかそうでないかはともかく。

うぎー。
言葉にできないわ。
こまかな感想はあきらめる。




いつもよりも少し引いたタッチは、作者を知らなければもしかしたら一穂作品とは気づかないかもしれない。
でも、根底にあるのは、いつもの一穂作品の繊細な心象風景なのかな、とも思う。
2017.12
17
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
シリーズ五作目。
二代目ルイワンと龍聖の物語。

試練がつらすぎる・・・・っ。
きっと生涯癒されることがなかっただろうルイワンに思いを致すと・・・・ほろり。

それにつけても、おじさま龍たちのかっこよさよ!!

ガンシャン~~~~!!!


番外編も最高にかっこよかったね。
しみじみと彼らの意気を堪能。きっとホンロンワンも赦してくれるさね。



次はどの世代になるんだろう。
このまま続くのかな?
どんと飛んで、最新バージョンとか。
(どこをもって最新とするのかはわからないんだけども・・・・)
2017.12
13
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
冬斗亜紀訳。
MM小説。


読みたかった「アドリアン・イングリッシュ」シリーズの短編とそのほかの作品が収められた短編集。
待ってました!! ひゃっほーい!!

電子では出てたのだけど、紙にはなってなくて、読みたかった作品も入っていてうれしい。
アドリアンの話は、すこし訳が雑だったような気がしたけど・・・・ま、いいや。



ジェイクがあま~~~い!!!

ある意味相変わらずな二人なんだけど、でも、やっぱり、らぶらぶオーラがそこここに。
よくぞここまで来た!
うれしいよ、おばちゃんは。

しかし、あの妹はほんとにもう・・・・・・。
とまれ。



事ここに至っては、やはり再読しないではいられない!
来年は、アドリアンのシリーズ一気読みでスタートするかな。
2017.12
10
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
フェアにつられて購入。


いろいろと設定につっこみどころがありすぎて(オメガバースはさておき)。
前半で○○ておきながら、ラストで「初めて」っていうのはナシだろう・・・?
とかね。
2017.11
29
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
ついに続編が出るというので、再読。


初読みのときに、続きは出るのかなぁ、どうなのかなぁ、と思っていたのだけど。
それから・・・・6年ですか。
そりゃあ内容も忘れてるよね。←自己弁護



最終的に、恵=アキな気分で・・・・・・つらい。
来月が待ち遠しいね。
いったいどんな展開になるんだか。
今度はラジオで共演ですか。
2017.11
25
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
『恋愛できない仕事なんです』続編。

一生懸命前作を思い出しながら読了。
でも、忘れてても問題はなかったな。
本名のキャラが好きなので~♪


光瀬がまた非常に気になる存在ですな。
彼にもしあわせでいてもらいたい。



ありがとうございましたっ!>Mさま
みごとに前作の内容を忘れてしまっていた私なのでした・・・・・。
2017.11
25
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
読み終える直前、エピローグで、
「アタシ的には、榊がヘタレすぎて~ちょっと~」
と、なんか女子コーセーと化してしまった。

もうすこしヘタレ度合が減れば、緊張感を保ったまんま、ほうっと読み終えられたかも。
残念。


これ、シリーズ化しそうですな。
次はしゃきっと活躍してくれよ!>榊
ま、だからといって南雲のデレは欲しくないという、私はわがままな読者。



ありがとうございましたっ!>shさま
攻めがヘタレるのは、先生のくせになっちまいましたかね?
2017.11
23
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
まっすぐな恋で、すかっとしますな!



エンドマーク後の波乱万丈な様子が非常に気にかかるが。
でも、あのまま、なんとのう弱気になりそうな(守りたいと望むがゆえ)半次郎を英介が叱りとばすなりなんなりして、二人でがっつり添い遂げるんでしょうな。
老けた二人のイラストが見とおなりました。
2017.11
19
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
半分以上既読だったような・・・?
ま。
わかってて買ったんだからな。


本当は、時田たちの話でまるまる一冊欲しかったよーう。
里心がついてしまったので、再読しそうだ。<『大人同士』
2017.11
17
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
タイトルどおり!


パワハラはひどすぎるけど、稔里母がすてきすぎて、後味ほんわり。
っつか。
母の印象が強くて、溺愛彼氏は印象がうすかったり・・・・・ごめん。



ありがとうございましたっ!>Mさま
ミカエルのスピンオフが読んでみたいぞーう。
2017.11
12
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
続編が出たので、まずこちらから再読。

うーん。
やっぱり、泰史や梓の脇がいい味出してるんだけどな~。


谷崎作品は、一巻では追いきれないそのストーリー性が魅力ではあるが。
続編が出るのかどうなのか、読者側に不明な段階で、こうした作品を出版するのは、なんだかチガウと感じてしまうよ。
今回はまあ続編は出たけれども。
2017.11
03
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
なんかうまく感情移入できないまま終わる。


なんだろう。
どっちも好きになれないところがあって・・・・・。
2017.10
30
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
タイトル通り、あまいあまい。
でも、胸やけするほどではなくて。

うん。
やっぱ、かわいらしい恋物語どした。
そして、甘いものが食べたくなる・・・・。



ありがとうございましたっ!>Mさま
なんだかしあわせのおすそ分けをしてもらえるようなお話だね~♪
2017.10
25
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
シリーズ10作目は、柾鷹へのプレゼント作品・・?
なんちゃって。
だって、遥さんがなんだかやさしい。

同人誌感覚で楽しく読了。
しかし、あずにゃん・・・・なんだかうらやましい・・・・。



ありがとうございましたっ!>shさま
いろいろ気になるキャラが新登場ですな。
世界が今度はアジアに広がるのかな。
2017.10
15
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
シリーズ六作目。
ついに次で完結だそうだ。

長かった・・・・。
という感想は次においといて。



アンドレが癒し!
蓮はいろいろおばかすぎて、本当になんかこう・・・・・・(以下自粛)。
とりあえず、がっつり次巻につながっているので、とにかく次を待つ。
2017.10
11
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
シリーズ六作目。<『守護者がめざめる逢魔が時』


ぎゃー。
まだ終わってない!
そして、櫛笥さんがああああああ!!!
早く続きを!


しかし。
明良はどうにかならんものか・・・・。
ラスト、彼がとにかく救われますように祈る。
2017.10
10
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
第三部二作目。
通算九作目。・・・・たぶん。


ストーリーが硬質に動いてくれないと読めない作品。
今回は、なんとか。
ただ。

誰もかれもが高沢に、っていうのは、いいかげん食傷気味なもんで、ほどほどにしていただけると助かる。

巻末の漫画(角田緑氏)はいつも軽妙で楽しいんだけどね。
2017.10
08
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
ちっ。
Amazonの特典も欲しかったな。
とまれ。


SF設定。
タイムトラベルもの。

プロローグがいいんだなぁ。
切なさの予感ひしひしで、でもラストは・・・・・っていうのが暗示されてて。
読ませてくれる。
ただ。
ラストが駆け足というか、あれこれさくっと削除されてたのが、ちょっと・・・。
そのへんもうすこし読みたかったなぁ、と思ったのであった。
2017.10
05
Category : 小説(BL系)
Theme : BL小説
Genre : 小説・文学
タイムリープもの。


久しぶりに櫛野作品を読んだ。
SFちっくな筋立てに興味がわいて。

SFのBL風味?
けなげに頑張る二人の高校生が切ない。
のだけども・・・・。ちと印象には残らない感じかな。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。